いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

まんが【前編】「約束したけど来なかった」友達にすっぽかされた幼い息子。落ち込む彼にどう声をかける

「約束したけど来なかった」
元気に出かけて行く息子を見送りながら、「小学生って楽だな……」とつぶやきます。
息子は小学1年生になりました。幼稚園の頃は「公園で遊びたい!」と言われると、一緒に付き添わなくてはいけなくて正直大変でした。しかし学校生活に慣れてくると、友達同士で約束をして近所の公園で遊び、時間になればしっかり帰宅することもできるようになってきました。
しかし……。

「約束したけど来なかった」

――次の日――
「約束したけど来なかった」
もし用事があるのに子どもが勝手に約束してきてしまったら、相手の親の連絡先を知らない場合、待ち合わせ場所まで1回行って断ってくるように言わないかな?
もう約束してきちゃったんだし、相手は待ってるかもしれないって親も子ども自身も何も思わないのかな……。
どんどんモヤモヤがつのっていきます……。そこでママ友に相談することにしました。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・おんたま 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

おんたまの記事一覧ページ

関連記事

【前編】ひきこもりの息子の「絶縁宣言」親としてどう対応したらよいのか
息子は中3のとき不登校になりました。 通信制の高校へ進学しましたが毎年ギリギリで単位を取得する状況で、今はもう高3です。そろそろ進路を考えないといけない時期になってきました。 少しでも注意...
【前編】「〇〇菌」と呼ばれた男の子。小5のクラスで起こったあるいじめ
これは私が小学校の頃に体験した出来事。今でもふと思い出します……。 A君は物静かな子で、すぐにクラスに馴染むような活発な子ではなかったけれど、絵が上手で休み時間になると自由帳を開いて絵を描いてい...
「お友だちと仲良くなれない」小3娘の人間関係の悩みに対するママの答えは……?
ある日小学3年生になった娘から相談を受けました。 娘の相談は「合わない人がいる」とのことでした。学校で「みんな仲良く」と言われている娘にとって「仲良くなれない人がいる」ということはとても大きな悩...