いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

小学校低学年、お子さんはどんな本を読んでいますか?子どもを魅了する人気シリーズをご紹介

6CB7C8A0-5AAE-47DC-B73B-4CCD790F0CB6
お子さんは普段ご家庭で、どんな本を読んでいますか? 小学校や幼稚園でひらがなやカタカナを習うと、お子さんの絵本や児童書を読むスピードはグンと上がりますよね。「新しい本を!」と思って本屋さんや図書館に行っても、児童書コーナーにはたくさんの本があふれていて「どの本が良いのかしら?」と悩むかもしれません。ママスタBBSに小学1年生の女の子のママから、お子さんが読む本について相談がありました。

『子どもにどんな本を買ったり、読ませたりしていますか? うちの子は『おしりたんてい』(児童書版)が好きで読んでいます。いろんな本がありすぎてわからないので、オススメを教えてください』

投稿者さんの娘さんが好きな『おしりたんてい』は絵本版と児童書版があり、未就学のお子さんから小学生まで幅広い年齢層で楽しめる本です。そのほかにも投稿を読んだママスタBBSのママたちから、オススメの本がたくさん紹介されました。

本を読んだあとの楽しみも満載『ルルとララシリーズ』

『うちは『ルルとララ』シリーズが好きだよ。レシピも載っているから一緒に作ったりしている』

IMG_2640『ルルとララ』シリーズは、小学生の女の子ルルとララが、森の動物たちから注文されたお菓子を作るお話です。本書で取り上げられたお菓子のレシピも載っているので、本を読んだあとにルルとララになった気分でお菓子を作るのも楽しいですよ。

『ルルとララ』シリーズの作者、あんびるやすこさんが書いている『なんでも魔女商会』シリーズをオススメするコメントもありました。こちらのシリーズは魔女のシルクと人間の女の子ナナの2人が、森の仲間から洋服のリフォームを頼まれ、魔法を使わず心を込めて応えるお話です。『ルルとララ』ではお菓子のレシピが載っていますが、『なんでも魔女商会』では簡単な手芸品の作り方が載っています。

年齢に合わせて選びたい『リリアーネ』シリーズ

『うちの娘が小学1年のときは『リリアーネ』シリーズが好きだったよ』

『リリアーネ』シリーズの正式タイトルは『動物と話せる少女リリアーネ』。このシリーズは読者の年齢に合わせて編集の仕方を変えてあります。本編は小学校中学年以上向けの長編物語。低学年向けには、ふり仮名がついたりイラストがたくさん使われているプチストーリーズという本が何冊かあります。また短いストーリーをいくつかまとめ、読みやすくしている短編集もあります。お子さんの年齢や読書力に応じてプチストーリーズから読んでみるのも『リリアーネ』シリーズならではの楽しみ方です。

主人公のリリアーネは、不思議な力を持つ少女。その力とはどんな動物ともお話ができることと、リリアーネが笑うと花が咲くことです。その不思議な力を発揮してリリアーネは、ライオンやトラ、イルカやアザラシ、ウサギやリスなどさまざまな動物の幸せのために活躍します。『リリアーネ』シリーズの作者のタニヤ・シュテーブナーさんと、翻訳の中村智子さんの著書では、『リリアーネ』のほかに『水瓶座の少女アレーア』シリーズや『フローラとパウラと妖精の森』シリーズもあります。お子さんが『リリアーネ』に夢中になるようでしたら、こちらも薦めてみてはいかがでしょうか。

『ルルとララ』(あんびる やすこ作・絵)
『なんでも魔女商会』(あんびる やすこ作・絵)
『動物と話せる少女リリアーネ』(タニヤ・シュテーブナー作、中村智子訳)

 

男女問わず夢中になるオススメ児童書

男女を問わず小学校低学年のお子さんに人気のある本は、主人公が冒険する物語や事件・難問を解決する物語が多くみられました。どの本も筆者の息子も小学校低学年のころに読んでいた本なので、コメントを読みながら懐かしい気持ちでいっぱいになりました。全部紹介したいのですが、今回はその中から2つのシリーズを紹介します。

①『かいぞくポケット』シリーズ

主人公のポケットは、人間の言葉を話す不思議なネコの呪文で海賊になってしまった少年です。第1巻は海賊のお頭になったポケットが、子分のジャン・ケン・ポンを連れて海賊ポケット号に乗り、宝探しの大航海に出発するところから始まります。各巻ごとにポケットたちが知恵と勇気と友情を胸に冒険をし宝物を得て、新たな冒険に向けて出航します。

②『ミルキー杉山のあなたも名探偵』シリーズ

憧れの探偵になった主人公のミルキー杉山は、あちこちで事件に遭遇し、家族や探偵仲間や刑事さんの力を借りて事件を解決していきます。全部のお話が“事件編”と“解決編”に分かれていて、事件編では事件を解くヒントや証拠になりそうな物が提示されます。事件編を読み自分も名探偵になったつもりで推理し、解決編では自分の推理を検証するのも楽しいお話です。

『かいぞくポケット』(寺村輝夫作、永井郁子絵。全20巻)シリーズ
『ミルキー杉山のあなたも名探偵』(杉山亮作、中川大輔絵。全20巻)シリーズ

ほかにも楽しい児童書はたくさんありますが、今回はママスタBBSのママたちから寄せられたオススメの本から、シリーズで出版されている本を選んで紹介しました。何年もかけてシリーズ化されるほど、多くの子どもたちを魅了してきた素敵な本たち。ぜひお子さんと読書を通して、楽しいひとときを過ごすのはいかがでしょうか。

文・間宮 陽子 編集・一ノ瀬奈津

関連記事

初めてのきょうだい育児に奮闘するママにおすすめの絵本『おにいちゃんには はちみつケーキ』
現在、2歳差兄妹育児中の筆者。下の子が生まれた頃は、繊細な気質で手のかかる上の子に振り回され、あっという間に毎日が過ぎていました。ようやく兄妹で遊べるようになったときに出会ったのが、今回ご紹介した...
冷蔵庫の中からヒソヒソ声が!?Eテレ『ごちそんぐDJ』アーティストによる”たまご”の絵本が発売
料理に使う”たまご”から想像して紡がれた絵本『みよこ~たまごのなかのひみつ~』がこのたび発売されました。冷蔵庫にある”たまご”の中のひみつの世界を描いたのは、NHK Eテレ『ごちそんぐDJ』に出演...
絵本を通して楽しみながら学べる!「森のえほん館大賞2019」大賞を受賞した絵本は『こんなときどうすればいい?』
日常の中で子どもに絵本を読み聞かせしてあげているママも多いと思いますが、今は紙の絵本だけでなく絵本アプリを利用している人もいるかもしれませんね。絵本アプリの一つである「森のえほん館」は、配信した絵本の...
参考トピ (by ママスタジアム
本、どんな本を読ませていますか?