いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

カメラを向けても笑わない娘。笑顔で写る他の子が羨ましい!

pixta_51055381_M

写真を撮るときに、子どもはどんな顔をしますか? 「写真を撮るよ~」とカメラを構えると、ニッコリ笑顔を作る子もいれば、今まで楽しそうだったのにブスッとしてしまう子もいるかもしれません。ある投稿者さんは、自分の娘が写真を撮るときに笑わないことが気になるのだそうです。

『運動会の写真、全部笑ってない娘の隣に笑顔満開の男の子がいる。何が気に入らないのか、ずーっとふてくされているうちの娘の横にキラキラ笑顔の男の子。いいなぁ。なんで「楽しい!」を全身で表せられるんだろう。昔から娘は感情がいまひとつわからない。その子のママと私にどんな違いがあるんだろう。写真を見返して悲しくなるから、その子の隣にいるのは消去した。でも、こうやってみていると、意外に笑ってない子のほうが多いんだね』

一緒に写っている男の子はキラキラ笑顔なのに、投稿者の娘さんはブスッとした顔。投稿者さんは悲しくなって、その写真を消去してしまったのだそうです。この投稿にママさんたちから娘さんがカメラの前で笑わない理由を推測するコメントが集まっているのでご紹介します。

育て方ではなくその子の性格では?

『育て方云々じゃなくて、その子の性格じゃないかな。運動苦手で運動会が嫌だとか、写真を撮られるのが嫌いとか、元々感情を出さないタイプだったり。ちなみに私、すべて当てはまる。運動会を楽しいと思ったことないし、学校行事はロクな写真ないよ』

『私も写真撮影で笑わない子どもだった(笑)。娘も全く一緒で、遺伝ってすごいなと思う。私が笑わない理由は、ただ単に恥ずかしいからだよ。なぜかは今でも分からないけど、嬉しい! 楽しい! を表に出すのも苦手だった。天の邪鬼なところもあったのかな。娘はそんな性格に似てしまった……』

『育て方関係ないかも。私は凄く性格が悪いし、いいママじゃないと思うけど、息子はいつもニコニコ笑顔で写真も人よりいっぱい写っている。普段からニコニコ顔だし、よく言われる元気で明るくて優しくて良い子に見えるらしい』

「キラキラ笑顔で写っている男の子のママと、自分にどんな違いがあるんだろう」と育て方の違いを悩む投稿者に「育て方ではなく、子ども本人の性格の問題では?」という声が複数寄せられました。写真が嫌い、恥ずかしがり屋、あまのじゃくなど、その子によってさまざまな理由があり、カメラの前で笑えないのかもしれませんね。

もしかしたら写真慣れしていない可能性もある

『写真慣れしていないのかな? 今の子ってスマホでパシャパシャ撮られているから、ポーズしたり笑顔を作ったりすることに慣れているなぁって思っていた。私が小学校のときの写真、めちゃくちゃ真顔だよ(笑)。楽しいのにカメラを向けられると構えてしまうんだよね。うちの子も投稿者さんの子どもと同じようなタイプだから写真館ではなく、ロケーションフォトにしたり運動会とかでは望遠レンズを使って遠くから自然な笑顔を狙って撮っている。学校からもらう写真はめちゃくちゃ“無”だよ(笑)』

もしかしたら写真慣れしていないのでは? というコメントも。日頃から写真を撮られることに慣れている子どもであれば、ポーズや笑顔が決まっていることもありますが、写真慣れしていないと、どんな表情を作ればいいか分からない可能性もあります。日ごろから写メなどを撮る機会を増やして、さりげなく練習してみるのも良いかもしれませんね。

真顔が子どものキメ顔なのかも!

『キメ顔なんじゃない(笑)? 家の娘も、歯を見せるのが嫌で写真とるよーってなると急に真顔になる。でも実はキメ顔らしい(笑)。男の子はあんまり写真写りとか気にしないからくしゃっと笑顔で笑ってくれるけど、娘も娘の友達もちょっと顔を作るわ。変なこと言って笑わせている隙に撮るけれど(笑)』

女の子であれば、自分で気に入っている顔の角度や表情がある可能性もありそうとのこと。「真顔が子どものキメ顔なのでは!?」と推測するコメントもありました。

どんな表情の写真でも大切な思い出

『緊張しやすいタイプなのかな? 母親が笑顔が少ない娘の写真を消去するなんてやってはいけない。その写真も大切な思い出の一つなのに。自分が満足できる優等生な写真しか残さないなんて……。母親がそんな気が小さいから娘も小さくまとまっちゃうのでは?』

『長男は笑顔が少なめで、長女は常にキラキラ笑顔。友だちは笑顔の多い娘の方が多いかも。でもたまに満面の笑顔の長男が写真で撮れると、プレミア感があって私の宝物(元気の源)になっている。どんな性格でも二人とも可愛いし、良いところ良くないところがあって当たり前だよね』

我が子がカメラの前で笑顔を作れないことを悲しく思うママの気持ちもよくわかります。しかし例えブスッとしていても、満面の笑顔でも、写真が大切な思い出になることに間違いはありません。また成長していくうえで、子どもの様子が変わっていくこともありますよね。お子さんが大きくなったとき、親子で一緒にアルバムを見ながら「カメラの前であまり笑わない子だったよね」などと思い出を振り返るのも楽しいものかもしれませんね。

 

文・物江窓香  編集・一ノ瀬奈津

関連記事

運動会で仲良しの子たちの写真に「入れて」と頼んだ娘。撮影していたパパから断られた。親ができることとは
運動会は保護者たちがカメラマンとなり、子どもたちの頑張る姿をたくさん写真に撮る日。子どもたちの良い姿、思い出として残したい姿をたくさん撮影したいという気持ちが溢れてしまい、ちょっとしたトラブル...
写真写りを良くするためには「効き顔」を意識しよう!カメラマンに聞く「女性・食べ物を撮るときのコツ」
スマホのカメラも年々性能が良くなり、綺麗な写真が撮れるようになってきましたね。カメラが得意でなくても手軽に撮れるのは嬉しい! ただ「子どもはかわいいのにイマイチ自分が良い表情じゃない」「食べ物が...
写真をもっとかわいく♪ピース以外のキュートなポーズ10
いつの間にか増えちゃう子どもの写真。なんの気なしにズラリと並べてみて、「全部ピースサインだ!」とがく然とすることはありませんか? もちろんママ自身もついついやってしまうのですが(笑)、あまりにピースサ...
参考トピ (by ママスタジアム
運動会の写真、全部笑ってない娘の隣に笑顔満開の男の子がいる。