いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

中学生の娘の不登校と向き合った半年間。たどり着いたある「考え方」

中学2年生の夏休み明けから突然学校に行けなくなり、娘は半年間不登校でした。
子供の不登校と向き合えた「考え方」とは_001

子供の不登校と向き合えた「考え方」とは_002

子供の不登校と向き合えた「考え方」とは_003
学校以外にも道はあることを徹底的に調べ、資料を請求しました。すると、いろいろな「生き方」が見えてきて、学校にこだわらなくてもいいんだと、私も娘も気持ちが楽になったのです。

私が休みの日には、散歩や食事など積極的に外に連れ出すようにしました。「学校に行けない」以外は、いたって普通に過ごした日々を経て、娘は中学3年生の新学期から学校へ行けるようになりました。
あのとき、スパッと休ませたのが良かったのかな……と、今は思います。
人の数だけ、いろいろな生き方があります。「不登校」と聞くとネガティブなイメージが先行してしまいますが、私は「娘の人生の選択肢が広がる出来事だった」と思えることができました。

充電期間を経て、再び歩き出した娘を心から応援しています。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・上野りゅうじん

上野りゅうじんの記事一覧ページ

関連記事

8年間学校に行かなかったわが子のその後、不登校に悩んだ私が意識してきたこと
子どもが学校に行けなくなったとき、真っ先に不安になるのは子どもの進路、そして将来のことなのではないでしょうか。学校に行けないのは我が子だけではない。そう頭で理解できても、実際のところ不登校を経...
ペットロスを乗り越えて……不登校の娘を支えた大切な存在がのこしてくれた希望
中学3年生の娘が大切に育ててきたかけがえのない存在……我が家のペットのハムスターが先日亡くなりました。 娘は中学1年生の終わりから学校に少しずつ行けなくなり、2年生からは完全に不登校になってしま...
いじめ・不登校 に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
お子さんが不登校から復学された方