いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

義母が「寒いからモコモコのパジャマを着せなさい」。子どもには暑すぎると思うんだけど必要?

pixta_47999562_M

寒い時期には、暖かさを感じられる保温性の高いアイテムがありがたいもの。ママたちはわが子のために厚手の衣服や外出着などを用意するかもしれませんね。しかし子ども自身があまり「寒い」「暑い」と言ってくれない場合は、何をどの程度着せたら良いのか迷うことも……。あるママはお子さんに着せるパジャマについて、お義母さんとこんな会話になったそうです。

『幼児。暖かいパジャマ必要? もう寒いんだから冬用のモコモコの裏起毛とか、そういう系のパジャマ買い足しなさい、って義母が。
外は寒いけど、家の中なんて暖房つけてるし、寝るときは暖房切るけど布団の中は暖かい。子どもには暑すぎると思うんだけど、必要なのかな?』

孫をもっと暖かくしてあげたいお義母さんは「真冬用のパジャマを買ってあげなさい」とアドバイスしてくるそう。しかしお義母さんが例に挙げてくるような裏起毛などのモコモコしたパジャマは、ママは「子どもには暑すぎるのでは」と感じるそうです。冬の夜、あなたなら幼児をどんなパジャマで寝かせますか?

幼児には寝るとき何を着せている?

ママたちが実際に冬に子どもに着せているパジャマの生地としては、布の間に綿をはさみこんだキルティングや軽くて柔らかいフランネルなどが挙げられていました。寝るときはたとえ真冬であっても、外出時の着ぐるみ状態のようなモコモコ具合は必要ないと思うそう。もし室内が暖かく保たれているのならば「裏起毛のパジャマは必要ない」と同意しています。

『キルティング素材のパジャマをよく買ってた。でもなかなか見つからない。裏はモコモコしてなくて薄手のやつを探して着せてるよ』

『ベビー用のキルトパジャマがいい感じだったけど、もうサイズが(汗)』

『綿フランネルで充分暖かいよ!』

『真冬でも薄手の長袖パジャマだよ。あたたか素材は買わない』

『布団かけて寝られるなら綿パジャマでいいよ』

薄手のパジャマにスリーパーで調節しては

寒い冬に寝かせるときは「スリーパー」を活用するため、パジャマはあえて薄手にしているという声も。寝ているうちに子どもが布団を蹴っ飛ばしたり、転がって出てしまったりすることもあるでしょう。寝相の悪いわが子が風邪を引いてしまうのではと心配にもなります。薄手のパジャマの上にスリーパーという組み合わせで寝冷えを防ごうとしているのですね。

『真冬は普通のパジャマにスリーパーみたいなものを着せるくらい』

『ペラペラだよ。真冬はスリーパー着せてた。子どもと寝てたときは毛布も使わないくらい私も暖かった』

『パジャマ自体の生地を厚めにするより、上からスリーパーを着せたりして調節できるようにしたほうがいいと思う』

『布団を蹴飛ばすならスリーパーとか必要かなとは思う』

裏起毛のパジャマは子どもには暑すぎるかも

お義母さんの言うとおり裏起毛などのモコモコした厚手のパジャマを着せてしまうと、逆に汗をかいてしまって良くないのではと思う人もいるようです。フリースなどの真冬用の生地は、子どもには暑すぎてしまうこともあるのですね。

『私は裏起毛とかもふもふのは買わないなぁ。汗で冷えそう』

『フリースパジャマとかは逆に汗かくし、暑いから布団から出てきちゃう』

『うちは必要ない。暑過ぎて汗かく』

またモコモコを着せる必要があるかどうかは、部屋の環境にもよるでしょう。家によっては夜でも暖房をつけるようにしていたり、昼間の暖かさが保たれていたりする場合もあるもの。もしママが寒さに震えるような部屋でなければ、寝ている子どもも充分に暖かいと思って良さそうです。

『部屋が夜中でも暖かくて、布団を蹴ったりしないなら必要なし』

『都内だけど本当必要ない。床暖房を入れちゃうと子どもなんてみんな半袖』

『暖かくしてるならいらないよね。寝てるとき暖房切ってて、子どもが布団かぶらないとかなら、いるかな? とは思うけど。ちゃんと布団かぶって寝てるならいらない』

お義母さんは自分が寒く感じているのでは?

孫に暖かいパジャマを着せてあげたいお義母さんは、実は自分が寒さに困っているのかもしれません。なかには年を重ねるにつれ、身体の冷えをいっそう感じるようになってきた……との実感を持つ人もいるようです。もし子どもの服装の話題が出たら、お義母さん自身が寒い思いをしていないか気遣ってあげるのはいかがでしょうか。

『年老いた人は自分が寒がりだから着せよう着せようとするけど、子どもはもともと体温が高いからそんなに厚着させなくても大丈夫。汗かいて、汗が冷えてよけい風邪ひくよ』

『本当にお年寄りって裏起毛モコモコ重ね着が好きだよね。私も年齢を重ねて冬は冷えて仕方がない。20代ではウザったく思えたネックウォーマー・レッグウォーマー・あったか肌着・カイロが必需品になっちゃった』

『昔の家は断熱材も入ってないし寒かったから、そのときの感覚のままなんじゃ?』

冷たい外気が家のすき間から入り込んでくるような昔の家では、今よりももっと着込む必要があったことでしょう。お義母さんが子育てしていた時代は、子どもを寝かせるときにかなりの厚着をさせていた可能性も。対策としては暖房器具についている温度表示などを見せて、室内が充分暖かいことを理解してもらうといいかもしれませんね。もし今後もママが「モコモコのパジャマを買い足しなさい」と言われ続けるのならば、まずは寒がっているであろうお義母さんに暖かなアイテムを勧めてあげてはいかがでしょうか。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

関連記事

義実家・実家 に関する記事一覧
子どもにとって裏起毛は暑すぎる!寒い季節の子どものパジャマ、何を着せる? #産後カルタ
寒い季節になると子どもが寝冷えしないようにママたちはあたたかい格好で寝かせようとするでしょう。しかし子どもたちにとっては暑い服装になってしまうこともあるようです。悩めるママから質問がありました...
冬のお風呂場が寒い!温まるためにしているみんなの3つの工夫とは?
お風呂で頭や体を洗うとき、冬場などはシャワーで温まりながら洗わないと体が冷えてしまいますよね。しかしシャワーを出しっ放しにしてしまうと、水道代やガス代がもったいないと感じてしまう方もいるのではないでし...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
幼児。暖かいパジャマ必要?