いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】痛さは?不安は?出産がこわいプレママさんたちに送る、先輩ママさんからのためになるアドバイス!

031_妊娠・出産_くずり

出産の痛みをこわがる現在プレママの相談者さん。そんな相談者さんを含めたプレママさんたちに、先輩ママさんたちからたくさんの「励ましの声」や「不安を和らげるアドバイス」が集まりました。

痛みは絶対に乗り越えられるから大丈夫!

出産を経験したことのある先輩ママさんたちからは「痛みは絶対に乗り越えられるから大丈夫!」と相談者さんを励ます声が多数寄せられています。

『不安だよねー。でも大丈夫!! そんなに辛いことならみんな二人目三人目なんて産まないから(笑)可愛い赤ちゃんとのご対面、楽しみですね!』

『母は強しだよね。この痛みを乗り越えたら赤ちゃんに会える! 産後は出産の痛みに比べたら! と思い乗り越えた。頑張ってね。無事に生まれますように』

『一ヶ月後の今ごろは、赤ちゃんと幸せな時間を過ごしているよ。痛いのは人生の中ほんの一瞬。時間が過ぎれば痛いのは終わるから頑張れ』

出産は「痛くてこわい」のかもしれないけれど、その痛みを乗り越えたらかわいい赤ちゃんの誕生です。出産を経験したママさんたちの大半は「この世にこんなにも可愛い存在がいたなんて!」と思えてしまうものです。そのため多くのママさんたちが「こんなに愛おしいわが子に会えるのなら痛みなんて全然耐えられる!」と後になって思ったと答えてくれました。

陣痛、出産が辛くなったら……先輩ママさんたちからの助言

最後に、もしも出産日に陣痛や出産が辛くなったら……こうやって乗り切って! というアドバイスをご紹介します。

『まあ痛いことは確かに痛いのだけれど、失神するほどではないし、陣痛の合間があるからそのときに小休止しながらがんばろう。私の場合は肛門を押してもらうと少し痛みが軽減したな』

『痛くなったらとにかくゆっくり息を吐く。自分が痛いときは赤ちゃんも産道を通って痛い思いをして頑張っているんだと思って「赤ちゃん頑張れ、頑張れ」って思いながら産んだら耐えられたよ。とにかく陣痛が来たらゆっくりフゥゥゥゥーーって痛み逃してね』

陣痛の痛みを軽減させる方法、いきみやすい体制などがなにかしらあるはず。人によって異なることもあるので、出産当日は自分に合った方法を模索しながら出産を乗り越えましょう! ママさんだけでなく、赤ちゃんも一緒に頑張っていますよ。

『私も一人になるとこわいこわいとメソメソ泣いていた。そんなとき祖母が言ってくれた言葉。「こわいよね。人ひとりこの世に産み出すんだもの。でもね、女性はその痛みやこわさに耐えられるようにうまいこと作られているの。だから心配せず自然に任せとけばいい。おまけにお医者さんや助産師さんがそばにいて全力サポートしてくれる。赤ちゃんの力ももらう。どうや? 大船に乗ったつもりでどーんと構えとき!」これで何か吹っ切れて乗り越えられた』

『陣痛が始まったらあとは助産師さんに身をゆだねるべし。大丈夫、私も3人産んで、今4人目お腹にいるよ。下手に暴れたり叫んだりしない方が体力を使わないよ(笑)
頑張って!』

自分が出産に関して無知だったとしても、まわりの助産師さんやお医者さんたちは違います。今まで何百人もの出産を見守っているプロのチームです。相談者さんの負担がなるべく少ないままで無事赤ちゃんが生まれる方法をきっとご存知なので、不安な気持ちを追い払いプロたちに身をゆだねてみてくださいね。

痛いのはもちろんこわい……けれども長い時間をかけてお腹の中の赤ちゃんを見守ったことに比べたら痛いのはひとときです。不安からさまざまな準備をすることも大切ですが、ドーンと構える気持ちを持つことも、自身の不安を和らげるために重要なことなのではないでしょうか。

文・物江窓香 編集・古川純奈

関連記事

【前編】痛さは?不安は?出産がこわいプレママさんたちに送る、先輩ママさんからのためになるアドバイス!
今まで経験したことがないことに、不安を感じる人もいればワクワクと期待する人もいることでしょう。もしかしたらいろいろな想像をして恐れを感じる人もいるのかもしれませんね。今回ママスタコミュニティに...
妊娠・出産 に関する記事一覧
死ぬかと思った陣痛……あなたはあの痛み「決して忘れまい」派?それとも「ケロっと忘れちゃった」派?
ママにとって、かけがえのない存在の赤ちゃん。でも、その愛しい赤ちゃんにお目にかかるため、ママは陣痛・出産という大きな試練を乗りこえねばなりません……! 出産当時、多くのママが想像を絶する痛みに「こ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
出産がこわい