いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】「俺のことが嫌いなの!?」怒り出した夫。ママが「一人の時間がほしい!」と思うのはワガママ?

映画は1人で見たい私は、夫の行動にモヤモヤしてしまいます……。ある日一人時間がほしいと言ったところ、「俺のことが嫌いなの?」と言われてしまいました。
【後編】「一人時間がほしい」はワガママだと言う夫と話し合いの結果_1

その後しばらく、夫とは険悪なムードが続きました。理屈っぽい夫を説き伏せるのは私にとっては至難の技です。おとなしく夫の言う通りにしておいた方がラクですが、「自分時間」がどうしても確保したかった私は、ちゃんと夫と話を合おうと決めました。

その夜。
私:「話したいことがあるんだけど……」
夫:「なんだよ、一人になりたいんじゃないの?」
私:「一人の時間がほしいって言ったことなんだけど……」
夫:「俺と二人でいるのが嫌なんだろ」
私:「そうじゃないのよ、聞いて」
【後編】「一人時間がほしい」はワガママだと言う夫と話し合いの結果_2
私:「そうやって家族のために動くことが今の生きがいでもあるんだけど、たまには何の役割からも意識的に離れてリラックスする時間があったらなって思ったの。自分の時間を大切にすることで、またいろんなことを頑張ろうって思える気がして……。自分の時間って私にとっては充電タイムみたいなもんなんだよ」

丁寧に、そして夫を責めることなく切切と訴えました。

【後編】「一人時間がほしい」はワガママだと言う夫と話し合いの結果_3
「じゃあさ、土曜日の午前中は○の時間って決めたらどうかな?そうしたら俺は子どもたちを連れて公園とかに行ってるから、家でも外でもゆっくりひとり時間を満喫しなよ」 と最後は素敵な案まで提案してくれました。

「夫婦といえども考え方は違う」という大前提を、あらためて気づかされた一人時間獲得交渉でした。事前に伝えたいことを整理したおかげで、感情的にならず、建設的な話し合いができたと思います。本当によかったです。いまは「次の土曜の午前は何をしよう?」という一人時間の楽しみがあることで、家族や夫婦で過ごす時間を、以前にも増して大切にすることができています。

※この漫画は知人の話を元に作成しています。

脚本・rollingdell 作画・松本うち 編集・荻野実紀子

松本うちの記事一覧ページ

関連記事

【前編】「俺のことが嫌いなの!?」怒り出した夫。ママが「一人の時間がほしい!」と思うのはワガママ?
双子の男の子を育児中です。私も夫も結婚が遅く、不妊治療の末にわが子たちを授かりました。 高齢初産での双子の出産は不安でしたが、子どもたちは元気に育ってくれて感謝の毎日です。しかし産後の回復が遅かった...
【前編】「本当のパパじゃない」小5の子どもに打ち明けるべき?悩みぬいた末に……
今の夫とは子どもが3歳のときに交際をはじめました。元々同級生で、バーベキューをしたりキャンプに行ったりする地元の集まりに子どもを連れて行っていました。子どももとても懐いていて「この人なら大丈夫」だ...
【前編】これって浮気の証拠?ボクサーパンツ派の旦那が見たことのない「トランクス」を履いていて……
先日いつもどおり洗濯をしていたら、旦那のものらしきトランクスが出てきました。でもコレを履いている姿、見たことないんです。私が買った覚えもありません。しかも旦那は普段ボクサーパンツしか履かないのに、なぜ...