いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

husband

【後編】幼い子どもたちだけで家の外へ!?昼寝していた旦那は反省どころか子どもにキレて……

「性格の不一致で限界」と旦那さんから言われた……。離婚するしかない?ママたちの答えとは2
自分から「土曜日は自分が子どもを見る」と言った旦那さん。しかし投稿者さんが仕事で留守中に一人で昼寝、放置された5歳と2歳の子どもが自分たちだけでママに会いに行こうとしてしまい……。幸い事なきを得ましたが、旦那さんが娘さんにキレているとの報告にママスタコミュニティのママたちも怒り心頭です。

頑張った娘にキレるなんて言語道断!

『旦那の仕事の疲れもわかるし、寝落ちして気が付かなかったのを百歩譲って納得しようとしたけど……。はぁ? お姉ちゃんを叱りつける? お姉ちゃんに「怖い思いさせたね、ゴメンね」って謝って抱きしめてやれよ』

『ありえない。「お姉ちゃんの気持ち考えろ!」って感じなんだけど。絶対にお姉ちゃんも不安だったはずなのに。下の子が寂しくて泣くから頑張ってたの、分かれよ……』

『無責任すぎる。何もなかったからお姉ちゃんに責任なすりつけてるものの、事故があったらどうしてたんだろ?』

どうして「パパが悪かった。ごめんね」の一言が言えないのでしょうか……。「外に出たら危ないから」怒っているのであればまだしも、そういうわけでもなさそうです。

旦那さんの信じられない言動がまだ続く!

投稿者さんから怒りの報告は続きます。

『私が帰宅してお姉ちゃんが全部説明してくれているときも、旦那はお姉ちゃんのことを「こいつ、嘘つきだから」とか「言ってること信用しなくていいよ」って私に言ってきてた。なんでこんなやつと結婚したんだろう。すごい後悔してる』

『旦那が開き直りはじめた。「土曜日、もう保育園預けてくれない? 子育て向いてないの、見ててわかるでしょ? 子ども自体、元々好きじゃないし」って言われたんだけど。眠気がふっとんだ』

そもそも自分から「子どもを見る」と言ったのに、そんな理由で開き直られても怒りしかありませんね。嘘つき呼ばわりされた娘さんの気持ちを考えるとやり切れません。

『ちょっとイライラのレベルじゃないね。反省せず逆ギレ。こっちまで頭に血がのぼりそうだわ』

『子ども作る行為だけ一丁前で何言ってんの! ならやるんじゃないよ! 母親だって子ども産んで当たり前に親になれるわけじゃない。みんなそれなりに努力してんだ。私が「子育て向いてない」って投げ出したらどうすんだよ? 「無責任」とか「母親なのにありえないって言うんだろ!」って言ってやりたい』

『普段から嘘つく癖のある人が、バレたくなくて相手を嘘つき扱いするんだよ。かなり悪質なタイプだよ。マジで離婚考えた方がいいよ。子どもに悪影響でしかない』

ついに離婚を決意!?ママたちの反応はさまざま

旦那さんのあまりにもひどい発言と態度に眠気もふっとんだ投稿者さん。ある決意を告げました。

『明日、旦那に「離婚したい」と言うつもり。向こうも承諾するはず』

『この件がなくても、離婚は実は視野に入れてた。もっと子どもが大きくなったらね。なんやかんやお姉ちゃんが旦那、好きだからさ。子どものために婚姻関係を続けていたところ』

今までも思うところがあったのでしょう。この決意を支持するママたちがいました。

『一時的な怒りとかじゃなく、家族に対する責任のなさを思えば、本質的に離婚を考える案件だね』

『今回のことがなくても、自分の娘をこんな風にいう男なんて父親の資格ないし、最低だから別れた方がいいと思う』

しかし一方で、怒りの勢いのままに離婚を告げようとすることにストップをかける意見もありました。

ちょっと待って……冷静に考えた方がいい

『待って。数日は頭に血がのぼってるだろうから、少なくとも1ヶ月はよく考えた方がいいよ。うちの旦那もとても子どもを任せられる状態じゃなかったけど、根気よく教えたら改善したよ』

