いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】食器を洗い場まで片付けない旦那にイライラ……習慣化するためのいい方法はある?


旦那さんが自分で使った食器を、食後に洗い場まで運ばないことにイライラを募らせている投稿者さん。小さいころから慣れ親しんできた環境や今までの習慣などもあり、旦那さんは食器を下げるのをつい忘れてしまうのかもしれませんね。投稿者さんは旦那さんが食器を下げるのをなんとか習慣化したいと考えているようですが、果たして効果的な方法はあるのでしょうか?

根気よく、怒らず、習慣がつくまで都度注意する!

『食べ終わって旦那さんが席を立つときに「食器を片付けてねー。ありがとう」と促せばいいだけではないの? 何の感情もなく、玄関を開けたら「ただいまー」と言うのと同じ要領で、特に喜怒哀楽を付け加えることなく「片付けてねー」と言えばすべて解決です』

『1回言っただけでピタッと変わる人のほうが少ない気がするよ。旦那さんにとってそれが当たり前で育ってきちゃったんだろうから、変えたいなら都度言ったほうがいいと思う。それも嫌そうに言うんじゃなくて普通に、「洗うから流しに持って行ってねー」とごく普通に』

『食後に食器を下げて欲しいなら、毎回言えばいいのよ。「毎日同じことを言ってるのに!」って怒っちゃダメよ。習慣づくのには長期間かかるからね。根気よく! 子どもに諭すみたいに優しくね』

『食後にお皿を下げずにどこかに行こうとしたら、「自分のお皿は自分で下げましょう!」とサラッと言えばいいじゃん。子どもに言うみたいに。そしたら「あ、ごめんごめん!」で済む話よ』

とてもシンプルかつ地道な方法ですが、効果的に見えるのがこちら。旦那さんが食器を下げずに別のことをしようとしたら、すかさず「食器を下げてね」と促す方法です。毎回声掛けをして食器を下げるのを習慣化することで、そのうちにわざわざお願いしなくてもすんなりと片付けてくれるようになるのではないでしょうか。その際にはあえて軽く声掛けをすることで、余計なトラブルに発展するのを防げるとの声もありました。何度言っても片付けてくれないとイライラしてしまうかもしれませんが、「怒らないで言い続ける」ことがポイントなのかもしれませんね。

洗い物をしているときに声をかける

洗い物をしているときに、食器を持ってきてもらうようにお願いすると答えた方もいました。

『私は洗い物しながら「一緒に洗っちゃうから持ってきて」って声をかける』

『投稿者さんがお皿を洗いながら、「ごめん、ちょっとお皿を持ってきてくれるー? 忘れちゃってた!」と、心のなかで「コノヤロウ」と思いながら言うといいよ!』

『自分が洗い物をするときに、「ちょっと食器を持ってきてー」と毎回言う』

洗い物をしているまさにそのタイミングで「持ってきて」とお願いすれば、自然な流れで持ってきてくれそうです。このときにもあくまで軽くお願いするのがポイントのよう。心のなかで旦那さんに対して「まったく……」と呆れていても、ニコニコと機嫌よくお願いすることで旦那さんも気持ちよく食器を下げてくれるのではないでしょうか。賢いみなさんは旦那さんに快く動いてもらうための上手な術を知っているのですね。ぜひ参考にしたいものです。

投稿者さん、がんばれ!温かいエール

「まだ新婚3ヶ月目なら、これから旦那さんの習慣を変えることもできる」と励ますコメントも並びました。

『投稿者さん、新婚3ヶ月でしょ? 今ならまだまだ旦那さんの行動を変えられるよ。今からあなたが旦那さんにキチンと言っておくことは、あなたのためだけじゃなく、旦那さん自身の為でもあるから。私はスタートのときにちゃんと言わなかったせいで、年を取った今になって苦労しています……。頑張って! 決して怒っちゃダメよ』

『軽く言えば簡単に済むことだし、イライラしたりわざわざ嫌な雰囲気にしちゃうのはもったいないよ! 言い続ければそのうち自分でしてくれるようになるでしょう。まだ新婚3ヶ月。旦那を育てるのは今だよ!』

『イライラするけれど、いま旦那さんに言っておくと後から楽だよー! 頑張って!』

結婚生活を長く続けているみなさんからは「旦那さんにすすんでやってほしいことは最初にお願いしておくと、そのあとがすごく楽になる」とのアドバイスも寄せられました。お互いに「合わない」と感じる生活習慣や、どうして直してもらいたい部分がある場合には、なるべく早めに伝えておくのが重要なのかもしれません。長い夫婦生活をお互いにストレスなく過ごすためには大切なことなのでしょうね。

投稿者さんご夫婦は結婚して3ヶ月目の、まだまだ新婚ホヤホヤのご家庭です。夫婦2人での生活は始まったばかり。ひょっとしたらまだまだ相手の行動に違和感を覚えるシーンが出てくるかもしれません。もしもお互いに気になることや「こうしてくれたら助かるな」と感じることがあるならば、相手にそっとお願いしてみてはいかがでしょうか。2人の「当たり前」をできるだけすり合わせていくことで、これからの結婚生活がより楽しいものになりますように。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・わたなべこ

関連記事

【前編】食器を洗い場まで片付けない旦那にイライラ……習慣化するためのいい方法はある?
病めるときも健やかなるときも……と、どんなに強く永遠の愛を誓い合った夫婦でも、当然ながら元をたどれば他人同士。一緒に暮らしはじめてから相手の「常識」に唖然、という話は珍しいものではないでしょう。今...
旦那が家事育児をしてくれない!専業主婦から仕事を始めたママ 家庭がうまく回る分担方法とは?
専業主婦を卒業して働きはじめるとき、育児休業から復帰するとき、あるいは旦那様との家事・育児の分担はどうしますか? 事前に分担していたとしても、働き始めてから思いのほか一方の負担が大きく、疲れが...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
旦那よ、自分で使った食器くらい自分でキッチンへ運べ。