いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

手がかからないはずの中学生。そのママが社員にならない切実な理由とは?

pixta_25443531_M

子育てと仕事。働くママたちにとって、この両立は永遠のテーマかもしれません。小さな子どもを育てるママは、「この子が大きくなったら、働きに出よう」「もっと大きくなったらバリバリ働こう」と想像することもあるでしょう。ただ現実はどうでしょう? ”自分で自分の世話ができる年ごろ”であろう中学生にでもなれば、ママは仕事に集中することができるのでしょうか?

中学生なんて、もう手もかからないはず。どうしてパートを選ぶの?

小さな子どもを3人育てながら正社員で働いているというママから、こんな投稿がママスタBBSにありました。

『新しく職場に入ってきた、パートの人。我が社は基本的に正社員のみなので「どうしてパートなの?」と聞いたら、「中学生の子どもがいるから」と。「社員だと残業もあるし、みんなが仕事をしていたら帰社しにくい。帰宅して夕食を作って塾に送っていくのが大変で、時間がない。子どもが高校生になったら社員になるかも」って言ってたけど……。中学生って、そんなに手がかかるもの?』

投稿者さん自身は仕事と育児を両立させているだけに、よけい不思議に感じたよう。

このトピックに続々と集まってきたのが、実際に中学生を育てているママたちからのコメントでした。

『子どもが小さいうちのほうが、ラク。まわりも「お子さん小さいから」っていろいろ気にかけてくれるし、まだかわいいしね。貯金もしやすい』

『小さいころとは別の意味で手がかかるんだよ。うちも息子が中学生のとき職場から「勤務時間を遅くして」ってお願いされたけど、息子がやんちゃだったから好き勝手されたら困ると思って断った。保育園や学童に預けていたほうがラクだったよ』

『小学生のときより、中学生のほうが大変だわ。やることも多いし、精神的にもきつい。小さいころはかわいいし、行動範囲も把握できるからラクだったな』

「保育園時代が一番ラクだった」という声が続々とあがりました。

子どもの予定に合わせ、スケジュールは分刻み。多忙な中学生親子

中学生のママたちを忙しくさせているもの、それはズバリ子どもの「部活動・塾・習いごと」のフォローです!

『塾のある夜と、試合がある土日が大変。ひとりっ子ならまだよいけど、きょうだいがいると塾のある曜日も違う。昔みたいに塾も部活も子どもがひとりで行って帰る、っていう時代じゃないんだよね。小さい子なら、夜に出かける用事なんてそうないでしょ?』

『うちも上は高校生、下は中学生だけどパートで働いているよ。塾や部活の送迎もあるし、それぞれの部活で汚れるから洗濯物が山ほど出る。毎日5回も洗濯機を回しているよ。試合の送迎とか、やることはいくらでもある。子どもが小さかったころより、忙しいよ』

『私は社員だけど、17時の定時でさっさと帰っています。急いで帰宅して夕食作って、塾の日は部活で時間ギリギリだから学校まで迎えに行く。車の中で夕食を食べさせて、そのまま塾に送るというのが週3回。土日に試合があれば早起きして弁当作って、現地まで送迎。休む暇なしだよ』

子どもの予定に合わせて「分刻みのスケジュールで動いている」というママも多数。ただそうしたコメントに対して、辛口の意見もありました。

『中学生にもなって、ひとりで塾にも行けないのか? どんな過保護やねん。しかも中学生の部活の遠征を、なんで親が送迎するねん(笑)』

たしかにもう自分のことは、自分でひと通りできるはずの中学生。ひとりでどこだって行くこともできそうですが……?

『地域によるよ。田舎は街灯も少ないから、暗くて物騒なのよ。塾からも「基本的に帰りは迎えに来てほしい」と言われていた』

『日帰りでも遠方だったり泊まりの遠征だと、保護者の付き添いや引率が必要。公共交通機関や送迎バスを使える場所ばかりでもないし。塾だって、電車やバスの時間が合わないこともある。近場に通ってる子ばかりじゃないでしょ?』

交通の便がよい地域ばかりではないでしょうし、不審者などの心配もありますよね。

中学生なりの大変さはある。子育てで後悔しないために

さらに「手がかかる」という意味では、小さいころにはなかった大変さも。

『小学生のころは素直だし、大変と思ったことはなかったな。寝る時間も早いし、夜に出歩くこともない。スマホのトラブルの心配もなかった。子どもが大きくなれば育児から解放されると思っていたのに、中学生以降がこんなに大変だなんて思ってもいなかった。今が一番キツい』

『親が一生懸命にやってあげても偉そうな態度だし、腹が立つようなことを言ったり。感謝すらない。親っていったいなんだろうね、って思う……』

『保育園時代が一番ラクだったよ。手はかかってもいうことはきくし、寝るのも早いから自分の時間が取れた。大きくなるにつれ主張や欲も強くなる。手は離せても、目が離せない』

放任主義で塾や部活の送迎もないのであれば、中学生のママはそれほど大変ではないかもしれません。「小さなころのようには、手はかからない。すべては親が手をかけるかどうかの違いだけ」という意見もありました。

『私も「子どもは中学生なんだから、ひとりで留守番できるでしょ。早く社員になれよ」って思われているんだろうな。たしかにできるけど、手をかける加減はそれぞれの教育方針で違うよね。子育てで後悔したくないから、今のままのパートがよい』

『みんなが言うように、小さいころとは手のかけ方が違う。正社員になっても子育てできないことはないだろうけど、時間にも心にも余裕を持って子どもと向き合いたいから、私はパート』

子どもが中学生になってから仕事を離れたママ、高校生になるまで社員になるのを待ってもらっているパートのママなど、子育てを最優先に考える人もいました。

子育てと仕事、どちらに比重を置くかはその家庭の考え方次第です。ただよほど放任でないかぎりたしかなのは「中学生のママは忙しい」ということ。まわりに該当するママがいるのであれば「ヒマそうなのに」などとはけっして考えず、ぜひあたたかい目で見守ってあげてほしいですね。

文・鈴木麻子 編集・しらたまよ

関連記事

反抗期息子の優しさが嬉しい……。ママたちが紹介した自分の息子の優しさエピソード
子どもが成長してくると、家族に対して冷たい態度をとるようになることは少なくないでしょう。いわゆる”反抗期”というわけです。反抗期は精神的自立に向けてのステップではありますが、親としては寂しさや辛さを感...
「”しねしね”言う反抗期の息子」のママに訪れた、まさかの出来事
中高生の頃に迎える「反抗期」。親から自立するための、とても大切な成長の過程と聞きますよね。しかし……子どもの「反抗」のサンドバッグ的存在になりがちなママとしては、わが子の反抗期をシンプルに喜べない...
反抗期の娘が勝手すぎる。我が子なのに嫌いになりそう……
世の中にこんなに愛おしいものが存在したんだ! そう感じるほどかわいがってきた我が子が、ママにとって真逆の存在になってしまう時期もあるようです。思春期に多い、いわゆる”反抗期”は、その最たるもの...
参考トピ (by ママスタジアム
中学生って手がかかるの?