いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】10年以上前に不倫した旦那。今でも旦那と揉めるたび不倫ネタを持ち出してしまう…… 

01
10年以上前に不倫をした旦那さんをいまだに責めてしまうというママさん。このようなママさんのふるまいを疑問に思うママもいるようでこんな意見が寄せられました。

別問題が起こるたびに不倫を引き合いに出すつもり?

『傷なんて癒えないよ。私も8年前にそんなことがあったけれど、未だに思い出すし許せないと思うこともある。でもやり直すと決めた日から、この件についてはもう何も言っていない。別件で腹が立つこともあるけれど、それとこれとは別だし、そこを責めるのは違うと思うから』

『確かに旦那が悪いけれど、やり直すと決めたのに10年も事あるごとにネチネチ言われるお説教タイム、心が病むよ。家ですら安らげないなんて、私なら耐えられない』

ママさんは旦那さんの態度が腑に落ちないときには、過去の不倫のことを引き合いに出して怒りをぶつけてしまうとのことです。でもその時に怒りを感じていることと、過去の不倫は関係がないことでしょう。そこには明確な線引きが必要だと考えるママたちもいました。

またママさんがずっと旦那さんに対する怒りが冷めないことから、これまでとはちょっと違う意見も出てきました。

まだ旦那さんへの愛情が残っているんだね

『まだ好きなのね』

『10年間責められるのは、逆に旦那のことがそれだけ好きということなんじゃない? 興味がなくなったらお金を稼いできてくれるATMと割り切れるし、責める労力を使うのも無駄に感じるはず』

旦那さんに怒りをぶつけるということは、それだけ旦那さんのことが気になるのではないでしょうか。もしかしたらママさんは、今でも旦那さんのことを思っていて、好きだからこそ反省をしていない旦那さんにイライラしてしまうのかもしれません。

離婚にも踏み切れない、でも許すこともできない。判断ができない自分が嫌

『私ももし浮気されたら、ママさんみたいになるだろうな。離婚するのも腹が立つし一緒にいても許せない、そんな自分を嫌になりそう。きっぱり離婚と割り切れる性格にはなれない。忘れられる日がくるといいね』

『夫婦でいる以上、一生言い続けたらいいと思う。それだけのことをしているんだから』

『自分と同じような人がいて、ちょっと救われた。私もたまに思い出しては嫌な気持ちになり責めてしまう。でも責められることをしているじゃないと思いながら責めてしまう自分も辛いよね……』

不倫によって深く傷ついているわけで、旦那さんを責めることをやめられないママさんに肯定的な意見もあります。でも「責められることをしたのだから」というのはまるで旦那さんの弱みにつけこむようで、ママさん自身が辛いのではないでしょうか。ママさんもこんなコメントを寄せています。

『責め続けていると、自分が正しいことを言っているのかもわからなくなってくる』

『責めてる自分が更に傷付いてますね』

旦那さんに不倫をされても離婚をしないで、10年以上事あるごとに旦那さんを責めてきたというママさん。この後でママさんが旦那さんと離婚をしたのかはトピックからはわかりませんでした。でもママさん自身、自責の念を抱いているようですから、他のママたちからのアドバイスにもあるように、思い切って離婚をして旦那さんと離れてみて気持ちを整理するということを選択肢に入れてもよさそうですね。

文・川崎さちえ 編集・blackcat イラスト・Ponko

関連記事

【前編】10年以上前に不倫をした旦那。今でも旦那と揉めるたび不倫ネタを持ち出してしまう…… 
10年以上前に旦那さんが不倫をしていたというあるママさんがママスタコミュニティに投稿を寄せてくれました。離婚はしなかったそうですが、どうやら今でも許すことができないようです。 『不倫した旦那を、...
【前編】旦那の不倫が原因で夫婦生活がなくなって3年。ある日旦那が泣き出した
旦那さんの不倫が原因で夫婦生活に亀裂が……。あるママからこんな投稿がありました。 『3年前に夫に不倫をされて、もうセックスできないと夫に言いました。「こんな俺と再構築してくれるなら我慢する」と夫...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
不倫した旦那を10年以上たっても責め続けている