いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】義姉からのひと言でわが子との間に壁ができてしまった。私の育児方針は親として間違いだった?

038_義兄弟姉妹_Ponko

わが子2人に対して義姉が「あなたの親は無責任」と話したことで、子どもたちとの仲がギクシャクしてしまったと感じている投稿者さん。ママたちからは「義姉は余計なお世話」との怒りの声が集まるなか、「義姉の言い分もわかる」と話す方もいたようです。

義姉の考えは間違ってはいない?

『私は子どもに奨学金を借りさせるのは嫌だから、一般的な大学費用まで準備してから産んだ。だって「絶対公立」ってプレッシャーになるよ。でもそれができない人もいるのは理解できるし、また「それならひとりっ子のほうがよかったんじゃないの?」っていう考えの人がいるのもわかる。ただこれはもう各家庭の考えだから何が正解というのはないだろうね。義姉がよその家庭に口出ししたのは最悪だと思う。しかも子どもに言っちゃうのはちょっと……』

『義姉が正論だとしても、わざわざ子どもたちに言うべきことではないよね……。いくらお金を貯めておいてくれてたとしてもママがずっと働いていて、一緒に過ごす時間が短かったのならそれはそれで思うところはあるだろうし……。子どもと寄り添うことや思い出作りに重点を置きつつ、大学資金を2人分貯めて……ってできるのがいちばんだっただろうけれど、難しいよね』

『たしかに義姉はよその家の内情に口を出し過ぎかもしれないけれど、お子さんたちが自分の人生や他者と比較した場合の家庭の実情をじっくり考えるきっかけにはなったと思う』

お子さんを心配するがゆえとはいえ、お子さん本人に自分の考えを話してしまったのはいい選択ではなかったかもしれません。しかし「子どもの学費はできるだけコツコツと貯めておくべき」との考えに賛同するママたちは少なくないようです。義姉が間違ったことは言っていないからこそ、「なかなか難しい問題」と捉えるママもいたようですね。

義姉の言葉は最後の引き金だったのかもしれない

『寄り添うこと、思い出作りももちろん大切だけれど、義姉の言葉でギクシャクしてしまうということはお子さんたちもどこかで「公立しか行かせてもらえない、大学の費用も出してもらえないなんて親として無責任だ」と感じたということなんじゃないの。「大学にいく=借金しなければならない」と考えるときに遅かれ早かれ「自分の親は何をしていたんだ」と考えるときが来ていたはずだよ』

『義姉のひと言で態度を変えてくるなんて普段から何かしら思うところがある親子関係だったんじゃないの? 最後の引き金になるぐらい、普段から何か不満に思っていた部分がありそう』

『いきなり伯母さんにこんなことを言われても普通は感化されないけどね。投稿者さんの子どもも、もともといろいろと思うところがあったんでしょ』

義姉のひと言でお子さんたちの態度が変わったとしたなら、親からの「高校までは絶対に公立、大学に行くなら奨学金を借りること」との言葉にお子さんたちが完璧に納得していなかった可能性も考えられます。ひょっとしたらもともと思うところがありながらも、今まではその違和感についてお子さんから発信するきっかけがなかったのかもしれませんね。

しこりが大きくなる前にしっかりと話し合って

『投稿者さん夫婦は子どもと寄り添うことに重点を置いた。でもお子さん自身は寄り添ってくれたことを実感できなかった(年齢的にまだわからないかもしれないけれど)。そして「お金がないから奨学金を借りなければいけない」と感じている。石を投げたのは義姉だけれど、すでにそこには水たまりがあったんだよ。お金がないなら、ないと説明してわかってもらうしかないんじゃない?』

『投稿者さんの考えをしっかりと子どもたちに伝えた? 子どもたちと向き合って投稿者さん夫婦の気持ちを自分の言葉で伝えたら?』

『投稿者さんには投稿者さんの考えがあってそうしてきたんでしょ? だったら自分のやってきたことに自信を持ってお子さんたちに話したらいいじゃん。「主婦も正社員で働きに出て学費を稼ぐことが偉い! 専業主婦は怠け者!」と考える人も世の中にはいるかもしれないけれど、投稿者さんが毎日お子さんたちに寄り添って笑いかけて思い出をたくさん作ったぶん、きっとお子さんたちの成長には繋がったはずだよ』

ママたちからは「しっかりと話し合ったほうがいい」とのアドバイスが寄せられました。お子さんとの仲が気まずくなってしまったきっかけは義姉からのひと言だったとしても、ひょっとしたら進路や学費についてもともと思うところがあったのかもしれません。だからこそこれ以上しこりが大きくなってしまう前に、今一度お子さんたちとしっかりと話し合うべきではないでしょうか。投稿者さん夫婦の親としての方針や家計の現状など、お子さんが納得してくれるといいですね。

義姉からのたったひと言でお子さんの態度が変わってしまったことに投稿者さんは驚いたことでしょう。しかし親の意見を絶対だと思わず、他者からの意見を聞いて自分の考えを持つ……というのはお子さんの成長の証ではないでしょうか。その成長をしっかりと受け止めながら、改めてじっくりと今後について話し合うのがいいかもしれませんね。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・Ponko

motteの記事一覧ページ

関連記事

【前編】義姉からのひと言でわが子との間に壁ができてしまった。私の育児方針は親として間違いだった?
たったひと言で相手との間に見えない壁ができてしまった……という経験は、多かれ少なかれ誰しもがあるのではないでしょうか。自分が発した言葉ならいざ知らず、ほかの人からの言葉で自分に被害が及んだとも...
義妹の奨学金を「旦那に立て替えてほしい」と義実家から頼まれた……ドラマティックな展開にスッキリ解決する方法とは?
大学に進学をするときに、奨学金を利用したことがある方は珍しくありませんよね。経済的な心配をせずに勉学に励みたいという方にはとても嬉しいシステムですが、時にはこれがトラブルの種になってしまうことも…...
連載記事をイッキ読みしたい! に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
義姉の一言で子どもとの間に壁ができた