いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<祖母の余命と私の出産予定日>余命わずかの祖母がくれた、手作りのベビードレス

実家で同居していた祖母が余命宣告を受けたのは、妊娠中の私がちょうど安定期を迎えた頃でした。
母から「おばあちゃん、もってあと3~4ヶ月だって……」と言われたとき、世界中の灯りが全て落ちてしまった……そんな気持ちになりました。おばあちゃんがもうすぐ死んでしまう……。赤ちゃんを見せることができないまま……。1ヶ月……たった1ヶ月間に合わない、祖母の余命と私の出産予定日。どうにかならないだろうか……そんな気持ちのまま実家に寄り、祖母の部屋を訪ねると、祖母が座って何やら作っています。

妊娠8ヶ月に入った頃、祖母から「できたよ」と手作りのベビードレスを手渡されます。手作りの、祖母の匂いがたっぷりと詰まったベビードレスは、お世辞にも市販のものより素敵とは言い難いけれど、どのベビードレスよりも愛情が詰まった1着でした。少しだけ痩せて口数も少なくなった祖母は、私のお腹を撫でて「元気に生まれてくるんだよ~」とほほえみます。
「おばあちゃん、昔、私にもよくお洋服作ってくれたよね」と話す私に、「そうだっけ? わすれちゃったよ」と照れくさそうに笑う祖母。私は祖母にどうしてもひ孫を見せてあげたい……。

その願いが届いたのか、私は臨月に入ってすぐに娘を無事に出産。祖母はすでに起き上がることも難しくなっていましたが、祖母の余命に間に合った! 赤ちゃんに手作りのベビードレスを着せて、祖母に会わせることができました。

しかしそのすぐあとに、祖母は天国へ旅立って行ったのでした。

祖母が作ってくれた、たった1枚のプレゼント。このベビードレスは世界でたったひとつしかない私と娘の宝物です。
おばあちゃん、おばあちゃんに教えてもらってきたたくさんのことを、これから私がこの子に伝えていきます。おばあちゃんの愛情にくるまれた娘が、これからすくすく成長していきますように……。

どうか天国から見守っていてね。

脚本・渡辺多絵 イラスト・nakamon

【つぎ】の記事:<義姉夫婦が育児放棄?>甥っ子に「おばさんの家で暮らしたい」と言われた。どうする?【前編まんが】

nakamonの記事一覧ページ

関連記事

新連載【妻の飯がマズくて離婚したい】私は料理が苦手です<第1話> #4コマ母道場
結婚とは、生まれも育ちも異なる他人同士が「家族」になることです。価値観の相違をすり合わせながら、お互いにとって心地のいい関係を築いていくことが、結婚生活の一番の課題なのかもしれません。今回は三大欲求の...
<ママが見た秘密……>気難しいパパ。赤ちゃんをお任せしたら……?【前編】#5秒で笑える 番外編
夫はとても気難しい人。きっと周りの人からも「真面目人間」だと思われているはずです。いざ娘が産まれると「赤ちゃん」というものの扱いに非常に困っているらしく、毎日いろいろな本を読み漁っては「赤ちゃん」につ...
悪い言葉ばかり覚えてくる息子 心に響いた園長先生の言葉
どう注意しても治ることはなく、義母にまで「最近息子くんは、言葉遣いが悪いわね~。お友達が悪いのかしら?」なんて言われる始末……。 みかねた私は、園長先生に相談してみました。すると返ってきたの...