いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】義母が子どもの蒙古斑をアザと勘違い。虐待を疑って通報された……

02
生後半年のお子さんに数カ所の蒙古斑があることで、義母から虐待の疑いをかけられた投稿者さん。疑われるだけでも悲しいことですが、義母は市役所に通報までしてしまったというのですから驚きです。「前から説明しているのに……大切に育てているのに……」と、怒りと悔しさでいっぱいの気持ちを話してくれました。そんな投稿者さんに対して、ママたちからはある質問が寄せられたようです。

旦那さんは味方になってくれている?

『そんな義母に対して、旦那さんはなんて言っているの?』

まずママたちが気になったのは「旦那さんの意見」でした。旦那さんの価値観が投稿者さんと義母のどちらに近いかというのは、今回のようなケースではとても重要なポイントでしょう。

『旦那からは「しばらく子どもも会わせなくていいよ」と言われました。コロナの時期にマスクをしないで親戚を引き連れてきたり、私がいないと思って子どものほっぺにチューしたり……もうしばらく会いたくないです』

どうやら旦那さんは投稿者さんの味方をしているようで、ひと安心ですね。今回の騒動を受けて「しばらく会わせなくていい」とまで言ってくれているというのですから、とても心強いのではないでしょうか。これにはママたちからも安堵の声が聞こえてきました。

『旦那さんが味方になってくれているのが心強いね。それにしても義母は相当変わっているから気をつけてくださいね。勝手に合鍵を作ったりしそう』

『義母はハッキリと言わなきゃわからないんでしょ。「マスクのこと、監視するかのような言動、虐待をしていると決めつけられたこと、すべて恐ろしくて会いたくありません」と旦那さんに言わせなよ』

『投稿者さんの旦那が「子どもを会わせなくていい」と言っているなら、しばらくのあいだは義母と距離を置いたらいいよね』

義母の行動に嫌悪感を抱いている投稿者さん。旦那さんがその気持ちに理解を示してくれているならば、これほど頼もしいことはないでしょう。今回は投稿者さん自身が義母にハッキリと気持ちを伝えられたようですが、義母に本音をぶつけるのはストレスがかかることもあります。もし今後、投稿者さんから義母に伝えたいことがあるならば旦那さんから言ってもらうのもいいかもしれません。

義母が理解してくれるまでは……

投稿者さんには今後のアドバイスも寄せられたようです。

『まだお子さんも生後半年だし、投稿者さんも色いろいろと神経を使うことも多いし、ストレスもあるよね。今はお子さんのことだけを考えて。旦那さんが心強い味方であればいいよね。義母のことは無視といったら失礼かもしれないけれど、距離を置いていいと思います』

『喧嘩になるってことは理解していないんだろうね。「蒙古斑も知らないんですか!?」って感じだわ。しばらく会わないでいいよ! がんばって言い返して偉い! 義母が来ても居留守、電話も無視しよう!』

『「この嫁は虐待するにちがいない」って思われているから家の中を覗いたりしつこくしてくるんじゃない? 喧嘩したんだし、そこまで大事になったんだからこのまま疎遠でいいよ』

『義母は勝手に通報したことも、マスクなしで訪問することも部屋を覗くことも悪いこととは思っていないみたいだね。今後も何かしら揉めることが出てきそうだし、これを機に距離を置くのもいいんじゃないかな』

ママたちからは「義母とは関係を疎遠にしてもいいのでは?」とのコメントが寄せられました。義母の態度を見る限り、勘違いで市役所に連絡をしたことを悪いことだとは思っていないようです。義母が納得していない限り、ひょっとしたら今後もまた同じようなトラブルに見舞われてしまうかもしれません。少なくとも投稿者さんが「嫌だ」と主張することを義母が理解しない限り、これまでの距離感の関係に戻るのは難しいのではないでしょうか。

迷惑行為は思い切って通報!?

『今度自宅の敷地に侵入してきたら警察に通報してやれ!』

『義母が窓の隙間から覗いてきたり、庭に入ってきたりしたら警察に通報しなよ! それで義母になにか言われたら「そちらも通報しましたよね?」って言ってやれば? 蒙古斑を見て虐待と疑うということは、つまり嫁を信用していないってことだよね? だから「庭に入ったり、覗き見したりする=義母を信用してない」と同じようにしてみたら? 私だったらそうするわ』

「もしまた義母が家のなかを覗いてくるようなことがあれば、それこそ通報してしまってもいいのでは?」と皮肉の効いたコメントも集まったようです。もし本当に通報したとしたら「義母のことを信用していない」という強い意思表示になりえますね。実際に行動に移すかはさておき、奥の手として考えておくことで気持ちが少し楽になるかもしれません。

お子さんの蒙古斑をアザと勘違いされたことで義母と喧嘩になってしまった投稿者さん。大切に育てているにもかかわらずこんな誤解をされたら悔しくて悲しい気持ちになってしまうのも無理はないでしょう。幸いなことに旦那さんも「しばらく会わせなくていい」と言ってくれているということですから、今後は義母と距離を置いてもいいかもしれませんね。お子さんは生後半年、まだまだ大変な時期が続きます。義母の身勝手な言動で余計なストレスをため込まないためには付き合い方を見直し、旦那さんに窓口になってもらうのがよいのではないでしょうか。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・Ponko

関連記事

【前編】義母が子どもの蒙古斑をアザと勘違い。虐待を疑って通報された……
みなさんは義母と喧嘩したことがありますか? とてもいい関係を築けている方もいれば、顔をあわせるたびに義母と言い合いになってしまうという方もいるかもしれませんね。今回ママスタコミュニティにお悩みを寄...
義母からの孫差別発言?号泣したママに寄せられたのは同情だけでなく……?
祖父祖母が孫たちを平等に扱わない、いわゆる”孫差別”。ひと昔前まではなかったような言葉ですが、最近はママスタコミュニティでも当たり前のように使われています。それまではモヤモヤしたままやり過ごしてい...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
義母と喧嘩