いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

習い事にあるお菓子交換の習慣。あげる範囲に悩むママが、スムーズにお菓子交換をする方法は?

pixta_54677935_M
子どもが通う習い事によっては、独特の習慣が根付いていることがあるかもしれません。でも、その習慣がママを困らせてしまうこともあるようです。今回ママスタBBSに投稿してくれたママの場合には、お菓子交換が悩みのタネのようです。

『スイミングに飲食OKの場所があり、そこでお菓子交換するのが普通になっている。幼稚園で同じクラスの「仲良しちゃん」も同じ時間だから、仲良しちゃんとそのお兄ちゃんお姉ちゃんとお菓子食べている。幼稚園は違うけれどスイミングで仲良くなった「お友達ちゃん」も来て、お菓子交換したりあげたりする。すると、同じクラスだけど別に仲良くはない、「クラスメイトくん」も来る。その流れでクラスメイトくんのスイミングでのお友達、「友達の友達くん」も来る。そうするとそれを見た「知らない子」もお菓子を欲しがる。お菓子もらったらあげざるを得ないけど、ただ欲しいと言われた場合(そしてその親が近くにいた場合)、みんなにあげるのかな? お菓子交換をスムーズにする方法はある?』

スイミングスクールにお菓子交換の習慣があるようで、わが子の友達のみならず、クラスメイトや友達の友達など、どの範囲まで渡せばいいのか悩んでいるようです。このお悩みに対して、他のママからアドバイスがありました。早速紹介していきます。

お菓子交換の習慣に悩むママができることは?

お菓子をあげると決めている子の分だけ持っていく

『人数分しかもっていかない。来ても「もうないのーごめんねー」で終わる』

『人数分しか買っていかない。そうしたら他の子にあげる必要もなくなる』

お菓子をあげる子を前もって決めておいて、その分しか持っていかないようにするという意見がありました。お菓子をあげるメンバーは毎回同じでしょうから、人数も把握できますよね。お菓子がなくなったら、他の子にあげることはできませんから、トラブルも防げるのではないでしょうか。

お菓子を多めに持参してその場で対応する

『とりあえずジップロックにたくさん持ってきているから、欲しいと言われたらあげるよ。だけどハイチュウやアメみたいなの1つね。その子もお菓子くれたなら同じくらいのものをあげるけど』

『どうしてもお菓子が必用な環境なら、毎回多めに持参するしかないんじゃないの』

お菓子をあげる範囲を決めずに、そのときの状況に合わせてお菓子を渡すという考えもありますね。この場合は、用意するお菓子の数も多めになってしまいます。そのため、小分けができるお菓子や飴、ソフトキャンディなどがいいかもしれませんね。

お菓子を子どもに預けて、子どもの判断に任せる

『面倒くさいし細かいこと気にしないから、子ども同士仲良くして食べなさいと、持っているお菓子全て渡す』

『もらった子にお返しであげてと、子どもにお菓子を渡す。あとは子どもの判断に任せてた』

子ども同士のやり取りと思って、お菓子を子どもに預けてしまうのも手かもしれません。子ども同士であげたりもらったりをすれば、親が介入することもありませんよね。子どもなりの工夫を見守るのも、親ができることかもしれません。

虫歯やアレルギーの心配があるから親に聞くのを忘れずに

『知らない子とその親がいるなら、お菓子をあげていいか親に聞いてからの方がいいのでは。虫歯やアレルギーでお菓子が食べられない子とかもいるし』

『アレルギーとかわからないし、市販のお菓子は食べさせない主義の家庭かもしれない。相手のことをよく知らないから怖い』

『お菓子を貰って食べていいかお母さんに聞いてきてと、聞きに行かせる』

食べ物に関しては、アレルギーの心配もありますし、虫歯を気にするママもいますよね。子どもが欲しがるから簡単にあげてしまうのではなく、子どものママに確認してからの方が安全といえそうです。

お菓子交換のルールを作ってみては?

習い事などでお菓子の交換をする場合、あげる範囲で悩むママは少なくないかもしれません。子どもがお菓子をもらえば、お返しをする必要もあるでしょうから、面倒だと感じてしまうママがいるのも事実でしょう。お菓子のやり取りでトラブルが起きる可能性も否定できませんから、しっかりとした線引きをするのも方法の1つかもしれません。例えば、同じ幼稚園で仲良くしている友達までとして、共通のルールにするのもいいですよね。スクールに掛け合ってお菓子交換のルールを作ることもできるかもしれません。子どもや親が気持ちよく習い事を続けるために、ルールがあった方がママも安心かもしれませんね。今回の投稿をお菓子交換のルールを作るいいきっかけとして、前向きに捉えるのもいいのではないでしょうか。

文・川崎さちえ 編集・山内ウェンディ

関連記事

子どもが集まる場所に「お菓子交換」あり?親が憂鬱さを乗り越えるポイント
子ども同士が集まる公園や習い事。おやつの時間に近い時間であれば、必ずといって良いほどはじまる「お菓子交換」。子どもにとっては、いろいろなお菓子が一度に食べられて楽しいひとときであっても、ママにとって実...
公園や児童センターでお菓子を配るママへのお返し。みんなは持っていく?
近くの公園や児童センターなど、顔見知りの子どもたちがママと一緒に遊べる場所は便利ですよね。反面、顔見知りがいるからこそ、困ることもあるようで……。 『公園やセンターで、他のママが毎回小分けのお菓...
かつてはOKだったおやつ交換が禁止!?今の子どもを取り巻く遠足事情
気候のいい季節は、遠足を予定している園や学校がありますよね。子どもの頃、遠足に持っていったお菓子をみんなで交換して食べたという思い出があるママもいるのではないでしょうか? 一方で最近では「お菓子交...
参考トピ (by ママスタジアム
知らない子にもお菓子あげる?