いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

自宅をイルミネーションで飾りたい!電気代はかさむ?注意すべき点は?

pixta_67738310_M

寒い季節が近づくと、夜の時間を長く感じることでしょう。ふと、最近は日が落ちる時間が早くなったな……などと思うかもしれません。暗い夜道を歩いていて心細いときは、暖かそうな光が見えると何となくほっとするもの。なかには冬になったら家の外観や庭などを明るいイルミネーションで飾ろうと思っているおうちもあるようです。

『知り合いが戸建てに引っ越しました。小さい頃から団地育ちで結婚してからもコーポだったから、戸建てが夢だったそうです。イルミネーションで飾り立てるのが一番やりたいことだそうです。「令和になって暗いことしかないから、ド派手にするから見にきてね!」って張り切ってます。私もちょっと楽しみにしてます。イルミネーションって電気代すごい?』

質問によると新居を購入した知り合いが、念願のイルミネーションを実現しようと計画しているそう。張り切っている様子がうかがえ、点灯されたら見に行くのが楽しみですね。しかし招かれたママは、イルミネーションにかかる金銭的負担も少し心配のようです。実施にあたってどんな点を気にしたのか、経験者のママたちの回答を見てみましょう。

戸建てを飾るイルミネーション、電気代はかかる?

暗い夜を明るく照らしてくれるイルミネーション。家の周りにたくさん飾りをつけると費用がかさむのではと気になりますね。しかし電気代については「心配するほどの金額ではない」というコメントがほとんどでした。

『今のはLEDだから安いよ。うちはガンガンに飾り付けするけど、そんなに高くならない。一日中つけるわけじゃなくて16~21時までだから』

『LEDだからそこまで高くはないはず』

『わが家も昨年に引き続きクリスマスイルミネーションをやる予定。電気代は気にしたことがないけど、LEDだから大したことないと思う。今年は暗い話題が多い1年だったし、去年より豪華にしようかなって旦那や実家と相談中』

『ソーラーやLEDをうまく使えば安く済むよ』

『うちド派手ではないけどそこそこつけてる。太陽光だから電気代は0円』

ママたちはLEDの電飾を選べば、気にするほどの電気代にはならないと語っています。LEDは手軽に節電できるアイテムとしても知られ、例えば白熱電球からLED電球への取替えで消費電力を約7分の1から8分の1ほどもおさえられる効果があるそう。また日中の太陽光で充電し夜暗くなったら点灯する、ソーラー式の電飾を使う人も。コンセントにつなぐ必要がないタイプの飾りならば、電気代はかからずに済みますね。

参考:環境省|COOL CHOICE「家庭でできる節電アクション

点灯させる電気代のほかにも気がかりが……

イルミネーションで自宅を飾り付けるにあたっては、他にも気にする点があるようです。

『電気代より、イルミネーションの物をそろえるほうがお金がかかるよ。私のお母さんの知り合い、300万ぐらいと言ってた』

『大変そうよね。私もちょっと憧れて、雪だるまの置物の光るやつ買おうかと思ったんだけど。「雪だるまだけじゃ寂しい。トナカイいいじゃん。でもトナカイいるならサンタも。いや外壁にもなんか光らせたほうがよくない?」って壮大なスケールになっていったところで冷静になった。収納場所がない(笑)』

まずは電飾をそろえる費用がかかるという声がありました。たくさんの電球が線でつながった飾りのほか、植栽にかぶせるネット状のライトや、屋根から垂らすつららのようなライト……。さらに雪だるまやトナカイなど、可愛らしい置物などもどんどん欲しくなっているうち、金額は数百万にも! 計画する場合はまず、家計と相談しながら飾る物を決めることが必要になりそうです。

『イルミネーションが派手な家がたまにあるけど、向かいの家はチカチカ気にならないのかな?』

『結婚前に、実家近辺は流行ってたな。TV局が取材に来たりして。見物人の車が問題になって、自粛する家が多くなったけど』

ときには通行人やご近所さんの目を楽しませようとするあまり、年を追うごとに飾りが豪華になっていくことも。有名なイルミネーションスポットになった結果、遠方からも人が集まるようになり困った事例もあるようです。あらかじめ点灯時間を決め、光の強さを迷惑をかけない程度にとどめるなど、周辺の家への配慮も大切になるようですね。

イルミネーションできる家がうらやましい!存分に楽しんで

『近所にあったら良いのになー。なんかイルミネーションってワクワクする。自分じゃ絶対できないからうらやましい』

『イルミネーションやってる家が増えたらいいのになーと思ってる。うちは面倒だからできないけど、なんか明るくなるしいいよね。いろんな家が少しずつやったらいいのに』

『うちの周りは街灯が少ないし、寒いから夕方以降人通りも少なくなるし、みんなでイルミネーションするのはいいなぁといつも思う』

『暗い1年だったから明るくしたいとか、考えてやってくれてるお宅があるんだね~。普段なんにも考えずに、ただ綺麗だなぁ~って見せてもらってた。きっと住んでる地域は違うと思うけどありがとう。毎年楽しみにしてます!! そしてとっても癒されてます』

暗い話題が続く世の中を、せめて電飾で思いっきり明るくしたい……。イルミネーションの飾り付けを頑張るママにはそんな思いもあるようです。手間ひまやお金をかけてまで、あえて周りを照らそうとしてくれる家があることには感謝の声もあがっていました。
素敵なイルミネーションを見ると、ワクワクするような楽しさや心温まる幸せも感じられそう。念願かなって自宅を飾ることになった知り合いのおうち、果たしてその仕上がりはいかに? 長年の夢が詰まったイルミネーションを見せてもらう日が楽しみですね。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

関連記事

暮らしの知恵 に関する記事一覧
クリスマスプレゼントを用意する時期っていつ?早い準備のメリット、デメリットとは
気温が下がり冬の気配がしてくると、あっという間に1年が過ぎていくことを実感する人もいるのではないでしょうか。1年の終わりが近づいてくると街の中がクリスマスの装飾で華やかに飾り付けられますね。 1...
クリスマス、家には私と子どもだけ……パパは仕事で不在のわが家
繁忙期に入る直前、一応家族でパーティーをしましたが、やっぱり世の中が盛り上がる24日、25日にパーティーをしたいというのが本音です。でも、どんなにそれを望んでもパパが休みになるわけではありません。...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
戸建てに引っ越し 夢のイルミネーション