いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

あなたはどのパターン?ママたちの「夫婦ゲンカの終わらせ方」4パターン

夫婦ゲンカの終わらせ方
一筋縄ではいかぬ夫婦関係。程度の差こそあれ「夫婦ゲンカ」は、きっと多くの夫婦にとって頭の痛い問題でしょう。ママスタコミュニティではケンカの原因や内容自体のほか、以下のようなことに悩むママから相談が寄せられました。

『うちは夫婦ゲンカをすると、旦那はずっと私を無視して、話し合いもできません。私はお互い納得するまで意見を言い、自分が謝るべき場合はさっさと謝って終わらせたいのですが、旦那の無視が続き、ストレスも大きいです。正直、ケンカの終わらせ方が分からない状態です。みなさんはどうしていますか?』

夫婦間の主張や価値観が大きくズレることで生まれる、互いが互いを許しがたい気持ちは、大勢のママが経験済かもしれませんね。「夫婦関係は本当にムズカシイ……」と痛感してしまいますが、ママたちは夫婦ゲンカに、どのように終止符を打っているのでしょうか? さまざまな夫婦の姿が見えてくる、BBSのママたちの「夫婦ゲンカの終わらせ方」4パターンをご紹介していきます。

パターン1「夫婦どちらかが歩み寄る」

「謝る」・「歩み寄る」ことで苛立つ相手の気持ちを鎮めることができ、仲直りにグッと近づきますね。夫婦ゲンカにおいてどちらが歩み寄るか、たいてい決まっているお家もあり……その夫婦の力関係も垣間見えてくるようです。

とにかく妻側が謝る

『とりあえず謝っておく』

『自分が悪くないのに謝るのは屈辱だけど、私が謝る。うちの旦那は面倒くさい人だし、子どものためもあるかな。心の中では、思い切り旦那を見損なってるんだけどね!』

夫側が譲歩する

『わが家は私がガーッと怒って、少したつと旦那が普通に接してきて、元に戻る感じ。私からは謝らない……』

『私はケンカで黙りこむタイプ。本当は投稿者さんのように、意見を言い合いたいのですが、思いがあふれて泣いてしまいます。悪いのが旦那でも私でも、旦那が話しかけてきて終わります』

また、旦那さんに「歩み寄らせる」ためにママが強硬策に出て、成功をおさめた例もありましたよ。

『私の旦那も怒るとダメで、大ゲンカを子どもに見せたこともあった(汗)。私が悪くないなら謝らない――わが家はこれで旦那が冷静になり、謝るようになったよ。旦那が休みで家にいても、気晴らしに子どもと出かけると良いかも。家にひとり残されると、旦那も冷静になるのでは?』

『うちは話し合いに応じるまで、旦那のご飯を用意しなかった。約1週間後に、旦那が音を上げて「飯作れや!」とか「ご飯、作ってください」と言ってきて、そこから話し合った。「話し合いに応じなかったら飯ナシ」を定着させたら、話し合って解決できるようになったよ』

パターン2 「時の流れにお任せ」

夫への怒りも憎しみも、時が洗い流してくれる?? お互いとくに謝ることも、譲歩することもなく、まるで何事もなかったかのように振る舞う夫婦もいるようです。

『うちは時間が何とかしてくれて、関係がもどる感じ』

『ケンカの後に、コーヒーを飲むとかして少し時間をおいたら終わり。不満があってもなかったことにして、普通に過ごしてる』

こう見ると、時の流れは夫婦に優しいものなのかもしれません。

パターン3「夫婦ゲンカを”愛情表現”でチャラに!」

続いてのご紹介は、ちょっと珍しいパターン。あなたは、このように熱く夫婦ゲンカを終わらせたことはありますか?

『これ本当なんだけど……キスする』

『ケンカの仕上げはセックス!』

『いきなりのスキンシップだからこそ素敵なのかも(笑)。笑って仲直りできるかもよ!』

パターン4「”ルール”を取り決めている」

お次は、夫婦の愛を感じ、賢さも光る仲直りの方法です。筆者ふくめ、相手への怒りを引きずるタイプは、「これができたら苦労はしない」と羨ましく感じてしまうかもしれませんね(汗)。

『どんなにケンカしても次の日に持ちこまない約束にしてる』

『私が投稿者さんのご主人のタイプだった。だから、どんなときでも「いってらっしゃい」のキスはする、というルールを決めたよ。何かルールを決めるのはどうだろう?』

『お互い「ゴメンなさい」する』

深い意見も登場。「”話し合い”は万能なのか?」

そして、筆者としては新鮮に感じた、こんな考えも寄せられました。

『うちの夫は口下手で、私の口にかなわないから黙る。でも、言い分があって悶々とする。その場合、口の立つ方が「話し合いをしないのはおかしい!」と怒ることは、相手の意見を尊重するつもりになっているだけで、自分のためだけだと、正直私は思う。話し合いは、お互いがその気になったときに成立するものだと思う。
ケンカの仕方も仲直りの仕方も、人それぞれじゃん。穏やかにいこうよ~』

「ケンカの仕方も仲直りの仕方も、人それぞれ」――夫婦ゲンカの真っただ中は、微塵も覚えちゃいませんが、その通りなのでしょうね。夫婦双方が、相手のやり方に自分のやり方をすり合わせ、どこで”落としどころ”をつけるべきか? これが肝要なのでしょうね……(汗)。

『みなさんの意見を聞いて、解決を急いで話し合いにこだわり過ぎていたな、子どもたちへの配慮も足りなかったな、と気づかされました』

このように残した投稿者さん宅の夫婦ゲンカが、穏便に終わりを迎えていると良いなと思います。

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

「もう無理……」と思った夫婦関係。ここからどう立て直せばよい?
夫婦になるため、永遠の愛を誓い合ったあの日。しかし日常生活の中で生じるほんのささいなすれ違いが積み重なり、いつの間にか互いの気持ちがどんどん離れていった……、と感じることはありませんか? あるママがマ...
夫婦円満に必要なコツとは?感謝の気持ち、適度な距離感……ママたちが考えるポイントとは
せっかく愛し合って結婚した仲ならば、できる限り日々円満な関係を保ちたいもの。毎日お互いに笑顔で過ごせた方が気持ちがいいですよね。しかし、夫婦円満という状態はなかなか難しいと考えている方も少なく...
実母に夫婦喧嘩の相談はNG!実母と夫の関係が悪化する可能性が
夫婦生活につきものなのが喧嘩。夫婦喧嘩をすると、夫の愚痴や夫婦関係のこれからについて誰かに愚痴を吐いたり相談したりしたくなる人も多いでしょう。友達や仕事仲間などその相手はいろいろいますが、最もふさわし...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
夫婦喧嘩の終わらせ方