いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもが油性ペンで壁に落書き!消えないと諦めていたときの救世主

子どもたちによってされちゃう「いたずらベストテン」上位に入っているであろう落書き問題について。
IMG_0127
よりによって壁にペンで落書き。
あれ、よく見ると? 油性……! そういえば上の娘のときもこんなことがありました。

IMG_0778
下の子を妊娠中のことでした。
お昼寝をしている娘を見届け、私はトイレへ。しかし戻ってくると、娘はお昼寝から起きていて、壁には落書きが(ボールペンでした)
落書き落とし専用の消しゴムを購入し、地道に消した記憶も新しく……。

最近は下の子が壁に落書きをするように。あの頃の記憶が蘇ります。
なんと、今回は油性マーカーだ〜!! そう簡単には消えないぞ……。

IMG_0130

※除光液やマニキュアなどに含まれる酢酸エチルやトルエン、アセトンは引火点が低いので(21℃未満)、取扱いには注意してください。例えばタバコを吸おうとしてライターの火が可燃性蒸気に引火したという事例が報告されています。そのため使用時には必ず換気をしてください。同時に毒性があるのでくれぐれも子どもの誤飲には気を付けましょう。(参考:東京消防庁「知っていますか? あなたのまわりの危険物 その3」)

ふと、思いついたのが「マニキュアの除光液」はどうだろう?
試してみたら、みるみる消えました。特にツルツルな質感の壁にはかなり有効のようでした。

文、イラスト・しっぽ 編集・blackcat

しっぽの記事一覧ページ

関連記事


出口の見えない育児……価値観を変えてくれた”あるママ”との出会い
当時とにかく抱っこしていないと泣き止まない我が子に、日常生活もままならない日々が続いていたのを覚えています。 望んで迎えた出産にもかかわらず、出産はまるで青天の霹靂のように私の生活をガラリと変えまし...
子育てはイレギュラーな”タスク”との戦いの日々!
子どもたちと過ごしていると、何ともない日常の任務も時間を要するようになってしまいます。 頭で思い描く日々のやる事リスト(=タスク)は子どもたちの手によって凄まじい勢いで入れ替えられてしまうのです。 ...