いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

まんが【前編】ぼっちでみじめ…「ママ友がいない…」卒園式にひとり参加した私に、驚きの展開が…!

わが家には6歳の娘がいます。来週、通っている幼稚園の卒園式があります。
娘の旅立ちの日、本来ならすごく嬉しい日のはずなのですが、私の心はどんよりと曇っています。というのも、私は幼稚園にママ友がひとりもいないのです……。
ママ友がいない_出力_001
夫は転勤族で、私たち一家は去年の春にこの地に引っ越してきました。
今の幼稚園には、年長さんの春から通い始めました。他のみんなはこの幼稚園に年少からずっと通い続けていて、もうすでにガッチリとママ友関係ができあがっています。引っ込み思案で人付き合いが苦手な私が入る隙はもうなかったのです……。

夫に「卒園式に一緒に出られないか」聞いてみましたが「平日だし、年度末の繁忙期なので休めない」とのことでした。
私「だよね~……はぁ~、やっぱりひとりぼっちで乗り切らなきゃ、か……」

ママ友がいない_出力_002
そして、卒園式当日。
娘を教室へ送り届けた後、ひとり、卒園式会場の体育館へ向かいます。すでに保護者席はぱらぱらと埋まり始めています。なるべく後方の、閑散とした席に座ります。ポツン感がよりいっそう際立ちますが、気楽でもあります。
「このまま無事卒園式が終わってくれたら……」と思っていた矢先。
「すみませ~ん、詰めてもらっていいですか~?」 やって来たのは、8人グループのママ集団。
「あっ、はい、すみません……!」
慌てて席を詰めます。 そして私は、ママ友グループの隅っこの席にポツン、と座っているような状態になりました。ママグループのみなさんは、楽しそうにおしゃべりをしています。

ママ友がいない_出力_003
申し訳ない気持ちでいっぱいになりながらも、いざ卒園式が始まると、娘の写真やムービーを撮るのに夢中になり、あっという間に式が終わりました。
「終わった……! 早く帰ろう」と思いながら、娘が教室から出て来るのを園庭で待ちます。
しかしここから始まる時間が「ひとりぼっち卒園式」の一番の山場だったのです――。

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・べるこ 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

べるこの記事一覧ページ

関連記事

まんが【後編】ぼっちでみじめ…「ママ友がいない…」卒園式にひとり参加した私に、驚きの展開が…!
ひとりぼっちの卒園式が終わり、ほっとしたのも束の間。本当に辛い時間は、ここからでした。 子どもたちが園庭に出て来て、ママたちと合流します。その後、仲の良いママ友グループとその子どもたちが、ワイワイと...
【前編】ママ友が非常識すぎる!「貸せない」と断っているのに!卒園式用のワンピースを家まで取りに来た!?
娘の保育園の卒園式に着せようと、ちょっと奮発して可愛いワンピースを買いました。けれども感染症の影響で卒園式が中止になってしまったためワンピースの出番がなくなってしまったのです。 そんなとき娘が赤...
【ママ友0人育児道1・2話】気づいたらママ友0人……!? #4コマ母道場
【第1話】気付いてしまった 【第2話】赤ちゃんの頃の原因 次の記事:【ママ友0人育児道3・4話】 漫画・鶏岡みのり...