いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

母の愛情が詰まったランドセルを手離して後悔……数年後に起きた思いがけない出来事

子どもの頃、我が家はお世辞にも裕福とは言えない家庭環境でした。母子家庭で母は一所懸命働き、私は保育園に通っていました。毎日走って息を切らしながらお迎えに来てくれる母を心待ちにしていました。休みの日に母と一緒にゆったりと家で過ごす日が何よりも幸せで、家計は貧しかったけれど、母の愛情に溢れた日々に「寂しい」という感覚はありませんでした。母の愛情が詰まったランドセルを手離して後悔……数年後に起きた思いがけない出来事

母の愛情が詰まったランドセルを手離して後悔……数年後に起きた思いがけない出来事

あの時、お母さんの言葉を押し切ってでもあのランドセルを使えばよかった……。お母さんが私のために一生懸命準備してくれたランドセル……。お金にかえることができない「愛情」という価値が、この高級なランドセルよりもあったものを手離してしまった後悔を、いまでも覚えています。お母さんにとっては「ちゃんとした」ランドセルだったかもしれないけれど、私にとってはお母さんがくれたランドセルの方が何倍も「ちゃんと」していたんだよ……。
母の愛情が詰まったランドセルを手離して後悔……数年後に起きた思いがけない出来事

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・ももいろななえ

ももいろななえの記事一覧ページ

関連記事

「ランドセル選び」は難しい!年々増えるバリエーションと子どもの好みの変化 #ママの心の葛藤
入学準備で必要なものと言ったら「ランドセル」ですよね! 長男(現在高2)がランドセルを買ったときは 色のバリエーションもあまりなく、 本人の希望で黒一択で楽チン。 しかし年々カ...
「女の子のランドセルは赤じゃないとダメ?」娘の素朴な疑問に気付かされたこと
脚本・rollingdell イラスト・よしはな...
ランドセル購入でママ友と一波乱……同じものを買ったら真似したと責められた
ママ友Aから真似するなと言われたものの冗談めいた発言だったし、黒いランドセルだから誰かは被るだろうと思い、特に気にもしませんでした。その後、わが家もランドセルを購入することになりました。デパートの...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
きちんとしたランドセルが欲しかった