いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「二度と診てもらいたくない!」医者に言われて傷ついた一言

pixta_33537307_M

身体に不調が起きたら病院の診察を受けますよね。そこで診てくれる”お医者さん”という存在は、「この辛さから救ってくれる人」「助けてくれる人」という救いを求める気持ちがあるため、その期待を裏切られたり、思わず言葉を言われたりすると、ものすごく印象が悪くなってしまうものです。

そこで今回はママスタコミュニティに寄せられた、お医者さんから言われた言葉で傷ついた人や、「あの言葉が忘れられない」とトラウマになっている方の体験をご紹介します。

そんな診察、ありですか!?

初診を受ける場合は「口コミ」を確認したくなりますね。

『子どもの両眼の周りが赤くなり、皮膚科を受診。検査もせず、小麦と牛肉牛乳アレルギーと診断後、「こんなになるまでほっとかれてかわいそう」。悩んで迷って必死で子育てしてた私には酷な言葉だったな』

『小児喘息で救急搬送された病院で、院長に「母原病」と言われ、自分の書いた本を買うように言われた』

『鼻水と咳で近所の内科へ行ったら、履いていたダメージデニムの穴のところに指突っ込んで、「こんなの履いてるからだよ、寒いんじゃない?」と、ニヤニヤしながら言ってきた先生。セクハラか? 鳥肌がたった』

『3歳の息子が私の膝の上でガサガサ、ジタバタしていたら、先生が怒りだして「誰の為の診察や!」「アトピー性皮膚炎ね、じっとできないのもそう」って言われた』

『出産してから膀胱炎になって女医さんに診てもらったら、「膀胱の神経がバカになってるのかな~」と笑われた』

出産にまつわる忘れられない一言

妊娠・出産時に言われた傷つく一言は、一生忘れられません。

『看護師ならある。「痛い痛い言ってんじゃないよ。あんたは帝王切開で楽に産んでるんだから。普通分娩の方が痛いんだから」と言われた』

『初産の時、陣痛中に痛いって言ったら「そんなに痛いわけない」って言われた』

『出産後、赤ちゃんが産まれてきた部分を女医が縫っていて「痛い」と言ったら、「痛いね~」と冷たく言われた』

『「普通、お尻は丸いんですが……、言いにくいですがかなり扁平尻ですね。まぁ、赤ちゃん産めるギリギリですよ」と言われた』

『産んでから縫うとき『縫いにくいなー、肉が邪魔で……。こりゃ肥満だな』と言いながら縫われた』

2度と診てもらいたくない!

どうして医者になったの? と聞きたくなるほどひどいです……。

『婦人科で「クサッ」って……。あれは悲しかった』

『産後検診でミルク育児してることを伝えたら「酷い母親だ」と言われ、泣きながら帰った』

『歯科医が子どもに「矯正しないとお母さんみたいな歯になっちゃうよ」と言った』

『「おまえさんの腕に巻ける血圧計は無い」と言われたこと。一生忘れない』

『「また君か~」なかなか体調良くならないからいってるのに』

寄せられた投稿を見ていると、「そんな医者がいるなんて……」と言葉を失ってしまうものもありました。弱っているときに助けを求めるお医者さんから、ここで紹介したような言葉を言われたら、診察を受けるのが怖くなってしまいますよね。行ってから「こんなひどいお医者さんだとは思わなかった」という経験をするよりは、ママ友や知り合いが通っている病院を聞いて、間違いのないところへ行くことがベストなのかもしれませんね。

文・鈴木じゅん子 編集・しのむ

関連記事

「つらいなら最初から産むな」と言われそう?ワンオペ育児を我慢し続けてきたママへの「救いの手」
夫婦ともに実家は新幹線の距離。夫は常に激務。休日も出勤。そのため私はいつもワンオペ育児で2歳の娘と0歳3か月の息子を育てていました。 育児に追われ、自分ひとりの時間がないというのは、想像を絶する...
信頼できる小児科の先生はどんな人?ママたちが「かかりつけの小児科」を選ぶ基準とは
みなさんには信頼できる「かかりつけの小児科」はありますか? 子ども特有の感染症などでなにかと体調を崩しがちな子ども。信頼できる先生がいる「かかりつけの小児科」が近所にあると安心ですよね。しかし小児...
子どもの病気を「誤診」された!?患者側として持っておきたい「後医は名医」の意識
「医師が子どもの病気を誤診した」と主張するママからの投稿がありました。 『子どもの足が一部分が真っ赤になっていたので、夜に痛がったり痒がったりしたら大変と思い、クリニックが終わる1時間前に行...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
医者に言われて傷ついた一言