いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】価値観の違うママ友に振り回されて辟易……ママたちから寄せられた鋭い指摘やアドバイスとは

無題2074
「価値観の違うママ友に振り回された」と憤る投稿者さん。イベントにいく時間を決めるための連絡が遅かったり、当日にキャンセルをされたりと、相手のおっとりとした様子が自分とは合わないと考えている様子です。「自分がテキパキとしているので、相手は嫉妬しているのだと思う」と考える投稿者さんは、相手のママ友に対してさらに思うところがあるようです。

「暇なのになぜすぐ返事をしないの?」の言葉に……

『暇なんだからLINEの返信くらいすぐにして! と思います』

投稿者さんの本音としては「家事に育児に忙しい自分とは違ってママ友は暇なのだから、すぐに返信してほしい」とのことだそう。しかしこのひと言に対してママたちからは非難の声があがりました。

『暇かどうかはあなたが決めることじゃないよ。あなたが人よりせっかちなのかもしれないよ』

『なんで暇だってわかるの? 仕事をしていないから暇だと思うの? 自分が苦労しているからって、相手にも苦労させたい、苦しんでもらいたいというのはおかしい』

『発言のところどころに本音が出ちゃってるよ。「自分は家事も育児も大変なのに、ママ友はゆったりと家のことをして過ごしている」とか、「自分は早くからひとり暮らしをして何でも自分でやってきた」とかさ。心のどこかで「私はこんなに大変なのに!」っていう思いがあるから余計に引っ掛かるんだと思う』

「相手のママ友が仕事をしていないからといって、暇だと決めつけるのは偏見では?」とのコメントが寄せられました。相手のママ友はおっとりしているように見えるだけで、実はとても忙しいプライベートを過ごしているかもしれません。よその家庭のことは知りえない事情や環境もありますよね。ママたちからは投稿者さんに対してさらに厳しい意見もあがります。

『なんだか人生経験が浅そうね。自分のことばっかりじゃなくて、まわりをよく見て人の気持ちも察することができるようになるといいね』

『自分のことを何もわかってないね。相手のことを羨んでいるのは投稿者さんだよ。そうじゃなきゃこんなにダラダラ相手のこと書かないよ。相手は投稿者さんのことは気にもしてないと思うけどね』

「相手が自分に嫉妬している」と話す投稿者さんでしたが、「相手を羨んでいるのは投稿者さんのほうでは?」との鋭い指摘も寄せられました。投稿者さんがママ友のことを詳しく語る様子をみて、ママたちはそう感じたのでしょう。

投稿者さんとママ友は、とにかく合わないのでは?

ママたちからシャープな意見が飛び交うなか、中立的なコメントも集まったようです。

『合わないんだろうね。世の中にはいろんな人がいるから……』

『いろいろな人間がいるんだもん、合う・合わないがあって当然だよ。今回はお互いに合わなかっただけ』

『とりあえずそのママとは生き方、生活の中の価値観などが合わないとわかったんだから、挨拶と立ち話くらいの関係を保っておけば差し障りないと思うよ。私は価値観もわからないようなその程度の仲で、子どもありでもどこかに行こうとか約束したり、一緒に行動しようという頭がない。お互い気を使って、疲れるだけじゃん』

世の中にはたくさんの人がいますので自分にとって合う人、そして合わない人がいるのは当然のことでしょう。投稿者さんにとっては、ママ友は合わない方だったのかもしれません。性格の違いでイライラしそうになってしまったときは、「どちらが良いか悪いかではなく、ただ合わないだけ」と考えるだけでも少し気持ちが落ち着くのではないでしょうか。

無理せず、距離を置いてみてもいいのでは

『合わないと思ったら徐々に距離を置くかな。これからも合わないなと思うことがどんどん出てくるよ』

『価値観の違う人はたまに話すと刺激があるけれど、近づき過ぎると疲れるね。イベントとか長いあいだを共にすることは避けて、ランチとか立ち話とか、それくらいにしておいたほうが無難かなと思うよ』

『生き方が合わないんだよ。そういう人とは無理せず、挨拶程度にとどめておいたほうがお互いのためだよ』

『合わないなら無理に合わせなくていいんじゃない? フェードアウトで』

もしどうしても性格が合わずにストレスになってしまう場合には、そっと距離を置いてみるのもひとつの手かもしれません。いつも一緒にいるのが苦痛になるときには、あえてあいさつ程度の仲にとどめておくのもいいでしょう。お互いの心地よい距離を知ることで、よりよい関係が築けるかもしれませんね。

性格が合わないママ友にイライラしてしまった今回のケース。前々から「合わない」と思っていた気持ちが、ちょっとしたことで爆発してしまったようにも見えますね。もしも一緒にいるのが難しいと感じるようになったら、まずはお互いの性格や生活環境、そして考え方などの違いを理解してみましょう。それでも合わないと感じるのであれば、ちょうどいい距離と感じるまで離れてみるのもいいかもしれません。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美

関連記事

前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
【前編】価値観の違うママ友に振り回されて辟易……ママたちから寄せられた鋭い指摘やアドバイスとは
身近な人との価値観が合わないと感じたことはありますか? その違いが刺激になって楽しめることもあれば、時にはそれが原因でイライラしてしまうこともあるかもしれません。特にママ友のような微妙な距離感の人...
価値観が違うママ友とギクシャクしている上に他のママ友も加わってややこしい関係に。こんなときどうすればいいの?
ママ友付き合いについて、あるママから投稿がありました。 『入園前から一番仲良くしていたママ友。今も嫌いではないけれど、価値観が違うのがだんだんつらくなってきた。そのママも同じように感じていて、最...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
振り回された…価値観の違うママ友