いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

まんが【前編】笑顔の仮面をカブる日々「週末にママ友付き合いしたくない!」私はコミュ障ですか……?

娘は5歳、幼稚園の年中さんです。毎日の送り迎え、保護者会、幼稚園が終わった後の外遊び、そしてママ友づきあいも無難にやっているつもりです。それでも待ち遠しい土曜日。
土日くらい知っているママに会いたくない(前編)1

土日くらい知っているママに会いたくない(前編)2
元々人見知りの私は、ママ友づきあいは得意なほうではありません。ママ友同士の会話には、そこらじゅうに地雷が転がっているので、うっかり踏んでしまわないように全身全霊を注ぐ必要がある。そうやって平日は張りつめているので、金曜の夕方が来ると「今週もなんとか無事に終わった!」とひと安心するのです。なのに土曜日までママ友と顔を合わせるなんて……。

土日くらい知っているママに会いたくない(前編)3
その後、公園の帰りに寄ったスーパーでも、幼稚園で顔見知りのママさんと出会ってしまい、帰宅する頃にはぐったりと疲れてしまいました。(休日なのにどうしてこんなに気疲れしなきゃいけないの……?) 週末も知り合いに会うたびに愛想笑いを浮かべ、気を使い続けなくてはいけないのでしょうか。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・善哉あん 編集・一ノ瀬奈津

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

【前編】「あの子、早生まれでしょ?」生まれた月で子ども差別するママ友!隙を突いてギャフンと言わす
娘が3歳の春、児童館の子育てサークルに入りました。すでにいくつかグループができていたので、毎回遠慮がちにそのサークルに参加していたのですが、ある日の帰り、アツコちゃんママが声をかけてくれました。 ...
【前編】「まともな親に育てられたかった」毒親の記憶から抜け出せない私を救った言葉 #毒親日記
私には5歳の娘がいます。 娘のことは可愛いと感じるときはあるものの、心からの笑顔を向けることができません。そんな自分が大嫌いです。公園で子どもたちを遊ばせながらママ友と話しているときも……。 ...
【前編】ママ友に「なんで4人も産んだの?」と言われてしまった……私は「子どもが4人で疲れる!」と口に出すことも許されないの?
中学3年生から小学校低学年までの子どもが4人います。思春期の男の子が2人もいるので、反抗期も重なって毎日ドタバタな日々を過ごしています。 子どもたちを全員送り出してから買い物に行っても、やっぱり...