いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

年長までオムツでウンチをしていた長男。トイレでできるようになったきっかけとは?

pixta_42600879_M

「いったい、うちの子は何歳からトイレでウンチができるようになったんだっけ?」

そんなことを急に思ったのは、長男(小2)が所属するスポーツチームの上級生A君の思い出話になったからです。チームメイトのうち長い子だともう5年以上の付き合いになるのですが、彼もそのひとり。彼が幼稚園生の頃、幼稚園生だとグラウンドの簡易トイレを使えない子がいて、時折、何人か車に乗せて、近くのコンビニまで連れていくことがありました。(よくスポーツドリンクなどの買い物で利用するのでご厚意で使わせてくださいました。)
そのA君が年長の頃のこと。いつまでたってもトイレから出てこないことがありました。どうしたのかなぁと思っていると、別の数名が「A君が呼んでいるから行ってあげて」、「A、お尻、自分で拭けないんだよ!」と言うではありませんか。なんとまぁ! グラウンドではスーパープレイヤーの彼なのにもかかわらず、可愛らしいこと(笑)。慌ててトイレに駆けつけました。自分の子でもないのに……と違和感を覚える方もいらっしゃるでしょうか。ところが、共に勝利を目指す同じチームの子ともなるともはや我が子も同然な気がしているもので、こういったことが日常化していきます。

トイレトレーニングは順調、でもウンチだけはオムツでしかできなかった

よその子には手厚いケアをする筆者ですが、我が長男のトイレトレーニングは完全に保育園任せでした。「”何歳までに”を気にした」とか「家で何度も練習」とかいった記憶がありません。「そろそろパンツを持ってきておいてください」と園に言われたのが2歳頃だったでしょうか? 気づけば、パンツをはき、トイレを使えるようになっていました。
ただ問題は、ウンチだけはオムツでしかできないこと、これが5~6歳ごろまで続いたということです。基本的には我慢し続け、便秘気味。おなかがパンパンになると食事の量が減るので、それが合図。もういい加減……と、おなかをさすったり、嫌がる便秘薬を使用したりして排便を促すのは週1というサイクルでした。そのくらい、ウンチをすること自体を嫌がっていました。そして、いざ、となるとパンツからオムツに履き替えてふんばる。真っ赤な顔をして泣きながら。それでも、我々夫婦は呑気というか、そこまで大ごとにとらえていませんでした。いやだなぁと思っていたのは、高いオムツ代くらいでしょうか。

小さい子どもは見えないお尻の穴からウンチが出てくることに怯える?

ママスタBBSにこんなコメントがありました。

『うちの子も3歳過ぎまでオムツじゃないとウンチできない期だったな(笑)。一生オムツでウンチする人はいないから大丈夫。そのうちトイレでした方が気持ちいいし楽だって気付くよ』

そうそう、どう考えてもトイレでするほうが気持ちいいはずなのに、それをどんなに説明しても長男は首を縦に振りませんでした。オムツの中でウンチがおしりにべったりつくほうが気持ち悪いはずなのに。キャラクターがトイレでウンチをする動画を見せたり、トイレから流れていったウンチがどこにたどり着くかを知ることができるイベントにも出かけたりもしました。でもひとこと、「怖い」と。

『うちも同じもうすぐ5歳(男の子)なのに、立っておしっこはできるけど、トイレに座ってウンチはウンチと一緒に流されそうで怖いんだって。精神的ものが大きいのかなと、無理矢理させるのはやめて入学までにできるようになればいい、心の成長を気長に待とうと思いました』

そうそう、うちもこれでした! 当時、どうも、自分からは見えないお尻の穴からウンチが出てくることと、それがトイレの水に飲みこまれて流されていく様、さらにはトイレに腰かけていると自分も一緒に吸い込まれて流されてしまいそうということに怯えているらしいということが徐々にわかってきました。それを知ると無理強いできません。夫は何度かトイレに引っ張っていき、「できるまで座っていてごらん」と泣きながら便座に座る長男と向き合って長々説いていましたが、効果はありませんでした。

『うちもそうだった! 最初はつい、トイレにしつこく誘ってしまっていたけれど、ある時からこっちもいずれ外れるかと開き直り、「ウンチ!」って言われたら「オムツですか? トイレですか?」って猪○ばりにノリよく聞いたりしていた。本当にオムツが外れるのかと思ったこともあったけど、外れていない子はいないし、ある日突然って感じでトイレに行くようになるから焦らず見守る姿勢でいていい』

親より影響力大!?上級生たちに近づきたくて、その日は突然やって来た

そうなんです。その日は突然やってきました。
申し上げた通り、息子がトイレでウンチをできるようになったのはいつだったかは、はっきりとは覚えていません。でもおそらくきっかけは、スポーツのチームに所属したことだったように思います。

幼稚園年中からチームに所属した長男は、チーム内でいちばんの下っ端でした。幼稚園生から小学校低学年までが揃うチームで、見渡すと周囲は大きなお兄さんたちばかり。長男にとって上級生たちは憧れの存在でした。そんな彼らの中にいて、ウンチをするたびにオムツに履き替える姿なんて見られたら大変だ、そう思ったのではないかと想像しています。それに加えて、お尻を大人に拭いてもらっているA君を見て、それでいいんだ、全部自分でできなくてもいいんだって思えたのかな。チームメイトも一切A君を笑ったり、ばかにしたりしませんでしたから、それにも安心したのかもしれません。
気づけば、長男は自らウンチでもトイレに立つようになっていました。ほんとうに、あれ? いつしてきたの? というくらい、ごく自然に、いつのまにか。

大人が無理やり手を引くよりも、年上の誰か、上を見ながら自発的に階段を上って行く。上るタイミングは子どもそれぞれ、自分で決めることなのかもしれません。

最近では、塾の宿題を持ち込んだり、音読をしていたり、正直、こちらが「おい、勘弁しておくれ」と思うくらいトイレに長居し、ウンチの時間を有効活用できるようになった長男。
これもまた彼なりの成長です。

文・blackcat 編集・しらたまよ

関連記事

トイトレが失敗続きで希望が見えない……。挫けそうなママにアドバイスが寄せられる
子どもは生まれてから数年でいろいろなことを学びますね。歩き方、言葉、着替えの仕方など、日々成長する姿を微笑ましくみているママもいるのではないでしょうか。そんな子どもの成長場面の一つが「トイレト...
【トイトレ完了までの道】強行パンいちスタート #4コマ母道場
【第18話】強行パンいちスタート! 【第19話】パンいちスタートの夜 漫画・んぎまむ...
あっという間にトイトレ完了!立役者は娘の大好きな新幹線でした
幼児期の難関と言えば、トイレトレーニング。「幼稚園入園までに出来ていればいいか~」と大雑把に考えていました。ところが、娘が2歳半の頃……。 「ちょっと待って!」私の方が心の準備が出来ていませんでした...
参考トピ (by ママスタジアム
トイトレ。ウンチだけオムツ。