『男の人は子育てしてもすぐに女の人のようにできなくて、やってもやっても認めてもらえない人が多いよね。性差は確実にある。今回のケースは、ほんと何事もなくて良かった。今後は絶対にあってはならないこととして夫婦で話し合うしかないよね。それもできない、したくない関係なら自立を目指して行くのみ』

『今離婚すると、賢いお姉ちゃんが責任感じちゃうかもよ。「私が下の子を連れ出したから」って。離婚は用意周到に賢くやった方がいいよ。昔、職場で「今8歳の息子が18歳になったら離婚する」と言ってる人がいた。「35歳までに正社員になって生活基盤をしっかり整える」って、実際に33歳で銀行の社員になってた。離婚するにしても、まずは社員にならないとね』

投稿者さんはパート勤務。離婚したとして、その後の生活も考えなければいけません。また旦那さんが父親として今は不合格だとしても、この先変わらない可能性がゼロとも言い切れませんね。離婚を切り出すのは熟慮のうえで……ママたちのアドバイスは投稿者さんにも届いたようです。

正直な気持ちを話し合いたいけれど……

その後の投稿者さんからのコメントには、一旦離婚を決意したものの迷う様子がうかがえます。

『「離婚したい」と明日旦那に話すけど、子どものことを考えたらもうすこし大きくなってからの方がいいのかなぁ』

『元々子どもが苦手なのは知ってた。自分の子どもは別だと思ってた』

『「まわりに子どもがいなくて面倒みたことがないから、接し方がわからない」と言ってた。明日また話し合ってみるよ』

旦那さんも家族を嫌っているわけではないのでしょうが、接し方や謝り方が分からなくてキレてしまったのかもしれません。これからどうしたいのか、どうなりたいのか、お互いが正直な気持ちを伝えてみることに立ち戻ってはどうでしょうか。

次の日の朝、投稿者さんから最後のコメントがありました。

『みんな、おはよう。あまり眠れなかった。旦那は5時起きで仕事行った……雨だし寒そう』

まるで投稿者さんの心の内を表しているかのような空模様。夫婦のこと、子どものこと、将来のこと……考えることが多すぎて眠れなかったのでしょう。今回の出来事は子どもの命にかかわるレベルだっただけに、投稿者さんの怒りがピークに達したのも当然です。投稿者さん自身も、このまま何事もなかったかのように過ごすのは無理と感じていると思われます。

しかし勢いに任せて離婚するのは避けるべきかもしれません。投稿者さんは「向こうも承諾するはず」と言っていましたし、きっと「離婚」と口に出せばその通りになるのでしょう。今はまだなんとか、話し合いの余地のある夫婦。家族が少しでも晴れやかな気持ちで生活できるよう、しっかり話し合い、将来に向けた行動を起こす必要がありそうです。

文・千永美 編集・しらたまよ イラスト・Ponko

関連記事

【前編】幼い子どもたちだけで家の外へ!?昼寝していた旦那は反省どころか子どもにキレて……
ある夜、ママスタコミュニティに怒りに満ちた投稿があがりました。 『今日、私はパートで旦那が5歳と2歳の面倒見てたんだけど、旦那が一人で昼寝したらしく、その隙に子どもが2人でカッパ着て長靴はいて私...
「子どもを見る=本当にただ見ているだけ」の旦那に気苦労が絶えない
結婚生活を送っていると、物事のとらえ方や生活習慣をはじめ、男女間の違いを実感するシーンは多いもの。なかでも育児をめぐっては、「ママの当然」が夫にとっては全くそうでないことがあると知り、愕然とするママも...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那に怒りがおさまらない