いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

中学受験を知られたらいきなりママ友がよそよそしくなった!モヤモヤするママに寄せられた声は

055_ママ友_松本うち

小学校を卒業した後は公立中学のほか、私立中学や公立中高一貫校などに進学する場合もありますね。しかしさまざまな事情から、なるべく周囲に受験することを隠しておきたいご家庭もあるようです。あるママは志望校を受けたのが知られてから明らかに「ママ友の態度が変わってしまった」と戸惑っています。

『現在小6で今年中学受験をして志望校に合格し入学予定です。受験は1校だけで落ちたら公立中学に行くつもりだったので周囲に知らせず、子どもの友達どころか親戚にも事後報告でした。
受験日に数日欠席したことで子どもの友だちも知ることになったのですが、それ以来親子で付き合いのあったママ友がよそよそしくなりました。習い事が同じなので送迎で会うのですが、無視はされないものの今までのように話しかけてくれなくなりました。こういうものなのですかね』

今まで親しげに話しかけてきたママ友が、あからさまによそよそしくなったのが分かるそう。ママ友の態度の変わりようにモヤモヤするママに対して、どのようなコメントが集まったのでしょうか?

ママ友の態度が変わるのはよくあること?

ママ友があくまでも子どもを介したつきあいならば、子どもの状況次第で関係性もどんどん変わっていくものかもしれません。進学する中学が異なると分かり、もうそこまで関わる必要がなくなったと判断されたのでは……と推測するママたちがいました。

『もう関係ないからじゃない? 中学が別になるんだから子ども同士は会わなくなるし、「もうママ友付き合いしなくていい人」に認定されただけ』

『しょせんその程度の付き合いだったってことよね。普段は仲良くしていても、子どもの成績やちょっとしたことでなかったことになる関係性』

『そんなもんよ。転勤族だけど内示が出ると態度が変わる人、よくいるよ』

『ママ友なんて子ども同士が仲良しだったり、子ども同士の進学先などで繋がっているかの付き合いなんだから、進学先が別ならママ友関係も途切れたり疎遠になったりするのは自然なことだと思う』

特に卒業を控えた時期は、進学先の中学の情報収集をしたいという声も。なるべく同じ公立中学に進むママと会話したい気持ちがあれば、話し相手としてあえて選ばないという可能性もあるでしょう。

『単純に中学の話できない……情報共有できない……仲良くしてもメリットないからじゃない?』

『そんなものだよ。この時期は入学を控えての情報交換が盛んになるし。他の中学校に行く子には用はない。子どもの学校が違えばもう関係ないよ』

隠されていたのが寂しかったのかも

しかし今の状況を招いたのは、そもそも自分が受験を隠していたことが原因では? と、相手側の気持ちを思いやるコメントも届いています。親しくつきあっていたつもりが大事なことを隠されていたと分かると、その程度の関係だったのかと寂しくなってしまうものだそう。

『妬んでよそよそしくなったというより、「親しくしてたはずなのに進学のことも受験のことも何も言ってくれなかったんだね」って、ちょっと寂しい気持ちが相手にあるからじゃないかな?』

『寂しいけどしょうがない。親しいなら向こうも話してくれずに寂しかったと思うし、子どもと仲良い子が同じ中学に進学しないのも寂しいもん』

『子どもだけじゃなく親子で付き合いがあった人なら、一言もなかったから寂しかったんじゃない? 合格の結果あった後、「実は、こういう理由で言えなかったんだけど……」って報告してたら、もう少し態度が軟化してたかも』

なかには相手は寂しいどころか、今まで騙されていたと思ったのでは……と少々手厳しい声も。もしずっと同じ公立中学に進学する前提で話を合わせていたのだとしたら、相手は「今までの会話は全部嘘だったの!?」とショックを受けてしまいそうです。後から「実はこういう事情で……」などと打ち明けるなど、何らかのフォローが必要だったのかもしれません。

『受験する素振りすら見せず、なんなら中学の話とかしていたんじゃないの? 一緒の中学かと思っていたら受験を隠されていたって結構ショックだよ』

『相手にとっては、ずっと騙されていた気分なんじゃない? 受験したことを知らなかったということは、通塾してたことも知らなかったよねきっと。ずっと仲良くしていて信頼していたのに、こちら側だけそう思っていたんだと相手は感じてしまったのかも』

新生活に向け、ほど良い距離を

しかし相談したママが受験を隠していたのは、子ども本人の立場や気持ちを思ってのこと。親戚にすら事後報告になるほどの事情があるのだから、ママ友に教えなかった選択は正しかっただろうと励ます声もありました。

『難しいね。「本当に大事なことは決まるまで言わない」と教えられて育ったので、受験を隠していた行動に違和感はない。でも不快に思う人はいるのかも。私も特に言わなかった。塾に同級生がいたからすぐ知られてしまったけど』

『ほっとけほっとけー! 事情を考えたら事前に話せないことは当然だもん。そのあたりも鑑みないで、向こうがいきなり塩対応になったんでしょ?』

『仲良くしてたら「少しくらい話してくれても」って気持ちはあるかもしれないけど、よくよく考えたら子どものためってわかると思うんだよね。残念だけどそこまでの人だったと思うしかないかな』

ママ友に似た立場を経験したママたちからは、よそよそしくなったのはママ友なりの気遣いの可能性もあると言います。合格したのは第一希望ではないかもしれないし、他に落ちた学校もあるかもしれません。万一デリケートな話題に踏み込んでしまってはと思うと、以前のように親しく話しかけることもためらわれるそうです。

『私だったら「受験の話題は出していいのかな」とか「もし落ちてたらなんて言えばいいんだろう」とかいろいろ考えちゃってうまく話せなくなるかも』

『相手はよそよそしいというより、受験について触れるべきなのか考えてたら、今まで通り話しかけられないだけだと思う。かと言って野次馬根性で受験のことガツガツ聞けないしね』

『無視されたわけじゃなくて、よそよそしくなったなら、相手は大人の対応してると思うよ』

もしママ友の態度が気になっても、相手なりに気を遣ってくれているのだとプラスに捉えるのが良さそうです。たとえ親しく話すことはなくても快く挨拶を返してくれるなら、今はその距離感がちょうどいいのかもしれません。子どもを通じたママ友関係は子どもの成長に応じて変わっていくものと、たくさんのママたちが実感しているよう。新たに始まる中学校生活に向けて、心のなかでお互いにエールを送り合っているつもりで過ごしてみてはいかがでしょうか。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ イラスト・松本うち

井伊テレ子の記事一覧ページ

関連記事

ママ友 に関する記事一覧
子どもの中学受験を機によそよそしくなったママ友 #本当にあったママ友トラブル
※このお話は、ママスタコミュニティのエピソードをもとに作成しています 脚本・渡辺多絵 イラスト・もっちもちふっわふわ...
3年付き合いがあるママ友の態度が急に冷たくなった。理由がわからないママへのアドバイスは?
ママ友とのトラブルは、ママたちの間でも比較的頻繁に起こってしまうことなのかもしれません。あるママさんもママ友の態度が急変してしまい、戸惑っている様子です。 『知り合って3年ほどのママ友がいます。...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
受験がわかったらよそよそしくされました