いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

まんが【後編】「心配かけてごめんね…」亡くなったはずの母が夢に…別れの夜に体験した不思議なお話

これから親孝行を、というときに亡くなった母の葬儀の夜。私は不思議な体験をすることに。
【後編】「心配かけてごめんね……」
もちろん私も悲しくて仕方ありません。けれど、大好きな母だからこそ安らかに眠ってほしいのに……母の悲痛な姿が心配になってしまいました。
思わず私は母に「大丈夫?」と聞いてしまいました。夢なのにおかしいかもしれませんが、ふと口をついて出た言葉でした。すると母は驚くことに……。

【後編】「心配かけてごめんね……」
すると母は「ごめんね、ごめんね」と繰り返し私に謝るのです……!
どうして謝ったりするの? そう思いかけてハッとしました。
もしかして、自分が死んでしまったことを詫びているの? 私が今、母を心配しているように、母も私を心配して会いに来てくれているの? そう思ったのです。
【後編】「心配かけてごめんね……」

【後編】「心配かけてごめんね……」
私は翌朝、改めて母の仏前で手を合わせながら「母が天国で何も心配なく安らかに過ごせるように」と祈りました。
昨夜の母の姿は急に大きな支えを失って、悲しみと不安に駆られた私の心をうつしただけのただの夢かもしれません。
しかし面倒見がよく優しかった母のことです。生きていたらきっとあの夢と同じように励まし支えてくれていただろうなと思います。
母が心配してくれた私の悩みはすぐには解決できないですが、もしも次に会いに来てくれたなら、幸せな姿を見せられるよう頑張りたいです。

脚本・たかおぎ なる 作画・Ponko 編集・秋澄乃

Ponkoさんの記事一覧

関連記事

まんが【前編】「心配かけてごめんね…」亡くなったはずの母が夢に…別れの夜に体験した不思議なお話
これは母が亡くなったときの不思議なお話です。 ある日母は突然、病に倒れそのまま帰らぬ人となりました。まだ50代半ばという若さでした。 早く母に恩返しがしたいと思いながらもできなかった私...
【前編】生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙
この度、第1子を10月に無事に出産することができました。はじめての我が子を抱いた瞬間、こんなにも小さく、そして愛おしい存在がこの世にあるということを教えてくれた息子に感謝し、自分の命が尽きるその日まで...
【前編】「親に甘えすぎなんじゃないの?」ママ友に嫉妬心から言ってしまった、その後……
最近、私は大変な失敗をしてしまいました……。 私には、同じ2歳の子を育てるママ友Aさんがいます。公園で遊んだり互いの家を行き来したりするなど仲良くしていました。 しかし近頃、Aさんの言動が気に...