いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】独身の友だちに結婚生活を愚痴ったら「自分で選んだ旦那でしょ」と言われた……

「若くして結婚・子育てをしたから独身の友達が羨ましい!」画像1
独身の友だちに結婚生活の愚痴をこぼしていたところ、「自分で選んだ旦那でしょう」と言われてしまった投稿者さん。相手から正論を言われて嫌な気持ちになってしまったようですね。ママスタコミュニティのママたちからは投稿者さんに対する共感のコメントが寄せられる一方で、相手への怒りを爆発させる投稿者さんをたしなめるようなコメントも集まりました。

何度も愚痴を聞かされて、面倒くさかったのでは?

『友だちにいろいろと話したんだね。相手にとって興味ない話なのに、長々と話され過ぎて相手がウンザリしていたって線はない?』

『その友だちとどんな関係だったかはわからないけれど、そもそも間違っているの。相手は投稿者さんの旦那さんに興味がないの。だから話されたところで「鬱陶しい」と思われるだけなのよ。基本的に人って、自分に興味がないことはとことん関心がないの』

『つらい気持ちを持って相談してきた相手にそういうセリフを言い放つって、相手が我慢の限界だったからだと思うよ。何度も同じような話を聞いていて、「旦那さんも投稿者さんも変わる気がないでしょ?」とか、「投稿者さんにも原因があるんじゃない?」とか思ってしまったんじゃないかな』

『本音だと思うけれど、実生活ではあまりハッキリとは言わないことだよね。投稿者さんの話が愚痴ばかりで面倒くさかったんじゃない?』

つらい愚痴をこぼしてきた相手に正面をきって正論を言い放つのは勇気がいるものでしょう。相手の気持ちを考えるとなかなかできないことかもしれません。しかし投稿者さんの友だちがあえてそれをしたということは、彼女も何度も繰り返される投稿者さんの愚痴にウンザリとしていたのではないでしょうか。友だちからしたら「もうこの話は終わりにしてほしい」との意思表示のつもりで告げたひと言だったのかもしれませんね。

独身の友だちを見下していたのでは?

『投稿者さんこそ、普段からその友だちのことをバカにしていたんじゃない?』

『相手も普段から「見下されている」と感じていたと思う。そうだとしたらキツいひと言でも言いたくもなる』

『その友だちがもし共感してくれたとしても、投稿者さんは心の中で「独身に既婚の悩みがわかるわけないじゃん」と思うでしょ? 「それだけ愚痴を言うなら離婚すれば?」と言われたら「簡単に言わないで!」と思うでしょ? 相手から何を言われても「独身のくせに!」って思うんじゃないの? 今まで下に見ていた人に痛いところを突かれて腹が立っただけでしょ?』

『投稿者さんが独身の人を見下しているのが、相手には日頃から伝わっていたんだよ。自分は不倫するような旦那としか結婚できなくて、その旦那にさえ離婚されそうになっているくせに、それでも既婚者であることでマウントをとるなんて哀れ過ぎるでしょ。わざわざ自分から独身の相手に愚痴ったくせに「旦那すらいないお前」とか言い出すし、不幸でイライラしていてそのせいで他人を攻撃してしまっている。負の無限ループで、不幸になるべくしてなっているように見えるよ。このままじゃ旦那も友だちもみんないなくなるよ』

友だちに対して「結婚すらしていないくせに」との感情を抱いた投稿者さん。その様子に「投稿者さんは普段から友だちのことを見下していたのでは?」と指摘する声が相次ぎました。ひょっとしたらその気持ちが友だち自身にも伝わっていて、今回は痛いところを突かれる事態になった可能性も捨てきれませんね。

愚痴るときは相手を選ぶべき

『愚痴るときには相手を選ばないと、愚痴も自慢に聞こえることもあるからね。愚痴はただでさえ面倒くさいから、相手を選ばないと友だちをなくすかも』

『もし同調して欲しいなら、相手も旦那がいる人じゃないとわからない。子どもの話ができるのも子持ち同士じゃないと成り立たない』

『旦那すらいない人に夫婦のことを相談するほうが悪い。愚痴っても、実のあるアドバイスなんてもらえないでしょうに』

『旦那の愚痴は既婚者同士じゃないとわからないよ。家庭の話って独身の人からしたら退屈だと思うよ』

「そもそも独身の友だちに結婚生活の愚痴をこぼすことが間違いだったのでは?」と主張するママたちも現れました。自分が独身のときには既婚者の悩みはなかなか理解しづらいものではないでしょうか。もし共感を得たかったり実のあるアドバイスをもらいたかったりする場合には、相手を選ぶべきなのかもしれませんね。

お互いに不快にならないためのいちばんの方法とは?

『私もママ友に同じようなことを言われたことがあるよ。図星でムカついたけれど、あとから考えたらママ友も愚痴ばかり聞かされていてウンザリしていたんだろうなと反省したよ。それから旦那の愚痴を他人に言うのはやめた』

『結局そうなんだよね。旦那のことでも同居のことでも、ぐちぐち言っていても結局は「自分が選んだことでしょ」って。だからあまり他人には愚痴るものじゃないよ』

大前提として他人の愚痴を聞いて楽しいと感じる人はあまり多くないでしょう。今回のようなことが再び起こらないようにするためは「他人に対して頻繁に愚痴をこぼさないこと」との意見もあがりました。本当につらいときにたまに愚痴るならいざしらず、もし会うたびに不平不満ばかり聞かされていたら疲れてしまうかもしれませんね。大事な友だちとこれからもいい関係を続けていきたいならば、あまり愚痴をこぼさないことがコツなのかもしれません。

友だちに愚痴をこぼしたところ、思わぬ言葉をかけられて腹を立ててしまった投稿者さん。友だちの言葉はショッキングなものだったのでしょうが、投稿者さんにも反省できるポイントがあったかもしれません。
お互いがその怒りについて共感できる状況あれば、愚痴を言うことでストレスは解消できます。しかし今回のように状況やライフスタイルが違う場合には、愚痴自体を控えた方がよさそうです。今後も友だちとよい関係を築きたいのならば、自分のストレス解消のみを考えるのではなく相手の気持ちも考えるべきでしょう。またもしも結婚生活についてアドバイスが欲しいのであれば、同じ既婚者に相談してみると充実した助言がもらえるのではないでしょうか。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美

関連記事

【前編】独身の友だちに結婚生活を愚痴ったら「自分で選んだ旦那でしょ」と言われた……
どんなに仲がいい友だち同士でも、ライフスタイルの変化によってお互いの考えにズレが生じることもあるでしょう。進学や就職、結婚や出産……人生でのいろいろなイベントを重ねていくことで、少しずつ意識が変わ...
結婚したらそれまでの友人関係は変わってしまう?独身の友だちと会いづらい既婚女性の心理とは
結婚や出産などをきっかけに生活スタイルや環境、いわゆる「ライフステージ」が変わるのは不思議なことではないでしょう。どんなに仲のいい友だち同士でも、ライフステージの変化がお互いの関係性に影響してくる...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
独身の友達に「まぁ自分で選んだ旦那だよね」って