いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

九九の暗唱スピードが遅いとダメですか?掛け算を暗記することの重要性とは

pixta_2114033_M

勉強の基礎的な部分には、暗記が肝となることがありますよね。特に算数などの基礎は大切ですので、指導する先生方も、あの手この手で子どもたちに暗記させる努力をしているのかもしれません。

『学校で九九の暗唱テストがあり、2の段から9の段まで担任の前でつっかえずに暗唱します。合格すると今度は副校長の前で1分以内に暗唱し、さらに合格をすると校長と2人きりで逆から1分以内に暗唱。すべてをクリアすると、校長から賞状がもらえるルールだそうです。

うちの子は昨日やっと担任編をクリアできたのですが、子どもの学年100名いるなかで最も遅かったらしいんです。だから「家でも練習をさせてください!」って担任から電話がかかってきました。でも九九が1分以内に言える必要性ってありますか?』

九九といえば小学校2年生の算数で習う単元。投稿者さんのお子さんも小学2年生ですので、九九の暗記を頑張っている時期のようです。しかし誰しも得手不得手はあるものですから、1分以内に言えなくても、九九を覚えられていれば問題はないような気もしますが……。

九九を1分以内に暗唱できないといけない必要性ってある?

ただ暗記するだけでは子どもにとってもつまらないかもしれないので、まずは担任をクリア、次は副校長、そして最後はラスボスとなる校長先生を撃破! ……などとゲーム性をもたせようと先生方も考えているのかもしれませんね。しかし1分以内にクリアすることだけが本当に必要なことなのでしょうか。

『1分以内じゃなくていいと思う。うちの子も九九を覚えることが遅かったけど、その後の勉強にさほど支障はないよ』

『学校の先生も速さを競わせるのではなく、もう少し違うやりかたがあるんじゃないかなと思う。覚えていても上がり症の子どもはテストで本領発揮できない可能性だってあるし。そういうことで子どもを追い詰めるのはかわいそうだよね。1分以内に言えなくてもすべて丸暗記できていたらそれで十分じゃない?』

『必要最低限の掛け算の計算だから覚えなければいけないけど、1分以内とはまたキツいね。ゆっくりでもいいからきちんと正確に覚えていればいいと思うけど』

ママたちも投稿者さん同様に、ムリに1分以内に暗唱できることだけを目指す必要はないと語っています。早く暗唱できることだけに価値を見出すのではなく、ゆっくりでもいいので確実に暗記していることをチェックすることのほうが、基礎固めとしては有効そうですよね。

「九九よりも他の教科を」という希望に対し寄せられた「九九の必要性」

『九九ばかりやらせていないで、漢字とか外国語とかをやって欲しいのですが……』

お子さんの九九の暗唱に時間がかかりすぎるので、家でも練習して欲しいと学校から連絡があったと話す投稿者さん。そのことに対し、九九だけに力を入れるのではなく、もっと漢字や外国語など他の教科にも時間を割いて力を入れて欲しいと考えているようです。

しかし投稿者さんのこのような言葉に、ママたちは「九九の必要性」について意見を寄せてくれています。

『掛け算を応用した問題が今後たくさん出てきて、より複雑になるよ。あと試験とかには時間制限があるから、九九を早く言えた方がいいよね』

『九九ってこれから先もずっとついて回るから、今できるようにしておかないと後々に困るよ! パッと言えるようになれば計算も簡単にできるから必要だと思う』

低学年の算数の課題は、今後の学生生活だけではなく、日常生活でも役立つ基盤になるものが多いですよね。

勉強しているときは「なんの役に立つのだろう」と疑問に思うかもしれませんが、学んで身につけた基礎があるからこそ、さまざまなシーンで無意識に発展させていけるのではないでしょうか。だからこそママたちは「将来に備えて今覚えて!」と強く語っているのだと思います。

九九を覚えることは必要

『1分以内に言える必要性はないけど、覚えておかないと今後大変になるよ。掛け算はずっと使うし。漢字や外国語も大事だけど九九も大事だよ』

『外国語よりも九九が先かなぁ。四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)くらいはできたほうがいいよ。英語は使わずに生活できるかもしれないけど、計算は避けて通れないしね』

『気持ちはわかるけど、小2の壁だよね。今クリアしないと今後が大変だよ! 漢字とか外国語はその次かな』

漢字にせよ外国語にせよ、これからの子どもたちの将来を考えるとどれも必要かもしれません。しかしまずは今目の前にある問題をクリアできるように意識することも大切なのでは? と、ママたちは考えているようですね。

目標に向かって努力したことも重要!

『覚えるだけが目的じゃなくて、目標に向かって頑張る、努力することが目的なんだと思う』

『低学年の間に努力することを身につけることは大事だと思います』

九九を1分以内に完璧に暗唱できなくてもいいのでは? という投稿者さんの考えにはママたちも共感してくれています。しかし今後のお子さんのことを考えると、今のうちに九九をしっかり覚えることも大切なようです。

結果的に投稿者さんのお子さんは、時間はかかるものの担任の先生の暗唱テストはクリアしたわけです。目標に向け努力し、それが実った成功体験があれば、今後の漢字や外国語の学習にも生かしていけると考えてみてはいかがでしょう? 「なんの役に立つの?」と必要性ばかりを優先せず、目標をクリアするために努力したことを褒めてあげれば、お子さんもまた頑張ろうと思えるかもしれませんよ!

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

櫻宮ヨウの記事一覧ページ

関連記事

小学校 に関する記事一覧
正念場は「九九」!小学2年生の算数、かけ算を乗り切るコツとは?
ママたちも小学生の頃にならった九九、今もすらすら言えるでしょうか。小学2年生になると、算数で九九を習うようになります。親の心情としては、覚えられなかったり、言えなかったりすると困るのではないかと心...
読書好きな小学生のママたちが教える「子どもを読書好きにするコツ」
「子どもが本好きになったらいいな」と思うこと、ありませんか? 本を読むことで、想像力が豊かになる、読解力が高まり学力向上につながる、漢字の読み書きが得意になる、語彙力が高まるなど、いいことが...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
小2。九九が学年でひとりだけ言えず電話が来る