いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

PTA役員を免除される条件はどんなもの?ママたちの答えとは

PTA
子どもが幼稚園や保育園、小学校などに通い始めると、ママたちにはPTAや保護者会の役員などの仕事もあるでしょう。園や学校によって役員の仕事や決め方はさまざま。滞りなく役員が決められるように「役員を免除する条件」が明らかになっていることもあるようです。ママスタコミュニティに役員が免除される条件について質問がありました。

『役員免除のママ どんな理由だと納得する?』

妊娠中、赤ちゃんがいる、家族の病気や介護……。それぞれの家庭の事情が垣間見える

『新生児かな。今の私がそうだから』

『うちの学校は妊娠でも免除』

『介護、癌、歩かない赤ちゃん』

『妊娠中、新生児がいる、夫婦、子どもが病気、介護をしているなら納得するし免除になっている』

『妊婦さんや、赤ちゃんがいるお母さんは仕方ないかな思う。かわいそうじゃない? やっぱり大変だと思うもん』

『妊婦、新生児、目が離せない要介護者のいる家庭、病気でも診断書が提出可能な人。子どもの小学校が、これらの人たちを免除にしていたからそういうものだと思っていた』

『妊娠中(途中で離脱されたら困るから)と同居している家族に介護や障害者などがいる場合かな』

新生児がいる家庭や妊娠中のママ、家族の介護が必要という理由があれば役員免除となるところもありました。わかりやすい条件があれば、役員を免除された人に対しての不満も少なくなりそうですね。

一方で免除の条件がないところも……。

『どんな理由でも免除にならないので、結果一度も来なかったって言う人は毎年数人いる』

『基本的に、選ばれたらどんな理由でも免除にならない。なので、一度も来ない人や「日本語わかりません」とだけ言って来ない中国人ママもいたな』

明確な免除の条件がある一方で、どんな状況であろうとも役員の免除はされないところもあるようです。役員の仕事ができない、またはやりたくないために、一度も顔を出さない徹底した人も……。なり手が足りなくなってはじめて、免除の条件が検討されるのでしょうか。

不思議な免除ルール。納得できない人も

『シングルファーザーは免除されるのに、シングルマザーは免除されないから不思議に思っている』

『病気は入院じゃないと無理そう。新生児や介護もみんな、やってますよと言われそう』

免除されるルールがあっても、免除の条件に納得できないこともあるようです。親が1人だけ、という状況は同じであるにも関わらず、シングルファーザーは免除、シングルマザーは免除されない、というルールに疑問を呈するママもいました。また入院するくらいの病気でないと免除されないところもあるようです。役員を免除されるには、かなりハードルが高そうですね。

「できることをやる」の精神が大事かもしれない。お互い助け合おう

『○○だからできないじゃなくて、○○ならできるじゃ駄目なのかな』

『最初から「できません、やれません」じゃなくて、やれることをやってほしい』

PTAなどの役員は基本的にボランティアですよね。仕事とは違い作業しても、お金をもらえません。だからこそ「やりたい」という人が少ないのかもしれません。でも子どもたちが園や学校で快適な生活を送るために、また安全確保のために、PTAや保護者会は必要な組織である、とも考えられるでしょう。

役員の仕事を1年間まっとうできる自信がないとしても、最初から「できません」と突っぱねては、他の保護者の方に良い印象は持たれないでしょう。「今の自分にできること」や「協力しながらならできること」を伝えられたら、周囲の受け止め方も前向きになるのではないでしょうか。
それぞれの家庭の事情をひとつひとつに対応できない以上は「お互いさま」の精神で「できることをやる」。それが活動時間の負担と精神的な負担を減らす方法の、ひとつといえそうです。

文・しのむ 編集・木村泉

関連記事

小学校 に関する記事一覧
PTAや保護者会の活動が少なくて済む!?役員を引き受けるなら今年度が狙い目?
新型コロナウイルスの影響で、学校生活のスタートが遅れた2020年度。ようやく分散登校などの形で子どもたちの学校生活がスタートした今、保護者にとっての学校生活、PTAや保護者会もスタートしているよう...
PTAの役員をやらないママさんに怒り心頭!しかし相手側にも正当な理由がある
人とコミュニケーションをとる際に、一方は自分が正しいと思っていて、もう一方も自分が正しいと思っていることもあるはず。同じ物事でも立場や状況などによって“自分なりの正しい答え”は大きく異なります...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
役員免除のママ どんな理由だと納得する