いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】「〇〇菌」と呼ばれた男の子。小5のクラスで起こったあるいじめ

「A君菌」お調子者の男子が発したその一言からでした。

ほんの悪ふざけの言葉だったのかもしれません。でもクラスの雰囲気はそれから変わっていきました。
【後編】「〇〇菌」と呼ばれた男の子。
「これっていじめじゃない……?」そんな意識はクラスのみんなあったと思います。でも誰もA君とペアになることはありませんでした。だって「A君菌」がうつったって言われるから。次は自分が菌って言われてしまうから……。きっと、はじめはそこに明確な悪意はなかったはずなのに。クラスがA君をいない存在のように振る舞うようになっていきました。

【後編】「〇〇菌」と呼ばれた男の子。
クラスはA君が教室に来なくなった後も、まるで転校前と変わらない日常のようでした。A君の給食を保健室に運ぶ当番も最初は日替わりでクラスのみんなが運んでいましたが、しばらくすると固定のクラスメイトだけが運ぶようになりました。

【後編】「〇〇菌」と呼ばれた男の子。
あのとき、A君に話しかけることができていたら……。体育の授業で「ペアになろうよ」そう言えていたら……。A君菌と誰かが言ったときに「そんなつまらないこと、言うのやめなよ!」と、言えていたら……。どこかでA君の気持ちに寄り添えた瞬間はきっとありました。でも怖くてその一言を発することはできませんでした。

人から中傷されたり、のけ者にされていい理由なんてありません。しかし当時は私も、クラス全体が次は自分がターゲットになってしまうかもしれない……そんな見えない恐怖に支配されていたように思います。あのとき、ほんの少しの勇気を持てたなら……。大人になった今、より一層強く思います。

※この漫画は事実を元に作成していますが、完全なノンフィクションではありません。

脚本・編集部 作画・よしはな

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

【前編】「〇〇菌」と呼ばれた男の子。小5のクラスで起こったあるいじめ
これは私が小学校の頃に体験した出来事。今でもふと思い出します……。 A君は物静かな子で、すぐにクラスに馴染むような活発な子ではなかったけれど、絵が上手で休み時間になると自由帳を開いて絵を描いてい...
【中編】同性愛者の中学生の息子が不登校に……母としてできることとは
同性愛者の息子。お付き合いをしていたAくんとの関係がうまくいかず不登校になってしまいました。 息子との付き合いに戸惑ったAくんは、息子とのLINEのやりとりを男友達に見せました。そのことがきっか...
いじめ・不登校 に関する記事一覧