いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】「あの子、早生まれでしょ?」生まれた月で子ども差別するママ友!隙を突いてギャフンと言わす

「早生まれの子と同じグループはお互いに辛いんじゃない?」アツコちゃんママの言葉にびっくりして、真意を尋ねてみると……。
早生まれの子とは遊ばないと言ったママ友(後編)1 (1) - コピー

早生まれの子とは遊ばないと言ったママ友(後編)2 (1)
早生まれの子とは遊ばないと言ったママ友(後編)3 (1)
教育熱心なアツコちゃんママはさまざまなところから情報を集めてきては、いろいろと教えてくれます。でも私は体を動かす機会が多いという近所の幼稚園に行こうと決めていたので、相づち程度に話を聞いていました。 「うちはインター(インターナショナルスクール)もいいな〜って思っている。授業料すごい高いらしいけどね(笑)。でも英語は身につけさせたいよね〜」なんてアツコちゃんママは話します。 そこで私の意地悪心に火がついてしまいました。

早生まれの子とは遊ばないと言ったママ友(後編)4 (1)
アツコちゃんママは苦笑いして何も言いませんでした。「感じ悪かったかな……」と思いつつも、アツコちゃんママにいろいろと言われたママたちのことを思うと、あれくらい言っても大丈夫なはず。 その後、グループの子たちはそれぞれ別の幼稚園に進み、サークル仲間のママとの付き合いは自然となくなりました。いろんな考えのママがいるとはわかっていたけれど、身近に、しかも仲良くしていたママとの価値観の違いを実感したことは、その後のママ友付き合いにおいて良い経験となったと思っています。

脚本・rollingdell 作画・善哉あん 編集・一ノ瀬奈津

※この漫画は実在の人物のエピソードを元に構成していますが、一部脚色した部分があります。

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

【前編】「あの子、早生まれでしょ?」生まれた月で子ども差別するママ友!隙を突いてギャフンと言わす
娘が3歳の春、児童館の子育てサークルに入りました。すでにいくつかグループができていたので、毎回遠慮がちにそのサークルに参加していたのですが、ある日の帰り、アツコちゃんママが声をかけてくれました。 ...
【ギリギリ旦那5】妊娠中の失言!早生まれのなにが悪い!編
あれは旦那・ウツタくんの友人との食事に私・ミチルも一緒に行ったときのことです。 ちょうど妊娠がわかって間もない時期だったので、ウツタくんは「子どもができたこと」を友人に報告しはじめました。 ...
【前編】ママ友に「なんで4人も産んだの?」と言われてしまった……私は「子どもが4人で疲れる!」と口に出すことも許されないの?
中学3年生から小学校低学年までの子どもが4人います。思春期の男の子が2人もいるので、反抗期も重なって毎日ドタバタな日々を過ごしています。 子どもたちを全員送り出してから買い物に行っても、やっぱり...