いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

帰省したら孫の私を忘れていた高齢の祖母。しかしなぜか曾孫のことは覚えていて……?

01

一言で言い表せない、いろいろ複雑な家庭環境で育った私。その中でも祖母からは、とてもかわいがってもらっていました。

毎回私と、祖母にとっては曾孫となる息子が来るのを楽しみにしていてくれて、会うたびに昔話に花を咲かせていました。一緒に出かけたことや遊んだこと、果ては私の子どもの頃のイタズラの話まで(苦笑)。祖母と思い出しながら笑いあって、帰省を終えて私が出発するときには泣きながら「またおいでね」と言われ、お別れをするのがお決まりになっていました。

しかし最近の帰省で再会した祖母には大きな変化が起きてました。

02

数年前に起きた脳梗塞の後遺症などのせいで、記憶力がかなり低下していたのです。

03

息子のことを覚えていられたのは、おばと共有していた写真アルバムアプリのおかげでした。おば曰く、2人でよくアプリで息子の写真や動画を見ていたとのことで、祖母は曾孫のことは覚えていられたようでした。

先日の帰省では、祖母が息子を覚えていてくれたおかげで記憶が戻り、また楽しく話せたけれど、もしかしたら次に会うときは……。

04

老いには敵わないのでしょうが、やっぱり大好きな祖母に忘れられてしまうのは寂しいです。祖母の家は遠く、頻繁に会いに行くにはなかなか難しい距離です。もっと祖母と密に連絡を取ったり、息子ばかりではなくて私の写真も撮って見せたりしないと、と思ったのでした。

文、イラスト・Ponko

Ponkoの記事一覧ページ

関連記事

出産予定日に間に合わない……余命わずかの祖母がくれた手作りのベビードレス
実家で同居していた祖母が余命宣告を受けたのは、妊娠中の私がちょうど安定期を迎えた頃でした。 母から「おばあちゃん、もってあと3~4ヶ月だって……」と言われたとき、世界中の灯りが全て落ちてしま...
母や祖母に看病してもらった素敵な思い出……親になって初めて気づいた裏事情
新婚の頃、そんな母たちの甲斐甲斐しいお世話を思い出して少し不安になっていました。 でも実際娘が生まれてから怒涛の育児が始まると「できるかな」などと言っている場合じゃないことに気付きました。私...
夫の余命宣告で気付く。「平凡で幸せな毎日」はもう取り戻すことができない
病院に担ぎ込まれる夫に付き添った私を待っていたのは、あまりにも衝撃的な現実でした。 職場の検診で見つかったというガンは、発見された時点ですでに手遅れだったそうです。大学生と高校生の子どもがい...