いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

午前4時に起きているママたち。ママたちの夜、そして明け方の日常をのぞき見る!

若かりし頃、夜更かしをしたというママも多くいらっしゃるでしょうが、ママになると、なかなかそうもいかないものですね。ママスタBBSには先日、午前4時間近に「今起きている人、どうして?」といったタイトルのトピックが登場。眠りにつかず、それぞれの時間を過ごしているママたちが続々とコメントを残してくれました。さっそくママたちの姿をのぞき見ていきたいと思います!

思わず共感の”ママあるある”

まずは、ママたちからの「私も同じ!」と共感の声をご覧ください。

「絶賛育児奮闘中だから」

01
子育て中、とりわけ我が子の赤ちゃん時代は、ママの睡眠はままならないものですね。授乳、おむつ替え、夜泣きなど、昼夜問わずママは大忙し。寄せられた投稿を目にすれば、今まさに育児真っただ中のママにとっては心強く、すでにわが子が大きく成長しているママにとっては懐かしく感じることでしょう。

『赤ちゃんのおむつを替えて、授乳して寝かせているところ』

『私もただいま授乳中。5時起きしなきゃいけないのに、そんな日に限ってよく起き、よく泣く』

『少し前に子どもがいきなり嘔吐。嘔吐は落ち着き、子どもは寝入ったけど、私はゆっくり寝られん!』

『子どものトイレに付き合って起きたら、冷えてしまってお腹が痛い。目も完全に冴えてしまった』

『こちらは妊娠中。激しめの胎動で目が覚めたよ』

「寝落ちしたから」

02
続いてのご紹介も、ママに頻度高く起こることでしょう。早い時間に子どもを寝かしつけたあと、家事やひとりの時間を確保したい! と望んでも、育児や家事で疲れた体がそうさせてくれないことは日常茶飯事ですよね(汗)。

『寝落ちした。これからお風呂入りま~す』

『私も寝落ちして、お風呂に入らなきゃと思いながらゴロゴロ。布団から出られない』

『夜8時に子どもの寝かしつけで寝落ちして、11時に目覚めてから眠れない~』

「家事をするべく!」

やり残した家事や、早朝に家を出る家族のための家事……真夜中や明け方が家事の時間、というママもいます。

『家事を終わらせずに寝ちゃったから、さっき起きて洗い物と洗濯を済ませたよ』

『もうすぐ旦那が出勤するから、明け方に起床。早く二度寝したい』

『昨夜、急に旦那が実家に行くと言い出し、その準備で寝られなかった。実家に持っていく手土産を買う時間さえなく、仕方ないから今パンを焼いているところ』

昼も夜も育児に家事! ママたち、毎日本当にお疲れさまです。

考えごとや心配ごとで寝つけない夜もある

また、考えごとや心配ごとがどんどん膨らんでしまう……そんな夜もあるかもしれませんね。

『取引先の社長に口説かれた! リップサービスだって分かってる! でも「イケメンで金持ちだからなぁ」なんて危ないこと考えていたら、目が冴えて眠れない』

『旦那と喧嘩し、イライラで眠れない』

『同じく。夫婦喧嘩して、しばらく無視されていたから、今夜仲直りをしようと歩み寄ったのに拒否された。あげく、旦那が出て行った。一度喧嘩すると、数ケ月無視されることもあるから、ほんと疲れる』

『旦那の浮気が発覚してショックを受け、さらに離婚したいと言われ……ここ何日かうまく眠れない』

『先日おばあちゃんが亡くなって、どうしたらいいか分からない』

幼い頃、寝つけないのは「遠足が楽しみすぎて!」といった理由しかなかった気がする筆者ですが……大人になると、ママそれぞれの眠れない夜があるものですよね。

有意義に楽しみたいひとり時間

日中家族のために働く時間が長いママですから、家族が寝静まっている時間を有効活用してリフレッシュしたいと思うものですよね。ドラマに音楽にハンドメイド、暗い夜の中でひっそり、思い思いに趣味を堪能するママたちの姿をどうぞ!

『私は映画を観たり、音楽を聞いたり。何だか冬は夜更かししたくなるよね』

『子どもを寝かしつけてから、録画したドラマを見ていて、気づけば4時だった』

『手芸にずっぽりハマってこんな時間!』

『半身浴しながら炭酸パックしてるよ~』

まるで独身時代のように夜更かしを満喫

母親や勤め人として、日々せわしなく暮らすことが多いママ。家庭や仕事のことから解放され、独身時代のように、ぐうたらしたり自由に羽を伸ばしたりする時間は格別ですね!

『今日は昼寝しすぎて、昼夜逆転の状態』

『旦那と流星群を見に行って、帰ってきてから夜の誘い。さすがに眠い~』

『お酒を飲んでいたら、こたつでうたたね寝。で、さっきお風呂に入ったところ』

『私は飲みに出かけてカラオケにも行って、今帰ってきました』

以上、夜が深まった頃のママたちの多様な姿、いかがでしたでしょうか? 育児に奮闘しなくてはならない夜が、そこはかとない孤独感を運んできたり、あるいは、ひとり気楽な時間を過ごす夜が、のびやかな解放感をもたらしたり。ママになると、太陽のない時間がいっそう特別に思えるのは、筆者だけでしょうか? どの夜も、それぞれのママにとって、振り返れば懐かしく愛しいものでありますように!

文・福本 福子 編集・一ノ瀬奈津 イラスト・Ponko

関連記事

寝かしつけ・夜泣き に関する記事一覧
子どもが出かけたあとに何してる?自由時間をエンジョイするママたちの行動が知りたい!
毎日毎日、家事や子育て、仕事などに追われ頑張っているママたちにとって、自分だけの時間を確保するのは難しいことでしょう。だからこそ、ちょっとした自由時間があればチャンスとばかりにいろいろやりたい...
子どもを預けられず、毎日ほぼ一人で頑張るママの”ストレス解消法”とは
子どもが生まれてからというもの、旦那さんの帰りが遅かったり、周りに頼れる人がいなかったりと、毎日一人でがんばっているママもいると思います。保育園や幼稚園に通い出すまでの間は、子どもが危険を認識...
参考トピ (by ママスタジアム
今起きてる人は何で?