いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】1歳になった娘の慣らし保育。ママの葛藤と覚悟 ~園長先生の場合~

義母に保育園に可哀想と言われても、仕事を辞めたくないママ。

保育園に子どもを預けることに悩んでいるママはたくさんいます。

そんなママたちへ、私は園長とこう伝えているのです。

蠕檎キィ_01
だから私は、悩んでいるママには「後悔のないようにね」って言ってるの。それで退園してしまうママもいるから、保育園の経営者としては失格なのかもしれない。それでもいつまでも悩んで立ち止まっている方がママにとっても、子どもにとっても良くないと思うのよ。

前にこの言葉をかけた女の子のママ、ゆきえさんはあれから少し経って仕事を辞めて、娘ちゃんも保育園を退園していったわ。それはそれでとても寂しいけれど、たまに街で見かける二人はとっても楽しそうで、安心しているの。娘ちゃんが幼稚園に入ってからゆきえさんがもう一度働き出したみたいって、風の噂で聞いたわ。あのときのゆきえさんは、とっても不安そうな顔をしていたから、本当に良かった……。

あの頃、同じように毎日泣いていた女の子のママ、さちこさんは頑張って仕事を続けて、ほどなくして娘ちゃんは保育園に慣れていったの。今では、保育園一元気な園児になっているのよ。ママがお迎えに来ると「えー! ママ、もう来ちゃったの?」って言ってるくらい(笑)。ママさんと「あの泣き叫んでいた頃が懐かしいですね」なんて冗談を言えるくらい、すっかり保育園が第二の家庭みたいになってくれたみたいね。
ふたりとも、本当に良かった……。
保育士としては、ママや子どもたちに「保育園で過ごした生活がよかった!」と言ってもらえると、本当に嬉しくて、あぁ頑張って良かったなぁって思うの。でもね、「保育園に子育てを丸投げ」じゃなくて、あくまで「子育てのパートナー」として見ていて欲しいのが本音ね。「全部プロがやってくれたら楽!」というより、共に子育てを頑張る仲間……みたいな感じかしら。
ちなみに私は、自分の子どもが小さいうちはずっと一緒にいたくて、一時現場から離れて子育てに専念していたわ。そういうタイプの母親は無理に保育園に入っても逆にストレスをためちゃうのよね。

蠕檎キィ_02

蠕檎キィ_03
そのために私たち保育園のチカラが必要であるのならば、喜んで支えさせていただきますよ。
全国のママさんたち、どうか頑張りすぎないでくださいね。

※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタBBS 脚本・渡辺多絵 作画・nakamon

nakamonの記事一覧ページ

関連記事

【前編】1歳になった娘の慣らし保育。ママの葛藤と覚悟 ~ゆきえの場合~
娘が1歳になり職場復帰した私は保育園に娘を毎朝預けに行くのですが…… 夕方になり急いで迎えに行くと、私の顔を見るなり泣きながらヨチヨチ歩きで近づいてきます。その姿を見ると心が痛み、娘を思いっきり...
【中編】1歳になった娘の慣らし保育。ママの葛藤と覚悟 ~さちこの場合~
納得する育児をするために仕事を辞めたママもいる。 私の場合は……。 あぁ……今日もきっと泣くんだろうな……。私は毎日娘を保育園に預ける瞬間がとても憂鬱なんです……。 そし...
働くママ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタジアム
慣らし保育中なんですが
一歳から保育園入れて良かった