いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

砂遊びは好きなのに芋掘りは嫌がるってなんで!?大人が楽しいイベントも子どもは怖いかもしれない話

息子ちぃくん(2歳)の通う保育園で、芋掘りのイベントがありました。

01

砂遊びの大好きなちぃくんなら、土を触れる芋掘りは間違いなく楽しめるはず! と、先生と盛り上がっていたのですが……。

02

砂・土いじりが好きなはずなのに、なんとちぃくん、芋掘りがイヤだと言うのです。

私にしたら「え!? 楽しいイベントなのに!? ちぃくんの大好きな土いじりなのに!?」となぜイヤなのかわからずビックリ。

しかしよくよく聞いてみると、どうやら、ちぃくんはそもそも”芋掘り”がどういうものなのかわからなかったよう。イモホリという”いつもと違うこと”が起きるらしい→不安→イヤとなっていたのでした。ちぃくんは繰り返し「砂遊びがしたい」と”いつもの楽しみ”を連呼していました。

以前から、予防接種など明らかにイヤであろうことは、事前に説明をして不安を軽くできるよう気をつけてはいましたが……。大人にとって楽しいイベントでも、本人が知らず楽しいかどうかもわからないのであれば、不安になって当たり前です。「芋掘り楽しみだねー」だけではなく、芋掘りがどういうものか説明して、イメージを持たせることが必要なのだと気づかされました。

03

ちぃくんは”宝探し”は楽しいという認識があったようで、元気になり、登園することができました。

ちなみにこの朝の様子を先生にも話したところ……。
先生は芋掘りを始める前に、お話や絵本、軍手を使ったあそびなどでたっぷり「芋掘りのイメージをつかむ」時間を取ってくださいました。おかげでちぃくんは、昨日まで未知だった芋掘りを、とってもご機嫌で楽しむことができました。

文、イラスト・Ponko

関連記事

洋服の袖やタオルのタグを噛むのをやめられない年長の娘。悩みを打ち明けたママへ保育園の先生からの言葉とは?
文、イラスト・もっちもちふっわふわ...
育児で疲れた心に沁みる……周りから言われて嬉しかった言葉、救われた言葉
イライラなんてしたくないけれど、毎日子育てや家事・仕事に必死でいっぱいいっぱい。そんなとき、家族ではない誰かから言葉をかけてもらって、気が楽になったことはありませんか? たとえば散歩中に...
5歳の娘が仲間外れにされたとき 胸に沁みた園長先生の言葉
年中になったばかりの娘には、年少のときから仲良しのAちゃんがいました。何をするのも、どこへ行くのもずっと一緒。「ずっとこのまま仲良しでいようね~」というふたりの姿に、私はいつも微笑ましく見守っていまし...