いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

バレンタインの時期になると、チョコをばらまくママ友に困惑……

バレンタインの時期になると、チョコレートを配るママ友が近所にいます。
チョコをばらまくママ友に困惑
そこまで親しい間柄でもなく、会えば挨拶や軽い会話程度はしますが、プライベートで会うくらいに近しいものではありません。
毎年毎年、バレンタインの時期になると私と娘にチョコレートを持ってきてくれるのですが、正直ホワイトデーのお返しに困ります。市販の簡単なチョコレートだったり、小さな小訳のものが可愛くラッピングされていたり、手作りの年もありました。
こちらは(2人分もらっているので)1000円くらいのものをホワイトデーに返していますが、本音はちょっぴり面倒臭いです……。(ママ友ゴメンナサイ!)

こんな気持ちのままいただくのも申し訳ないので、去年はチョコレートをいただいたときに一言……。

チョコをばらまくママ友に困惑
結局チョコレートを渡されました。
いくらママ友が勝手に「したい」ことだったとしても、やはり受け取ってしまった以上、お返しをしないと……と考えてしまう私の性格もいけないのかもしれませんが、本当にやめにしてもらいたいです。
そして今年もきっと、自転車のカゴいっぱいにチョコレートを詰めて、ママ友はご近所のママたちにチョコレートを配るのでしょう。
けれどママ友に悪気がないのも事実で、きっとチョコレートを配りながら周りの人に「感謝」を込めているのだと思います。

あれだけたくさんのチョコレートを用意するのも大変よね……。

チョコをばらまくママ友に困惑

お返しが面倒くさい気持ちもありますが、これもご近所付き合いの一環だと思って、今年もママ友にお返しをしたいと思います。

脚本・渡辺多絵 作画・んぎまむ

んぎまむの記事一覧ページ

関連記事

ママ友と距離をおきたいときはハッキリ言う?それともフェードアウト? #本当にあったママ友トラブル
私が考える「ママ友付き合い」は広く浅く、子どもが安全に日々過ごせるために協力し合う関係性で良いと考えています。一方で、ガッチリと「自分の親友」になって欲しいママ友と私が「合わなく」...
バレンタインデーの手作りお菓子はやめてほしい!?ありがた迷惑に感じるママたちの本音とは
男の子も女の子もドキドキする甘酸っぱい日といえば、バレンタインデー! 大人になってからも、「どんなものをプレゼントしようかな?」と胸を躍らせている方も多いのではないでしょうか。しかし、中にはそ...
「バレンタインはチョコレートを渡しちゃダメ」と思っていた娘、なぜ?驚愕の真実とは
「大好きなお友達にも配る!」と娘たちは盛り上がっていました。ところが…… え? チョコレートはパパだけって……どういうこと? 娘たちに話を聞いてみたところ…… ...