いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

おっぱい大好きだった2歳娘が突然拒否!?意外な卒乳のきっかけ

ある友人のママが「もうじき2歳になる娘がおっぱいを頻繁に欲しがる」と悩んでいました。眠りがとても浅くてそっと布団を掛け直しただけでも起きてしまう子で、どうしても夜間の授乳も多くなり……。ママもあまり眠ることができず体力の限界を感じ、2歳の誕生日を機におっぱいを卒業させると決めたそうです。

単発(オリ)5月20日配信分① (5)

思えば上の子の学校の宿題や習い事に追われ、幼い娘はほったらかしになりがちの毎日。おっぱいさえ与えていればおとなしくなるから、おっぱいに頼り過ぎていたこともなかなか離れてくれない原因なのかも。ママがそう反省して落ち込んでいたある日のこと……。

「娘ちゃん!今日はママ、病院へ検査に行くからじぃじばぁばと遊んでいて」
「はい!」
その日は地域で行われている集団検診へ。娘を家で祖父母にみてもらい、ママはひとりで出かけてきました。検診項目のなかにはエコー検査を行う「乳がん検診」もありました。

単発(オリ)5月20日配信分② (5)

単発(オリ)5月20日配信分③ (5)

その後、二度と娘がおっぱいを欲することはありませんでした。あれだけ苦労した離乳が、こんなことであっさりと……。おっぱいが大好きな娘だからこそ、においが違うことに敏感に気づいたのかもしれません。

2歳の娘が自分で選んだ「おっぱいバイバイ」に驚き、卒乳おめでとう、適当なママでごめんねなど、さまざまな思いが沸き起こった友人のママ。いつの間にか成長していてくれたことに「ありがとう」と感じる出来事だったそうです。

文、イラスト・なかやまねこ

なかやまねこの記事一覧ページ

関連記事

ある日突然おっぱいを欲しがらなくなる!?ママたちの卒乳エピソード
赤ちゃんに母乳をあげているママたちは、子どもが自分からおっぱいを欲しがらなくなり卒業することを「卒乳」と言うこともあるようです。一方、まだ欲しがっているのにやめることについては「断乳」と呼び分ける...
「子どもより 母が寂しい 乳離れ」卒乳ができないのは、子どもではなくてママの方?
息子ちぃくんは、生まれたときからずっと完全母乳育児で育ったオッパイ大好きっ子。2歳半となった今もなお、卒乳せずオッパイを飲み続けています。 周りと比べて大きなちぃくんを見て、まだ卒乳して...
【体験談】ママが断乳・卒乳する「きっかけ」となった出来事4選
赤ちゃんが産まれて母乳育児中のママなら、「おっぱいをやめる時期」について一度は考えたことがあるのではないでしょうか? 母乳のやめ方には断乳と卒乳の2種類あります。「断乳」とは、ママの意志で赤...