いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「犬じゃないんだから」と言われると思っていたハーネス。実際かけてもらった声は意外にも……?

歩き始めの自由すぎる幼児を守るためのアイテム・子ども用ハーネス。

ハーネス_出力_001

ハーネス_出力_002

噂話で勝手に不安になっていたけれど、蓋を開けてみれば私が勝手に不安がっていただけ。もしかするとハーネスは今、世間からの認知度もあがっていて、一般的なものとなってきているのかな……と感じました。

娘は比較的手を繋いで歩いてくれるタイプと思いますが、それでもイヤイヤ期には、絶対に! 繋がない! という日もありました。手を繋いでいたとしてもほんの一瞬でスルリと抜けることもありました。
たとえば財布を取り出すときなど一瞬手を離した隙に。たとえば人混みや視界を遮るものが多い場所で一瞬手を離さざるを得ないときに。その一瞬で娘の姿が見えなくなりそうで怖かったあの時期、私にとってハーネスは命綱のようでした。

そもそもハーネスの利用は大切な我が子の命を守るためにやっていること。万が一私に嫌なことを言う人に遭遇してしまったとしても、外野に言われて躊躇する必要はなかったんですよね!

その後娘は成長し、ハーネスは命綱としての役目こそ終えることになりましたが……。

ハーネス_出力_003

文、イラスト・べるこ

べるこの記事一覧ページ

関連記事

「ハーネスは可愛そう……」世間の心無い言葉に傷付いても、使い続けなきゃいけなかったワケ
娘が2歳3ヶ月頃、ハーネス付きリュックを買いました。 ベビーカーに乗らなくなりしっかり歩くようになったものの、私には様々な不安要素があったからです。 子ども用ハーネスは、世間では賛否両...
安全確保のための子ども用ハーネス かえって危ない使い方にハラハラ
小さな子どもの飛びだし事故を防ぐために使われる「子ども用ハーネス」。最近はリュック型のかわいらしいデザインのものも多く、ぬいぐるみを背負っているようだったり天使の羽根がついていたりして、見ていてほ...
気になる子ども用ハーネス(迷子ひも)、使ってみてどうだった?
外で元気いっぱいの小さな子をいつも追いかけるママ、本当大変ですよね。でも、ちょっとヒヤリとすることもあります。 ある朝、車を運転していた私 ある朝、1人のママが2人の子どもを連れて歩道...