いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

まんが【PTA役員を決める3話】「パニック障害」診断書で役員免除を嘆願。自分を守れるのは自分だけ

「頑張ろう……きっとできる……頑張ろう………」そう思えば思うほど、どんどん息が上がってきて、だんだんうまく呼吸ができなくなってきました。すると……。
【第3話】
同じ場にいたママ(望月さん)が「ちょっと外に出て落ち着いてきましょうか。会長、ちょっと田中さんと外の空気を吸ってきますね」と、私の肩を抱いて外に連れ出してくれました。

【第3話】
冷たい空気を吸って、お水を飲んで、しばらくしたら気持ちが少し落ち着きました。微笑んでくれた望月さんに少し救われた気がしました。 もしこんな病気でなかったら、私は役員を引き受けていたと思います。でもいまは役員をやろうと思うこと自体に、呼吸が苦しくなってしまいます……。

【第3話】
本当に申し訳ないと思いつつ、病院から診断書を貰い、直接学校にお話しました。学校側から会長さんへすぐに話がいきました。会長さんからは「だったら後任を自分で決めてもらわなくちゃ」という返答でしたが、私の体調を心配して下さった校長先生が「あとはこちらでやりますので、ゆっくり休んでください」と仰って下さいました。
それから役員がどうなったかは詳細を知ることはありませんでした。私は療養に専念し、後日配られたPTA会報で私の代わりの役員さんの名前を見て、ホッとしました。 きっと、私の後任を探す手配は大変だったと思います。病気で役員を逃れる私の姿をみて、良く思わないメンバーの方々も多かったと思います。逃げるような形で役員を放ってしまったけれど、いまはこうするしかありませんでした。 病気が快方したらまたできる限り協力してきたいと思います。役員のみなさん、本当に申し訳ありませんでした……。

【第4話:役員の麻生編】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・ちょもす 編集・木村亜希

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

ちょもすの記事一覧ページ

関連記事

まんが【PTA役員を決める4話】役員3回目の私「しぶしぶやってるだけなのに…」【役員の麻生編】
前回からの続き。 役員に選ばれた田中さんが精神疾患を理由に辞退を申し出ました。でも、会長は厳しい態度で「免除の前例は作れない」ときっぱり拒否しました。田中さんと会長のやりとりをその場で見ていた私(麻...
新連載まんが【PTA役員を決める1話】「パニック障害」の私。役員にはならないと思っていたのに…
私は中学生と小学6年生の2人の子どもをもつシングルマザーです。 女手一つで必死で働いて子どもを育ててきました。誰にも頼ることなく、歯を食いしばりながら辛いことも耐えてきました。しかしここ数年、気...
新連載【第1話:無視されるママ】「なぜ挨拶を無視するの?」自分を嫌っているママとの付き合い方
娘が3歳のとき、とあるマンションへ引っ越しました。 そこのロビーで、娘と同じ歳くらいの娘さんを連れているママとすれ違いました。同じマンションに住んでいるようです。 翌春。娘が幼稚園に入園するこ...