いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

妹が生まれて赤ちゃん返りした3歳息子、真冬の凍る北国へ試練の旅

01
前回のお話では、11月に妹が生まれて息子はバッチリ赤ちゃん返りしましたが、お兄ちゃんとしての成長もちゃんと見られました。

このまま様子を見ながら周りと連携を取ってこの環境で育てていければ、きっと息子は時間が経てば良い方向に成長していける、そう思っていました。
しかし、人生は思うようにいかないのが常です。話がぶれてしまうので細かい事は省略しますが、だいぶ前から私は旦那とうまくいかなくなり、息子にもその影響は少なからず出ていました。

02
息子は、保育所のお友達や先生達ともちゃんとお別れの挨拶ができないまま退所になってしまいました。

03
そうして最低限の荷物を持って、実家の北海道へ旅立ったのです。

住む環境もガラッと変わってしまい、息子は常に私の後ろをついて歩いたりと、また精神的に不安定になってしまいました。
そして実家には私の父、息子にとって祖父がいるのですが、父は軽度発達障害の息子への対応が分からず、何度気を付けてほしいと言っても不注意の多い息子のことを頭ごなしに叱ったり、目の前で妹ばかり可愛がったりしました。息子は見るからにヤキモチを焼き、次第に祖父に距離を置くようになってしまいました。伯母も、気を抜くと言葉がけが怒ってばかりになってしまい、息子は調子の良い時と悪い時で気持ちにかなり波ができるようになりました。
そしてテレビのシーンをもう一度見たい、でも録画していないから見られないなどの些細な事で泣き叫ぶことも……。

04

05
そうして息子は4歳の誕生日を凍てつく北国で迎えました。

06
ベテランの園長先生とも面談し「この子ならきっと大丈夫だよ」と太鼓判を押されました。息子と「幼稚園楽しみだね」と話していました。
息子が登園するまでの間、私は自分の仕事を探しました。そして、手続きを経て夫と離婚をしました。

07
そうして4月の進級も無事に終え、新しい年少さんが入ってきて、息子は少しお兄さんになった事を誇らしそうに話してくれて、妹のことも離乳食を狙う日もありますがオムツを捨ててくれたり、一人でトイレに行ったり、服を脱いだりなど、成長しているなぁと感じる日も増えてきました。

008
幼稚園に息子の様子を見に行く機会がときどきあるのですが、息子は支援員の先生をとても慕っていて、物事を順序立てるのが苦手な息子にイラストのカードで説明してくれたり、癇癪が出てしまった時、気持ちを落ち着かせるための避難スペースを作ってくれたりと、とても工夫してくれているという事が見てとれました。そのおかげで遠足や運動会も何とか参加して、楽しめたようでした。

09

※このエピソードは一個人の体験談です。

文、イラスト・金のヒヨコ

第一話:2歳息子、発達外来での相談を勧められる

第二話:2歳息子、発達外来で相談。支援センターで見た保健師さんの癇癪への対処法

第三話:2歳息子、心理相談で面談と発達テスト。

第四話:2歳息子、早期療育教室に通う。集団活動が苦手だった息子が変化した

第五話:3歳息子、小規模保育所の卒園と早期療育教室の終了を控え公立保育所の加配枠に応募した話

第六話:3歳息子、加配枠で公立保育所へ通い始める。二人目の妊娠発覚後、9か月ぶりの心理相談へ

第七話:3歳息子、妹が生まれてやっぱり始まった赤ちゃん返り、そして成長の話

関連記事

【息子の成長】子どもの成長が遅いのは、ママの育て方が悪かったの……? #4コマ母道場
【第1話】もしかして、発達障害!?   漫画・あい わが子が発達障害かも……ママたちの不安 わが子の「発達障害かもしれない」と診断されたら、ママは不安になりますよね。...
平均値じゃなくても大丈夫!「発達障害」の子どもの伸ばし方とは【衆議院議員・下村博文】
全国の公立小中学校で、発達障害により「通級指導」を受けている子どもたちは現在9万人以上いるといわれています。発達障害の子どもの親としては「学校の授業についていけるかな」「苦手な部分を克服させないと...
何のために診断名をつけるの?わが子の発達障害「アスペルガー症候群」から、私が学んだこと
「なんだかこの子、他の子と違う」私が最初に娘の発達に疑問を感じたのは、1歳を過ぎたころでした。目線が合わない、自分が興味がないと声をかけても何の反応もない…。そんなところに、気持ちの通い合いが乏しい感...