いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

娘の勘違い。あの国の名前はあの名セリフ!?

娘が年長の頃、カタカナを覚え始めた当時の話です。
幼稚園から帰ってくると真剣な顔で、あることを話し始めたのでした……。


主人は子どもを叱る時によく、某ドラマの某先生の名セリフを言っていたためか、娘もそれが記憶に残っていたようでした。
親が使う言葉を子どもは素直に覚えてしまうので、気をつけていかなければいけないなと思った出来事でした。

そんな娘も中学生になり、社会の授業でバチカン市国を勉強したようです。
当時の事を話すと「え!私そんな事言ってたの!? 黒歴史だ!」と今では笑い話になったのでした。

文、漫画・なかやまねこ

関連記事

子どもの言い間違い。あの言葉は二度と帰ってこないから……
文、イラスト・よしはな...
幼い我が子のかわいい言い間違い。ほんの一時のことだからこそ、大事に愛おしく感じる
言葉を覚えたての子どもがお喋りをする姿ってとってもかわいいですよね。 たどたどしく喋る姿や、言葉の絶妙な言い間違いなど、そのときにしか聞けない、見ることのできない姿はどんどん成長していく中で...
子どもの言い間違いがカワイイ……しかしついに来た!”赤ちゃん言葉”が終わる時
長男が2歳半くらいの頃。 舌ったらずの喋り方や、言い間違いのオンパレードは私の密かな楽しみでした。 可愛い盛りで拙いお喋りにメロメロの私。この時期1番たまらなかったのが「どう?」っ...