いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】価値基準の違う私たち:社交辞令なのに…しっかり者のママ友に「行きたくない」と言えなかった

私はママ友A美がちょっぴり苦手。私もA美も子どもは同い年で1人目。教えてほしいと頼んだわけでもないのに、いつもどこか上から目線で育児のアドバイスをしてくるところがあるんです。
【後編】価値観の違う私たち:うちの子はお化けをすごく怖がっているから、そんな言い方はしないでほしい。なぜ歯を磨かないといけないのかをきちんと説明して納得して歯磨きをしてもらいたいのに。

【後編】価値観の違う私たち:
「今度食事に行きたいね」「遊びに行きたいね」なんて、社交辞令で誰でも言うことじゃないでしょうか? それを全部決定事項にしていたら身が持たない……。せめて「イベント本当に行けそう?」くらいのワンクッションがほしかった。そしたら「ごめん、その日は用事が合ったの」とか言って、断ることができるのに。決定事項のように話されたら断るタイミングがなくなっちゃうのです。

【後編】価値観の違う私たち:
申し訳ない気持ちもあるけれど、どうやって伝えればいいのかわからない。とにかくまずは距離を置くしかないと思っています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・よしはな 編集・一ノ瀬奈津

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

【前編】価値基準の違う私たち:ママ友がLINEを既読スルー「イベント当日にドタキャンなんて!」
価値観の違う幼稚園のママ友B子に振り回されてドッと疲れました……。 日にちも時間も確認できないままイベントが1週間後に迫っていました。B子は普段からおっとりしていて「○月○日遊ぼう、場所はここで...
【前編】ママ友LINEグループから外された!卒園間近だというのにどうすればいい……? #本当にあったママ友トラブル
現在、上の娘(アヤ)が年長です。初めての幼稚園生活、仲良しのママ友グループができて親子で楽しく過ごしてきました。お互いの家を行き来したり、誕生日やクリスマスはみんなでパーティーをしたり、休日に一緒に出...
【前編】ワンオペママ「実家を頼れる友人がうらやましい!」でも友人も苦しみを抱えていた……
2人目が欲しかったのですが、旦那と相談した結果「入院中に子どもを見てくれる人がいない」と作らない選択をした私たち夫婦。もう1人欲しい気持ちはありますが、現実的に難しいと諦めが大きいです。それでも優しい...