いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

これが噂のLINE外し……!女はママになってもずっと女子なんだと再確認した話

02b


その後も、係の仕事を通じて、これまでお付き合いのなかったママたちとのやりとりが必要となり、集まる度に色んな方の噂や陰口が出てくる出てくる……。
これまで仲の良いママとだけ穏やかに過ごしていた生活から一転、ママたちの黒い部分を垣間見た気がして、気持ちが沈むこともありました。


グループは、日々のことを共有できる楽しさがあり、陰口はグループの結束が時に深まり、ストレス発散にもなるのかもしれません。でもグループとなる人たちは心の根底のどこかに、孤立して自分の居場所を失いたくない、誰かを攻めることで優位に立ちたい、という“他者ありき”で幸せを感じている未熟さもあるのではと思うのです。
嫌だと思うグループには属さず、陰口は聞き流せばいい。大人になった今、それをするだけの強さはあるし、難しくないと思っていました。しかし、我が子が絡むとそう簡単ではないのが実際のところです。園生活がスムーズに行かなくなり、娘に何かしら影響が及んでしまっては……と考えると、思っていたほど潔くは、行動にうつせません。ママたちとの交わり、あくまで「ママ友」であるということを忘れず、適度な距離感を保った方が、お付き合いしやすいこともあると再確認したのでした。

一連の出来事を通して、娘の今後も案じられました。娘は、これから女友達同士でいろんな経験をするでしょう。グループや陰口に振り回されることもあるかもしれません。そんな時、まわりに流されず、自分の価値観で前に進む強さを持ってほしいと自戒の念を込めて思いました。

脚本・rollingdell イラスト・さど

関連記事

夫の浮気が発覚!?お相手はまさかの男性……?【前編】
ウチの夫は昔から友人付き合いをとても大切にするタイプです。私はそんな彼の社交的な姿に惹かれ、結婚を決めたといっても良いかもしれません。友人と一緒の食事会など、家族でお邪魔させてもらっていました...
夫の浮気が発覚!?お相手はまさかの男性……?【後編】
【前編はこちら】 しばらくの沈黙後、夫は観念したように白状しました。結婚する前から同性愛者であったこと。でも子どもを持ちたかったし、自分の「家族」が欲しかったこと。私と出会って、この人と...
夫の余命宣告で気付く。「平凡で幸せな毎日」はもう取り戻すことができない
病院に担ぎ込まれる夫に付き添った私を待っていたのは、あまりにも衝撃的な現実でした。 職場の検診で見つかったというガンは、発見された時点ですでに手遅れだったそうです。大学生と高校生の子どもがい...