いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【前編】きょうだい差別がひどい実母。つらい気持ちを打ち明けても優しい言葉ひとつなかった……

350_義父母(父母)_Ponko親からきょうだいの扱いに差をつけられて傷ついた経験があって、大人になってもその苦しい思いから解放されないという人がいます。しかもそれが、繰り返される言葉による暴力のようなわかりやすい差別だと、心の傷はいっそう深いのかもしれません。ママたちが悩みを相談するママスタコミュニティにも、あるママから切ない投稿がありました。

『幼少期から、長女の私ではなく弟の方が可愛がられていると感じていました。母は女の子ではなく男の子が欲しかったと私に向かって言ったこともあります。たくさん傷ついてきました。実家の祖父母が亡くなったときも、「祖父母は私ではなく弟を可愛がっていた。だから私と何回も会うよりも、弟との1回の方が嬉しかっただろう」と何度も何度も言われました。私は生まれてこなければよかったのかな? 子どもがいていい大人だけれど、何度もその言葉達に苦しめられて、苦しくて母に伝えたら「過去のことをいつまで言うの? 私はずっと言われ続けなければいけないのね。わかりあえないのは悲しいね」と言われました。私が悪いのでしょうか』

実の母親から弟との差別を受けてきたと語る投稿者さん。何度もつらい言葉を言われ続けてきたのですが、やめてほしいと訴えても母親は投稿者さんの気持ちをわかってくれず、むしろ投稿者さんを責めるようなことを口にします。

投稿者さんと同じような境遇。つらい思いをしてきたママも

『私も母親に言われた。男の子がよかったと。妹弟がいる長女なんだけれど、ずっと下ばかり可愛がっていた。母親自身妹の立場だったから、姉の気持ちはわからないと言われてね。いろいろなことがあって苦しかった』

『私もあなたと同じ弟がいる長女。うちも母が弟を溺愛していて、何でも弟中心だった。夏の暑い日に「暑いからエアコンを入れていい?」と聞いたら、「エアコンを入れる程暑くないでしょ?」と言っていたのに、弟が習い事から帰って来る時間になるとエアコンを入れたり。ご飯でも何でも全て弟優先。誕生日も私と弟は2日違いなんだけれど、お誕生日会は全て弟の誕生日にやる。そしてケーキも弟が食べたいケーキだったなぁ』

投稿者さんと同じように、‟きょうだい差別”を受けたと語ってくれたママたちがいました。大人になって自分たち自身も家族を持っているのでしょうが、子どもの頃のつらい思いではそうかんたんには忘れられないものです。もしかしたら今でも誕生日を迎えるたびに、当時の記憶が思い出されるなど、心の傷が癒えない人もいるかもしれません。

母親の優しい言葉が欲しい。期待してしまう自分

『本当にそういう人だと思って諦めればいいのかもしれませんが、何か期待してしまったり、心配になったり、認められないといけないという気持ちになりませんか?』

こんな質問が他のママからありました。投稿者さんもそうなのでしょうか?

『弟のことで意見するとヒステリーになるのでずっと我慢してきましたが、耐えられなくなって意見したことがあります。そうしたら「そのときに言ってほしかった」と言われました。でもヒステリーになるので言えなかったんです。「あなたは考えすぎ。そんな意味で言ったわけじゃない」とも言われました。ずっと傷ついてきたことを話したのだから、せめて「そうだったんだ。ごめんね。気をつけるね」だけでも言ってくれていたら……』

母親の態度や言葉に耐えきれなくなり、意を決して自分の気持ちを伝えたときに、投稿者さんの胸の中にあったのは、責める気持ちではなく、認めて謝ってほしい、優しい言葉をかけてほしいという期待だったのですね。

『距離を置こうと何度も思ったのですが、少しでも優しくされるとうっかりと変わってくれたのかなと思ってしまっていました。でも結局、すぐにまた元どおり。心ない言葉を投げつけられるのです。いつかもっと優しくなって悪かったねと接してくれるようになるのかな。そういう淡い期待をずっとしてるんだと思います。親なのに距離を置くなんて私は悪い人間なのではないかと思ったりもしてしまいます』

ずっと優しい母親を求めてきたのですから、少しでも優しい面が見えると嬉しくなってしまうのかもしれません。「変わってくれた」「これからは優しくしてくれる」と思ってしまっても不思議はないでしょう。でもすぐにその期待は裏切られ、その度に投稿者さんはがっかりしてしたようです。

『母親でも娘でもわかりあえないときはある。そういうものだと思っている。投稿者さんは悪くないです』

実の母と娘同士でも、お互いの性格や気持ちのすれ違いなどでうまくいかないこともあります。血のつながりがあれば大丈夫と簡単に片付られるものでもないのです。

では子どもの気持ちを考えられない母親に対して、これからどう接していけばいいのでしょう。

後編へ続く

文・川崎さちえ 編集・blackcat イラスト・Ponko

関連記事

【後編】きょうだい差別がひどい実母。つらい気持ちを打ち明けても優しい言葉ひとつなかった……
子どものころから変わらず弟のことばかりをかわいがる、‟きょうだい差別”が激しい母親に、最近になって自分のつらい気持ちを伝えたという投稿者さん。謝罪や優しい言葉がけがあるかと少しばかりの期待があったので...
生まれ順で子どもの育て方は変わるもの?冷遇されてきたママたちの不満とは
両親にとってはじめての育児となる第一子の子育ては何事にも慎重になってしまうでしょう。第二子以降は第一子の経験があるためか子育てに余裕が出てくることもあるのではないでしょうか。 第一子の育...
連載記事をイッキ読みしたい! に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
実母との関係