いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

社会復帰をあきらめない!ママになって働き方が変わってきた理由とは

001(2)

002

003

「子どもが病気になったら」や「長期の休みはどうしよう」と考え出すと、復職を躊躇する理由はいくらでも思いつきますが、大体の条件が揃ったらまずは一歩踏み出してみて、チャンスを掴み、やりながら双方で環境を整えていく、という選択も一つかもしれません。

働き出してしばらくした頃、取引先の男性から理不尽な言葉をかけられることがありました。「あー前に働いていたときもこんなことあったな」と思い出しました。当時の私であれば、しばらく落ち込むことが多かったのですが、家事育児に追われているとそのことをしばし忘れ、子どもたちの寝顔をみるとイライラは吹っ飛び、悪い意味ではなく「ま、そんなこともあるわな」と思えました。そんな様子に自分が驚き、「ああ、ママになった私、タフになったなー(笑)」と身についた図太さが自分でも心強かったです。
004

子育てに専念していた時間は決して無駄ではなく、社会復帰を「あきらめない」気持ちさえあれば、ママとして再びパワーアップして復帰できるはずだと、復職を目指す子育て中のママにエールを送りたいです。

脚本・rollingdell 作画・ちょもす

関連記事

子どものお迎えが苦痛……育児に疲弊し子どもをかわいいと思えなくなっていた心を救ってくれたママ友の姿勢
初めての幼稚園の保護者会。先生のお話の後、保護者が自分の子どもについて話す時間が設けられました。他のママさんも意外と赤裸々に育児の悩みを語っていたことも相まって、今まで相談できなかった自分の育...
初めて「無視される」を経験した年長の娘。習い事にまつわる意外な原因とは……?
娘にどんな話をしたのか聞いたところ、Kちゃんは「違うクラスになったよね」と言っていたのだそう。もしかしたら年下の娘が先に進級したのが嫌だったのかな? と想像を巡らせてしまい...
育児中のアクシデントは忘れたころにやって来る……爪を切っていたら指の肉もちょん切った!
厚生労働省:子ども医療電話相談(#8000) この事業は保護者の方が休日・夜間のこどもの症状にどのように対応したら良いのか、病院を受診した方がよいのかなど判断に迷った時に、全...