いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

死ぬかと思った陣痛……あなたはあの痛み「決して忘れまい」派?それとも「ケロっと忘れちゃった」派?

悶絶した陣痛……あなたはその痛み、「一生忘れまい」派? それとも「ケロっと忘れた」派?
ママにとって、かけがえのない存在の赤ちゃん。でも、その愛しい赤ちゃんにお目にかかるため、ママは陣痛・出産という大きな試練を乗りこえねばなりません……! 出産当時、多くのママが想像を絶する痛みに「こんな苦痛、二度と御免だ!」と思ったのでは? ……けれど、出産からときがたった今、その痛みきちんと覚えていますか?

今回は、陣痛の記憶についてBBSで繰り広げられた、ママたちのトークをのぞいていきます。

私、こんなにシンドかった……陣痛の痛みは例えるならばコレ!

まずは、ママたちがもだえ苦しんだ陣痛が、どれほどシンドイものだったか思い出してみましょう。(いや、あまり思い出したくないかもしれませんが。)
痛みの感じ方はママによってさまざまかと思いますが……みなさま、陣痛についてなかなか秀逸な例えを挙げてくださいましたよ。

『陣痛が痛い、とにかく痛い。叫んだ、腹の底から叫んだ。
あげた片足を、助産師さんの肩に乗せて。
鼻からスイカじゃなかった、腰にロードローラーだった』

『鼻からスイカじゃなくて、股から熱い熱い鉄球』

『お相撲さんに骨盤で懸垂されてるみたいだった。
されたことないけど』

『超巨大なうんち(1ヶ月ほど便秘)が「やばい漏れる!!」って言ってるのに、
300人待ちのトイレに並ばされてる感覚』

『今すぐ腹を切ってくれ! 出してくれ!
麻酔なんかいらねーから切れ! って思った』

『えぇぇぇぇ!!? 世のお母さんたち、みんなこんな痛い思いしてんの!?
絶対無理、絶対無理!!! 鼻からスイカとかのレベルじゃねぇ!!!
ハイ、陣痛ナメてました』

『死ぬんじゃないかと本気で思った。
こんなに痛いなんて、世の中のお母さんをリスペクトしたわ』

みなさん陣痛の辛さ、生々しくよみがえってきましたでしょうか(汗)?
いつまで続くか分からない痛みに絶望的な気持ちになったこと、でもそのママの絶望感などお構いなしに、容赦なく打ちよせる痛み、どんどん狭まっていく陣痛の間隔……今思い出しても、目に涙がにじんでくるようです(泣)。

「この痛み、一生忘れまい……二度と出産したくありません!」

では、本題に……ママの身も心も打ちのめしたその陣痛の痛み、覚えていますか?
まずは、「一生忘れまい!」と思っている派。

『わたしゃ、4年たってもあの痛みが恐ろしくて、
2人目考えられずにいる』

『3日間陣痛……もう意識不明? になりかけ、脳みそが混乱していました。
産むまでは子どもは3人くらいほしいな、と思っていたけれど、
この子には悪いけど一人っ子でいいや、と思いました。
産んでから3ヶ月くらいは痛みを思いだして、恐怖でひとり泣いていました……』

『「ごめん! 次はもうない、一人っ子!」ってずっと考えてた。
そして一人っ子確定(笑)』

『もう13年も前だけど覚えてる。
だからもう二度と産みたくない。
でも、覚えていて良い点は、何をするのでも「陣痛よりマシ」と思えること』

それぞれのママが壮絶な経験や思いを味わってきたようです……。
ママたちに苦い思いをもたらす陣痛ですが、最後のコメント「辛い陣痛を覚えているおかげで、さまざまな苦難に立ちむかえる」という考え方は、長い人生を生きるうえで有益な”ママだからこそ”の知恵ですね。

「超ド級で痛かったハズなのに……うまく思いだせません(笑)!」

そして、多かったのが「陣痛が辛かった記憶はあるけど、よく覚えていないわ~」という、なんだか余裕なコメントです。

『あり得ないくらい痛かったのは覚えてるけど、
どんな痛さだったかは忘れたわ……』

『これ以上の苦しみは刺されるくらいだろうな、と思いながら
12時間の陣痛に耐えて出産したけど、2人目産むときにはすっかり忘れてたわ』

『子ども3人だから、3回経験したけど覚えてな~い。
産むたびに「もう二度とこの痛みを味わいたくない、次は無理無理」
と思ったのは覚えてる(笑)』

『3回出産したけど、もう全然覚えていません。
たしかに痛くて、陣痛マックスのときは
「もう二度と妊娠なんてしない!!! こんな痛いなんて拷問! だれか私を殺してー!!!」なんて思ったけど、産んだ瞬間忘れちゃった』

『私1人産んで「痛すぎ!! 二度と産まない」と言って、今3人目。
なんだろうね~かわいいんだよね』

ママたちのたくましい話を聞いていると、壮絶な痛みを経験しながらも、楽観的・前向きにふたたび出産に挑む姿勢に、ママたちの”肝っ玉”の大きさを感じますね。

痛みを忘れるから、次産める

最上級の痛みに悶絶したママたちの記憶が、昨日のことのように鮮明だったら、ママたちは次の妊娠に踏みきれないものかもしれません。「忘れるから、次も産めるのよ」という意見も興味深いですね。

『痛すぎて「二度と産むか!!」と思った。
……けど、今3人目妊娠中。
忘れちゃうんだよね~』

『痛みは忘れるようにできているらしいよ。
痛かったという記憶は残るけど、具体的な痛みは忘れていくらしい。
じゃないと次々産めないからね』

『すっごい痛かったはずなのに、子育てしてると忘れちゃうんだよね。
だから、2人目とか3人目とか産めるんだよね。
母親ってすごいよね!!』

あなたの陣痛の記憶は、鮮明ですか? それともおぼろげ?
なんにせよ……壮絶な痛みを乗りこえ、そのうえ一筋縄ではいかぬ育児に日々格闘するママは、偉大な存在ですね。
出産の痛みと全力で戦った当時を思いだした今、ぜひ自分で自分をほめてあげましょう!

文・福本 福子 編集・木村亜希

関連記事

産前と産後の月別メリット・デメリット ~ママ達のリアルな声~
夏にお腹の大きなプレママを見かけると、暑い時期の出産は大変そうだなと感じたことはありませんか。産前産後の生活のイメージは生まれ月によって、夏生まれなら「暑そう」、冬生まれなら「寒そう」のように思い浮か...
「バースプラン」はどんなことを書くの?実際に書いたママたちの体験談
理想のお産、希望のお産を産院に伝えることができる「バースプラン」。 ママたちの希望に沿ったお産、満足がいくお産ができるようにと、多くの産院で導入されているので、出産を経験しているママたちの中...
悪気のない一言に傷つく、帝王切開で出産したママたち。どんな形でもお母さんは命懸けで子供を生むのです
出産は十人十色。お子さんが小さいママたちは、どんなお産だったのかと女子トークが盛り上がることもあるでしょう。 しかし、帝王切開でお子さんを出産したママたちの中には、そんなママ友や身内との...
参考トピ (by ママスタジアム
みんな陣痛の痛みって覚えてる?
陣痛を思い出して一言