いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】育児に追われて友人をないがしろにした結果、待っていたのは後悔でした

私の誕生日に亡くなった友人A。
久しぶりにAの実家に送った手紙の返事をAのお父さんからいただき、訃報を知りました……。

【後編】育児に追われて友人をないがしろにした結果、待っていたのは後悔でした1
久しぶりに会ったAは昔の自信満々のAではありませんでした。
口数も少なく笑うこともなく、気まずいまま時間が過ぎ、そこから「また飲みに行こう」と連絡をしても返信がこなくなってしまったのです。

【後編】育児に追われて友人をないがしろにした結果、待っていたのは後悔でした2
こちらから何度連絡をしても返事はなく、みんなが集まるBBQなどのイベントにもこないA。私は出産・育児と日々を過ごすことで精一杯だし、連絡を取りすぎることは夫にもなんだか後ろめたいし……。
次第に連絡をとることさえなくなっていきました。「またAが立ち直ったら昔みたいに戻れるだろう」と考えていました。

【後編】育児に追われて友人をないがしろにした結果、待っていたのは後悔でした3何を思って私の誕生日を選んで亡くなったのだろう……。
私がAを助けてあげなきゃいけなかったのかもしれない。
私がもっとAのことに向き合っていれば、Aは今も生きていたかもしれない。
【後編】育児に追われて友人をないがしろにした結果、待っていたのは後悔でした4

この1か月、昔の写真データを見ながら後悔の気持ちでいっぱいになっています。
でもその写真も、みんなでたくさん撮ってたのは数年前まで。だんだん私も友人も子どもや家族の写真ばかりで……。
きっとAはこのころから寂しかったのかもしれないと思うと、また後悔して。
後悔ばかりで、胸がずっと苦しくて、叫びだしたい気持ちで日々を過ごしています。

返事をくれなくても連絡をし続けるべきだった。
もっと早く手紙を出していればよかった。無理やりにでも皆で会いに行けばよかった。
「Aを必要としてる人間がちゃんといる」って私が動いて伝えないとダメだった。

みなさんにも大切な人がいるのなら、自分の生活が忙しいと言い訳せず、その人が心の底では何を求めているのか、自分にどうしてほしいのか、微かなSOSを見逃さないようにしてください。私の様に取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

大切な友人を失ったことと、それに気が付けなかったことが……今もとてもつらいです。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタBBS 脚本・物江窓香 作画・ちょもす

ちょもすの記事一覧ページ

関連記事

【前編】育児に追われて友人をないがしろにした結果、待っていたのは後悔でした
私には高校生のころから15年以上、ずっと一緒に過ごしてきた友人たちがいます。男女問わず仲が良く、よく飲みにでかけたりBBQをしたりと、大人になってからもみんなで仲良くやっていました。私はその中の1人と...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
どうしよう……旦那の育児レベルが高すぎる…… #旦那が大好き
旦那の育児への参加は産後促していくつもりだったので、正直そこまで期待はしていなかったのですが、まさかの大当たりだったのです! 沐浴も寝かしつけもネットや友達の口コミなどを駆使して、便利な...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
友人の死が受け入れられません。