いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

自分でおしりを拭くのが「絶対イヤ!」だった5歳の男の子、できるようになったキッカケは?

トイレトレーニングの集大成ってなんでしょうか?
私にとっては「子どもがうんちの後、自分でおしりを拭けるようになる」ことでした。

長男・太郎が保育園の年中さんの頃、担任の先生から「そろそろトイレでうんちしたときに自分でおしりを拭けるよう、ご家庭でも練習してみてください」と言われました。
実は太郎は自分でおしりを拭くことに抵抗がある子だったのです。
先生には「お風呂で本人におしりを洗わせたりして、おしりに触ることに慣れさせることから始めるといいですよ」とアドバイスされました。
ですが……。

自分でお尻を拭くのが「絶対イヤ!」だった5歳の男の子、できるようになったキッカケは?

本人に全くやる気がなく、そもそも「練習開始」ができない状況が続きました。
どうしたものか……と思っていたある日、私、太郎、次男・次郎の3人で入浴中のこと。

自分でお尻を拭くのが「絶対イヤ!」だった5歳の男の子、できるようになったキッカケは?

自分でお尻を拭くのが「絶対イヤ!」だった5歳の男の子、できるようになったキッカケは?

自分でお尻を拭くのが「絶対イヤ!」だった5歳の男の子、できるようになったキッカケは?

この一件のおかげで太郎は自分でおしりが拭けるようになりました。(まだ甘えて「お母さんが拭いて!」と言ってくることもありますが)

まさか遠隔でレクチャーすることになるとは思ってもいませんでした。(もし手にうんちがついたら大惨事ですし)
しかし今思えば「自分でやるしかない!」という状況になったおかげで太郎は一歩踏み出せたんじゃないかなと思います。
「初めて自分でうんちを拭くところ」を見届けられないなんて、親としていろいろな意味で不安でしたが、太郎にとっては良い経験になったようです。

文、イラスト・おんたま

おんたまの記事一覧

関連記事

「お母さん、笑って?」我が子に言われて気づいた自分の表情
次男の次郎が2歳の時のことです。やんちゃで天真爛漫な次郎は、1歳上の兄と遊び始めると夢中になって我を忘れてはしゃぎます。 毎日毎日同じ注意をするたびに、私もイライラが募っていたのだと思い...
「一枚でいいのにつながりすぎる」便利なおしりふきとママの戦いとは?
文、イラスト・おんたま ...
はしご登園終了、次男も長男と同じ保育園に!慣らし保育中に知った長男の気持ち
昨年、長男・太郎は認可保育園、次男・次郎は小規模保育園と別々の保育園に通っていました。本当は2人とも同じ保育園に通わせたかったのですが、私たちの住まいは保活激戦区にあるため、希望が叶わず……。次男を小...