いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<学童の先生>児童におやつをせがまれ「お金を払っていないからダメ」と言ってしまった【番外編】

前回からの続き。私は学童で働いています。放課後の児童たちと一緒に過ごし、宿題を見てあげたり、一緒にレクリエーションしたりしています。子ども同士のトラブルなど、ときには大変なこともありますが充実した日々を過ごしていました。

そんなある日、おやつの時間にアイスが出ました。毎日暑いので、みんな大喜び。すると「僕もアイス食べたい!」と食物アレルギーを持っている男の子が訴えてきました。
【番外編】食物アレルギーの児童。1

【番外編】食物アレルギーの児童。2

【番外編】食物アレルギーの児童。3

子どもたちに問い詰められてとっさに出た言葉とはいえ、お金のことを言うべきではなかったと反省。次の日、男の子のお母さんからお話があると電話がありました。昨日のことは誠意を持って謝ろう……。

するとお母さんが、プリントを出して机の上に置きました。そこにはアレルギーのことがわかりやすくイラストで描いてありました。
「アレルギーのことを、みんなに知ってほしいんです」

なぜ私がアレルギーについて、子どもたちに言えなかったのか……。それは、私自身も幼い頃から食物アレルギーで苦労してきたから。「好き嫌いしているだけじゃないの?」「ただの甘えだ」などと心ない言葉をかけられることもありました。アレルギーをネタにしてからかわれたことは、今でもずっと心にシコリとして残っています。
「……このたびは申し訳ありませんでした。アレルギーのことは子どもたちにもしっかり伝えていきます」

その後お母さんが描いてくれたイラストをもとに、学童でもアレルギーについてレクチャーしました。男の子のアレルギーを知った子どもたちは何かと気にかけてあげるなど、思いやりを持って接してくれています。アレルギーに悩まされてきた自分だからこそ、周囲の理解が深まるよう心がけながらこれからも頑張っていきたいと思います。

原案・ママスタコミュニティ 作画・猫田カヨ

【つぎ】の記事:<ママの家出>3人の子どもに嫌われる毎日。もう我慢の限界……!【前編】

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

我が子が犯人にされて1万円弁償 信じてくれない学校に対しママのとった行動は……
ある日、私の息子がみんなが遊んでいる広場を通りかかったとき、ガシャン! と窓ガラスが割れる音が。 すると同じクラスの息子の友達が、息子のところに走ってやってきて「これ貸してやるから!」とラジコンのコ...
<本当はアレルギー>おやつ禁止の理由を「お金を払っていないから」と言う学童の先生に【後編】まんが
前回からの続き。学童で出されたアイスを食べられなかった息子。食物アレルギーがあるためおやつの提供は受けていなかったのです。しかし学童の先生が「お金を払っていないから食べられない」と言ったと聞いて私はモ...
<本当はアレルギー>おやつ禁止の理由を「お金を払っていないから」と言う学童の先生に【前編】まんが
小学1年生の息子は、ある食べ物に対してアレルギーを持っています。万が一の事故を防ぐため、学童内での食べ物や飲み物の提供は一切できないことになっています。アレルギーの息子が食べるおやつや飲み物は、すべて...