いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

散髪をイヤがって泣きわめく子ども。恐怖心を取り除くためのアイデアはある?

pixta_29538101_M

美容院に行くのが好き、というママは少なくないかもしれません。”伸びたから切る”という大義名分(?)のもと、子育てという日常から離れた至福のひとときを過ごしているように感じることもあるのでは?

しかし子どもはそうもいきません。なかには髪を切ることがイヤでたまらない子もいるようです。

散髪を嫌がって泣く子ども。動画やごほうび、いろんな手を試したけれど?

あの手この手を使って散髪しようとするママに対し、散髪を嫌がり、あの手この手で対抗してくる子ども。ママスタBBSにアップされた、お悩みです。

『4歳の息子が散髪をイヤがって泣くんだよね。寝ているときに切ろうとすると、絶対に起きて泣く。動画を観せても、泣いてイヤがる。どうしたらよいんだ』

他のママたちからいくつかの提案が寄せられましたが、どれもすでにお試し済のアイデアだったようです。

『子どもが喜びそうな美容院とか。近くにない?』

これに対し投稿者さんは、

『座席が車の乗り物型の美容院があるんだけど、行きたくないんだって。一度興味を示したから「髪を切るところだよ」と言ったら、「じゃあ、行きたくない」って』

子どものヘアカット専門店、キッズルームのある美容院もありますが……。いくら楽しそうでも、髪を切るのはイヤなのですね。

『終わったあとで、ごほうびをあげるとか?』

投稿者さんもごほうびをあげたことがあるそうです。

『前回は終わったあとに知育ブロックを買った。でも毎回それだと……ちょっとね』

たしかにそうですね。子どもの髪が伸びるのは、大人にとっては意外と早いものかも。いくらオモチャを買ってもキリがなさそうです。

『切っている横で、めっちゃほめてみる。「え、すごい。どんどんカッコよくなってるよ!」って 』

『うちの子は単純ではじめての散髪のときほめまくったら、すっかりよい気になっていたよ。本人はなにがイヤと言っているの?』

これらの提案にも投稿者さんは、

『”めちゃほめ作戦”もやっているんだけど、多分聞こえていない。そのくせハサミの”ジョキ”って音はよく聞こえるみたいで泣きわめく。なにがイヤなのか聞くと、「痛いから」って。もちろん本当には痛くないけど、そう思い込んでいる。たぶん髪を切る音と、切った髪が肌にチクチク刺さるのがイヤなんだと思う』

思いつく限りのさまざまな手を試してみたであろう、投稿者さん。「お菓子を食べながら切る」という新たなアイデアが出ると、「やってみる!」と即反応。効果のほどは試してみないとわかりませんが、ワラにもすがりたい気持ちなのかもしれません。

子どもの怖がる気持ちをひとつずつ解決していく。最終手段は?

「散髪するのが、なんとなく怖い」くらいの軽く嫌がる程度の子なら、ママたちが挙げてくれたアイデアで解決することもありそうです。ただ投稿者さんの「絶対泣く」とのコメントを見る限り、お子さんはかなりの重症。まずはママが想像しているお子さんの「怖い」という気持ちを解消してあげる必要がありそうですね。

「ヘアカットは楽しいものだよ」と親が働きかける

散髪することは、怖いものではない。まずはママパパがヘアカットして楽しげにしている様子を、見せてあげてはどうでしょうか? またはママパパのどちらかが抱っこして安心させながら、もうひとりが切る。抱っこをして話しかけながらであれば、お子さんの気も紛れそうです。

ハサミの音を消す!

ハサミの音が怖いのなら、投稿者さんが試したようにお気に入りの動画を観せるのもよさそうです。さらにはいっそハサミを使わない、という手もあります。髪をすくタイプのカミソリやカッターなら、ハサミほどの”ジョキッ”という大きな音もなく使えるはず。100円均一ショップでも販売しているようなので、探してみてはいかがでしょうか?

髪が肌にあたるときのチクチクをなくすために

肌に髪が当たったときの”チクチク”解消には、フェイスガードはどうでしょう? 切った後の髪が顔に落ちずにすみますね。顔の近くを覆うのが怖いのであれば、サンバイザーやシャンプー用の帽子などでも代用できるかもしれません。切った髪が耳へ落ちるのを防ぐには、美容院でヘアカラーのときなどに使う、耳用キャップがよさそうです。

それでもどうにもならないときの最終手段は……?

強引に切ろうとすると、恐怖感はさらに増していくこともありそうです。あらゆる便利グッズを駆使しながら、少しずつでも不安を取り除いていってあげられればよいですね。

また、なかにはこんな大胆な提案も。

『そのまま伸ばしっぱなしで放置。きっと見た目が「女の子みたいでイヤ」となって、「切って」ってなるよ』

ロック好きの少年のようで、カッコよいかもしれません。将来ロングヘアの自分の写真を見て「こんな時代もあったね」と、苦笑いするような思い出にもなりそうです。

文・鈴木麻子 編集・しらたまよ

関連記事

子どもの髪のカットは難しい!子どもが苦手な美容院を2ヶ月かけて克服した道のりとは
息子ちぃくんは、注射をするところである病院、歯の定期健診やクリーニングをする歯科医院は平気。しかし同じ"院"がついても、痛いことも怖いこともまずない美容院だけは苦手らしく、私の悩みの種となって...
自宅で子どもの髪を切りたい!美容師さんに聞いた「自宅カット」のコツとは?
子どもがおとなしく座っていてくれない、騒いでしまう、あるいはママが出かけられない……。さまざまな理由で美容院に行けないこともありますね。伸びてきた子どもの髪を自宅で切りたいとおもっても、髪のプロフ...
30代40代の前髪ありなママたち「丸顔は前髪を作ったほうがいい」というのは本当?
テレビや雑誌で取り上げられている美容情報を見ると、あれこれ試してみたくなるママも多いのではないでしょうか。ただトライして失敗する前に他の女性の意見を聞きたいと思うこともあるはず。あるママさんは自身の前...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
散髪を嫌がる子供